「メトポ」に登録すると「東京メトロ乗車」でポイントがたまる 「メトロポイントPlus」との違いや注意点も紹介»マネーの達人

「メトポ」に登録すると「東京メトロ乗車」でポイントがたまる 「メトロポイントPlus」との違いや注意点も紹介

2018年3月24日より、東京メトロでは「メトロポイントクラブ」(愛称 : メトポ)を導入しました。

「メトロポイントPlus」との違い、メリットや注意点なども紹介します。



≪画像元:メトポ



PASMOで乗ってポイントゲット、たまったポイントをチャージできる「メトポ」

登録した交通系ICカード「PASMO」を使って東京メトロに乗車すると、ポイントがたまります。



≪画像元:メトポ


デイリーポイント : 平日の乗車で1日あたり3ポイント

ホリデーポイント : 土日祝日の乗車で1日あたり7ポイント

ボーナスポイント : 10回/月の乗車で10ポイント

デイリーポイント、ホリデーポイントは、1日に何度乗車しても1日あたりのポイント数は変わりません。

ただし、ボーナスポイントの乗車回数にはカウントされます。

たまったポイントは、10ポイント = 10円単位で、PASMOにチャージすることができます。


「メトロポイントPlus」との違いは?


≪画像元:To Me CARD


東京メトロのポイントサービスは、メトポ以外に「メトロポイントPlus」があります。

似たようなポイントサービスですが、以下のような違いがあります。

表をご覧ください。左が「メトロポイントPlus」、右が「メトポ」です。



メトロポイントPlusはTo Me CARD保有者限定のサービスですが、メトポはPASMO保有者(小児用PASMOを含む)ならば誰でも受けられるサービスです

メトロポイントPlusの方がもらえるポイントは多いですが、頻繁に東京メトロに乗車する人ならば、メトポでも結構ポイントはたまります。

To Me CARD会員は二重取りが可能




≪画像元:To Me CARD


To Me CARDにはPASMOが標準搭載されています。

よって、To Me CARD会員は、メトロポイントPlusとメトポの二重取りが可能です

つまり、以下のようにポイントをゲットできるのです。

平日乗車 : 5~23ポイント
土日祝日乗車 : 13~47ポイント
10回/月乗車 : 10ポイント
対象自販機・店舗 : 1~2ポイント

例えば、To Me CARDソラチカカード会員が、毎日1回(月30日と仮定)東京メトロの対象乗車を行ない、その都度自動販売機で130円のジュースを購入すると、メトロポイントPlusとメトポの合計で、1か月でこれだけのポイントがたまります





≪画像元:To Me CARD


ゴールドカードは、乗車ポイントや対象自販機・店舗での購入ポイントがさらに多いので、メトポと合わせるならば最強のカードです


メトポの注意点

メリットばかりに思えるメトポですが、注意点もあります。

利用には多機能券売機が必須




≪画像元:メトポ


メトポの仮登録はインターネットから可能ですが、本登録を済ませるには多機能券売機での手続きが必須です。

また、たまったポイントをPASMOにチャージするのにも、多機能券売機を使わなければなりません

ちょっと面倒ですね。

「メトロポイントPlus」と「メトポ」でたまったポイントは、使い道が異なる


「メトロポイントPlus」と「メトポ」は、似て非なるポイントサービスです。

メトロポイントPlusでたまったポイントは、ANAマイルや楽天スーパーポイントに移行できますが、メトポでたまったポイントはPASMOへのチャージにしか利用できません

定期券区間・企画券区間乗車はポイント付与の対象外


メトポに登録して東京メトロに乗車しても、ポイント付与対象外の区間があります

まずは、定期券で乗車した区間です。



≪画像元:メトポ


例えば、上野~日本橋(銀座線)の定期券を持っている人が、上野~日本橋間で何度乗車をしても、メトポの対象とはなりません。

上野~乃木坂(銀座線 → 千代田線)を利用した場合は、日本橋~乃木坂間がメトポの対象となります。

定期券区間メインの人はメリットがあまりありませんね。



≪画像元:東京メトロ


また、「東京メトロ24時間乗車券」、「小田急東京メトロパス」などの企画券で乗車した場合も、メトポの対象外です


メトポの登録をしておいて損はなし!

登録やチャージが多少面倒で、定期券乗車がメインの人には、メトポの恩恵があまりありません。

それでも、定期券区間以外の乗車ならばポイントがたまりますので、登録しておいて損はありません。

To Me CARD会員はポイント二重取りも可能ですので、両方登録しておきましょう。(執筆者:角野 達仁)

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

metopo
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ