雑誌が読み放題の「楽天マガジン(月額380円税抜)」 半年間、毎月約1万円分の雑誌を読んだ筆者が思うこと。»マネーの達人

雑誌が読み放題の「楽天マガジン(月額380円税抜)」 半年間、毎月約1万円分の雑誌を読んだ筆者が思うこと。

雑誌やマンガの読み放題サービス

雑誌やマンガの読み放題


・ 楽天
・ ドコモ
・ au
・ ソフトバンク
・ Amazon
・ Yahoo!
などが提供している雑誌やマンガの読み放題サービス。

正直なところ、数が多すぎてどれがオトクなのかわかりにくいですよね。

それに
「1か月でそんなにたくさん雑誌を読むのか?」
という疑問もあります。

実は筆者は最初「いらない派」でした。

でも購読を始めて半年たった今、「意外といいかも」になっています。


まんまとワナにかかる…私

筆者が読み放題サービスに加入したキッカケは、非常に単純です。

あるマンガアプリがやっていた
「サービスの無料お試しに登録するとマンガチケットプレゼント」
に惹かれたからでした。

当初、興味はマンガにあり雑誌読み放題サービスにはありませんでした。

最初は無料期間が過ぎたら継続はしないつもりでした。
でも…使ってみると意外と気に入ったのです。
筆者はipadで読んでおり、そのサイズ感もちょうどいいです。

スマホだけで読んでいたら継続しなかったかもしれません。

楽天マガジン


楽天マガジン

≪画像元:楽天マガジン


月額380円(税抜)で5台まで利用できます。

少し安いのと、年払いだと3,600円(税抜)になるので、「月に300円ならいいか」という手軽さがありました。

それに楽天ポイントで支払ったので、現金での費用負担なしでした。

dマガジン


dマガジン

≪画像元:dマガジン


ドコモのdマガジンは雑誌200冊以上が読み放題です。

月額400円(税抜)で、1アカウントパソコンやスマホなど6台まで利用可能です。

ブック放題


ブック放題

≪画像元:ブック放題


ソフトバンクのブック放題は月540円(税込)

ブックパス


au ブックパス

≪画像元:ブックパス


auのブックパスは月562円(税込)

決め手は月額の安さ


加入する際、他社サービスで気になったのは上記の4つでした。

実際のところ、そこまで真剣に読める雑誌の差異を見比べて契約したわけではありません。

どれだけ使うかがわからなかったので、少しでも安いほうをとった感じです。

auはキャリアのユーザーのみが対象だったので、ユーザーでもない筆者には響きませんでした。

「FODマガジン」や「U-NEXT」は動画も観られますが、動画にあまり興味のない筆者は食指が動きませんでした。

楽天マガジンは月額380円(税抜)ですが、年払いだと3,600円(税抜)になるので、年契約で楽天マガジンに決めました。


筆者が1か月に読む雑誌

・ 日経ウーマン

・ Mart

・ Oggi

などの女性誌を10冊ほど。

さらに

・ FRIDAY

・ 女性セブン

・ SPA

など、普段はまず買うことのない雑誌も、5冊ほど目を通します。

そして

・ ENGLISH JOURNAL

・ Newsweek

などの知識系のモノも読みます。

個人的には、大好きな「ナショナルジオグラフィック日本版」が読めるのは楽天マガジンだけのようで、それもうれしいポイントです。

当初「そんなにしょっちゅう雑誌を読まないしな」と思っていたにも関わらず、なんだかんだで月に20冊ほどを読んでいます。

1冊平均500円としても1万円ほどでしょうか。

流し読みでも十分オトクですね。


半年使って感じる、メリットとデメリット

雑誌やマンガの読み放題 メリット、デメリット



メリット


【時間をつぶせる】

雑誌読み放題に契約してから、電車に乗るのも暇を持て余ことがなくなりました。

ダウンロードしておけばオフラインでも読めます

【スクリーンショットで情報を残せる】

ページを破ってスクラップしていた時代の人間には画期的です。

もちろん、自分のメモとして使う以外は外に出しません。

【新規開拓】

普段は全く興味のないゴルフやガシェット系を読むこともあり、今まで知らなかった世界に触れる機会になっています。

デメリット


・ 読めない部分がある

・ 見られない写真がある

・ 雑誌の付録がもらえない

・ プレゼントなどの抽選に応募できない

ことなどですが…

筆者にとってはあまり大きなダメージではありませんでした。


次に気になるっ「Yahoo!プレミアム」

Yahoo!プレミアム

≪画像元:Yahoo!プレミアム



Yahoo!プレミアムの「読み放題プレミアム byブック放題」は、2017年12月25日から提供開始されたサービスです。

プレミアム会員を対象に、雑誌100誌以上、マンガ1万冊以上が読み放題になるサービスです。

プレミアム会員になるには月額462円(税抜)が必要ですが、今ならYahoo!ショッピングで買い物をすると、Yahoo!プレミアム月額会員費が最大6か月分無料のキャンペーンをやっています。

読める雑誌は、

・ 週刊アサヒ芸能

・ サイゾー

・ サンデー毎日

・ エコノミスト

・ デイリースポーツ

など男性向け、

・ Ray

・ VOGUE JAPAN

などの女性ファッション誌もあります。

・ オレンジページ

・ OZmagazine

・ サンキュ!

などの生活情報誌も豊富。

それにやはり、マンガ好きには1万冊の読み放題が魅力です。うーん、読みたい。


これも気になるっ「Kindle Unlimited」

Kindle Unlimited

≪画像元:Kindle Unlimited


雑誌やコミックのほか、

・ 和書12万冊

・ 洋書120万冊

の一般書籍が読めるAmazonの「Kindle Unlimited」です。

読み放題サービスの中では980円(税込)とややお高めですが、ビジネス書などは1冊1,000円~1,500円するので、月に2冊以上読むならオトクですね。

最新刊や人気のある本は読めなかったり、途中で読み放題の中から外されたりするようなので、その点は要注意です。

興味はあるものの、雑誌なら流し読みができますが本は落ち着いて読みたい筆者。

忙しくて読まない月にも980円かかると思うと、現状では二の足を踏んでしまっています。


楽天マガジンを半年間使用

筆者は非常に満足しています。

でも、各社でサービスの内容は日々良くなっているので、年契約の切れる頃には、違うサービスに変えてみようかな…とも思っています。

ほとんどのサービスには無料お試し期間があるので、しっかり試して決めたいです。(執筆者:那波 りよ)

この記事を書いた人

那波 りよ 那波 りよ»筆者の記事一覧 (24)

ママフリーライター
浪費と節約の間でゆれ動きつつ、日々「コスパ」をキーワードに生きたお金の使い方を模索中。ついつい安価なものを揃えがちな生活から、「価格」ではなく「満足度」をものさしにする生活への脱皮を目指しています。娘は「これ買って」とねだるのではなく、その商品があればいかに自分が幸せな気持ちになれるかを訴えるようになりました。(苦笑)
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
雑誌やマンガの読み放題 メリット、デメリット
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ