【株主優待】10万円以下でお得な「宿泊優待券」がもらえる銘柄3つ

暖かい季節が近づき、春休みやゴールデンウィークのレジャーを楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

モノをもらえるイメージの強い株主優待ですが、実は旅行やレジャーがお得になるものもたくさんあります。

株主優待、宿泊優待券

今回は10万円以下で購入でき、全国の宿泊施設で使える株主優待がある銘柄をご紹介します。

価値開発(3010)

10万以下、宿泊優待券、株主優待

≪画像元:価値開発

権利確定月 : 3月末
投資金額 : 約2万2,000円

都市型ビジネスホテルなどを運営する価値開発。

株主優待として自社グループホテルの利用優待券がもらえます

優待券は100株以上の保有で2枚もらえます。全国各地のホテルで優待券が利用可能で、大幅に宿泊費が割引されます。

例えば、ベストウェスタン横浜のスタンダードシングル(正規料金:1名1万4,000円)が、優待券を利用すると1室あたり朝食付きで1名4,000円になり、大変お得です。

優待券1枚で、1室3連泊まで割引料金が適用されるのもうれしいポイントですね。

都市部のみだけでなく、沖縄のリゾートホテルなども対象となるため、旅行好きな方には使い勝手の良い銘柄といえるでしょう。

東急不動産ホールディングス(3289)

10万以下、宿泊優待券、株主優待

権利確定月 : 3月末、9月末
投資金額 : 約7万7,000円

東急電鉄系の不動産大手である東急不動産ホールディングス。

100株以上購入すると、グループで運営しているホテルの宿泊優待券などがもらえます。

優待券が利用可能な施設は、都内17か所にあるビジネスホテルの東急ステイ、国内15か所のリゾートホテル、パラオのリゾートホテルなどとても幅広く、選びがいがあります

例えば、スパ・リゾートでもあるホテルハーヴェスト鬼怒川は、通常1名1万円ほどする土曜・休前日の素泊まりが、1名7,020円(2名利用時)になるなど、割引率も高い優待です。

宿泊優待だけでなく、ゴルフ場・フィットネスジム・スキー場などスポーツ関連施設の優待券ももらえるため、とてもお得感がありますよ。

レオパレス21(8848)

10万以下、宿泊優待券、株主優待

≪画像元:レオパレス21

権利確定月 : 3月末、9月末
投資金額 : 約8万2,000円

単身者向けアパートなどを運営するレオパレス21。

100株以上の保有で、自社ホテルの優待券がもらえます。

優待券を利用すると、国内のレオパレスホテルが50%割引になるほか、グアムにあるレオパレス・リゾートホテルはなんと宿泊が無料になります

長期保有優待制度があり、100株保有していると、3年未満の場合は割引優待・無料優待どちらも2枚の配布ですが、3年以上保有するとそれぞれ3枚もらえるため、さらにお得度が高まります。

筆者も長期保有狙いでNISA枠を使って購入している銘柄です。

10万円以下でもお得感がいっぱい!

特に家族連れで出かける場合、「家族全員分の宿泊費」は大きな出費になりがちです。

宿泊費の節約として、宿泊施設比較サイトを使ったり、公共施設を利用したりといった方法を考える方は多いのですが、株主優待の利用も割引額が大きいのでおすすめですよ。

ただし、優待での宿泊は使える期間に制限があったり、部屋数が限られていたりすることがあるので、その点だけは注意が必要です。

10万円以下と比較的購入しやすい3銘柄、レジャー好きの方はぜひ検討してみてくださいね。

※投資金額や株主優待の内容は記事執筆時点のものです。(執筆者:青海 光)

この記事を書いた人

青海 光 青海 光»筆者の記事一覧 (186)

都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。ストレスの貯まらない節約術やお得な情報をお届けします♪
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
株主優待、宿泊優待券
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ