事故対応がより手厚くなる 東京海上日動の「ドライブレコーダー特約」とは»マネーの達人

事故対応がより手厚くなる 東京海上日動の「ドライブレコーダー特約」とは

最近、ドライブレコーダーが人気を集めています。

この人気に注目した自動車保険会社の中には、ドライブレコーダー特約を提供しているところもあります。

今回は、東京海上日動が提供するドライブレコーダー特約「ドライブエージェントパーソナル」(DAP)の特徴はもちろん、デメリットや注意点なども解説します。

DAPの特徴

2017年より、東京海上日動火災保険では、「ドライブエージェントパーソナル」と呼ばれるドライブレコーダー特約を提供しています。

月額650円の追加保険料で、ドライブレコーダーが貸与されます。


≪画像元:パイオニア


貸与されるドライブレコーダーは、以下のようなスペックです。



フルHDですので、画像はきれいで滑らかです。

また、15.5コマ/秒ですので、信号の点滅などもしっかりと記録できます。

カー用品店で販売されているドライブレコーダーの中でも、比較的上位機種ではないでしょうか。


DAPのメリット3つ

1. 高度な事故対応が可能



≪画像元:東京海上日動 DAP


DAP最大のメリットは、高度な事故対応が可能な点です。

2. スピーディーな初期対応


例えば、携帯も通じないような山奥で自損事故を起こしたとしましょう。

電話は使えませんし、事故の衝撃で気を失ってしまったら連絡すらできませんね。

DAP契約者の場合、以下のような流れで迅速かつ高度な事故対応をしてもらえます。


≪画像元:東京海上日動 DAP

1. 事故発生
2. 音声メッセージにより衝撃検知をドライバーに通知
3. 自動の事故連絡、事故映像の自動送信
4. ドライブレコーダーを通した通話
5. 状況に応じて消防などへ連絡

示談交渉にも役立つ

示談交渉が必要な際は、ドライブレコーダーから送信された映像を使い、示談交渉を行ないます。

事故瞬間の映像は、何よりも雄弁な証拠です。

3. 事故防止のサポート


事故後のサポートも重要ですが、事故が起きないようにするのが一番です。

DAP契約者は、事故を未然に防ぐための支援を受けられます

危険地点接近警告


≪画像元:東京海上日動 DAP


天候や時間帯、利用者の過去の運転状況をもとに、危険地点を予測しリアルタイムに知らせてくれます。

片寄り走行警告・前方車両接近警告


≪画像元:東京海上日動 DAP


ドライブレコーダーの画像などから、片寄り走行、前方車両の接近、急ハンドル・急アクセル・急ブレーキが認められると、警告が発せられます。

安全運転の診断


≪画像元:東京海上日動 DAP


利用者の運転特性をもとにして、専用の「安全運転診断レポート」を、更新時に作成してくれます。


DAPのデメリット・注意点6つ

1. 利用条件がある


保険期間3年以内の「トータルアシスト自動車保険」「トータルアシスト超保険」を契約している、自家用乗用車(普通・小型・軽四輪)のみが、DAPの対象者です。

2. 前方画像しか記録できない


対象のドライブレコーダーは、前方しか記録されません

最近増えている後方からのあおり運転、車外横からの運転手への暴力などは記録されません。

3. 軽い衝撃では自動送信されない


事故映像などが自動送信されるのは、一定以上の強い衝撃の事故のみです。

軽い衝撃では自動送信されませんが、通信をしたい場合はドライブレコーダーのボタンを押してやり取りをする必要があります。

4. 自分で取り付ける必要あり


貸与されたドライブレコーダーは、自分で取り付ける必要があります。

取り付け方法は説明書のほか、動画でも解説されおり、40分~60分程度で取り付けられます。

しかし、慣れないと難しいかもしれません。

また、シガーソケット、アクセサリーソケットのない車には、原則として取り付けられません。

5. 長期契約では損をするかも


カー用品店では、より高解像度のドライブレコーダーが取付費用込で、3万円台で販売されています。

特約は月額650円ですので、4年以上同じ車に乗る人は、損をするかもしれません。

6. 情報漏えいが心配


ドライブレコーダーから取得される以下の情報を提供します。
・端末の送信映像
・走行距離
・走行時間
・速度
・位置情報
・加速度センサーによる計測値
特に位置情報を提供すると、どこにいたのかがばれてしまいます

また、提供先は東京海上日動だけでなく、パイオニア、自動車技術開発に携わる提携企業なども含まれます。

個人が特定されない形で情報提供されますが、それでも心配ですね。


事故対応に不安の方は検討の価値あり

月額650円は安くないし、後方画像は記録されないし、自分で取り付けしないといけないしなど、デメリットや注意点も確かにあります

しかし、安全運転に資するデータや警告などを提供してくれます。

そして何より、事故対応がより手厚くなるのが、DAPのメリットです。

「ネット自動車保険では事故対応が心配」という方は、検討の価値があると思いますよ。(執筆者:角野 達仁)

<PR>一番安い自動車保険は?一括無料見積で比較する。

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁»筆者の記事一覧 (223) http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
事故対応に不安な方はドライブレコーダ
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ