10/18の最得決済

1位:JCB 2位:三井住友カード / 4コマ漫画(3回目)

また買ってしまった… ネットショッピングで無駄遣いをしない3つの方法

買い物に行く時間がなかったり、近くの店舗には売っていないものが買えたりと、ネットショッピングはとても便利です。

しかし、クリックするだけで物が買えるという手軽さから、無駄遣いもしやすいです。

今回はネットショッピングで無駄遣いを防ぐ3つの方法についてご紹介します。

ネットショッピング、無駄遣い、買い物

1. ほしいものを事前にリストアップしておく

ネットショッピングでも実店舗での買い物でも、余計なものを買わないためには買い物リストを作っておくのが一番です。

サイトを開いてからほしいものを探すという人は、リストを作ってからサイトを開くようにしてみてください。

買うものを事前に決めておくだけで不必要なページを開かなくて済み、ダラダラとサイトを見る時間もカットできます。

買い物リスト、欲しいもの、リストアップ

2. 買い物カートに入れて翌日考える

ショッピングサイトを見ていると、魅力的な商品があって、あれこれほしくなってしまいます。

そんなときは、すぐに買わずに買い物カートに入れて翌日考え直してみましょう。

時間を置いてみると、そんなにほしくなくなったということはよくあります。

勢いで買ってしまって、買った後で後悔するという衝動買いを繰り返している人は、一度頭をクールダウンさせる期間を設けると効果的です。

3. 疲れているときはサイトを見ない

疲れているときは決断力や判断力が鈍っており、無駄な買い物をしてしまいがちです。

広告やキャンペーンのお知らせなど、何かと誘惑の多いショッピングサイトは、疲れているときは見ないと決めましょう。

ネットショッピング、ECコマース、買いすぎ

「もったいないから買っちゃう」を防ぐ知恵

一定金額以上購入すると送料が無料になるサービスや期間限定・数量限定商品は、それだけで魅力的です。

だからこそ、もったいないと思って誘惑に負けてしまいそうになります。

○○円以上で送料無料

一定金額以上買えば「送料無料」になるサイトは、たくさんあります。

あと2,3品買えば送料無料になるからと、余計なものをついでに買ってしまった経験は多くの人に当てはまるのではないでしょうか。

しかし、

もともと送料はかかって当たり前

です。

あなたが購入したものを運ぶのに、配送業者の人件費や車のガソリン代などがかかっています。

もし実店舗に直接買いに行くとしたら、どれだけの交通費や時間がかかるでしょうか。

配送業者に頼むと、全国どこでも数日間で配達してもらえて、かかる費用も数百円程度。

手間や時間をお金で買っていると考えると、送料を払って商品を受け取ったほうがはるかにお得ではないでしょうか。

送料無料、無料、フリー、ショッピング、買い物

限定商品

期間限定や数量限定など、「限定」と言われると、今すぐ買わなきゃと思ってしまうのが人間です。

セールやキャンペーンなども魅力的に見えます。

しかし、「今だけお得」、「数量限定」などは、店側が自由に決めることができます。

本当にお得なのか、今だけしか買えないのかは分かりません。

筆者は以前、あるショッピングサイトで「〇月〇日までポイント10倍」という商品を見つけ、買うかどうか迷ったことがありました。

そのときは結局買うのをやめ、後日見ると確かにポイント10倍キャンペーンは終わっていましたが、ポイントがつかない分、価格が安くなっていました。

つまり、キャンペーン期間中に買っても、後日買ってもお得さはあまり変わらなかったのです。

期間限定セールが終わっても、また次のセールがすぐに来ることもあります。

「限定」と言われても、本当に今だけしか買えないのか、お得なのかは分からないのです。

まとめ

ネットショッピングはクリックするだけで物が買えて、自宅まで運んでもらえるのでとても便利ですが、無駄遣いや衝動買いをしてしまうことがあります。

ルールを決めて意識的に買い物をするようにし、送料無料や限定商品には惑わされないようにしましょう。(執筆者:垣内 結以)

この記事を書いた人

垣内 結以 垣内 結以()»筆者の記事一覧 (92)

1986年生まれのフリーライター。大学卒業後、大手損害保険会社に就職。正社員だった当時、「ボーナスは全額貯金が当たり前」という、根っからの貯金好き。日々節約にいそしみながらも、お金を使うときは楽しく使いたい派。「お金のこと、難しくてよく分からない!でも、損したくない!」というあなたに向けて、ストレスフリーな節約術から、効果的な貯金方法、知って得する保険の知識などを書いていきます。FP2級も取得しました。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう