あなたの生命保険は「掛け捨て型?」それとも「貯蓄型?」 それぞれに合った保険の選び方»マネーの達人

あなたの生命保険は「掛け捨て型?」それとも「貯蓄型?」 それぞれに合った保険の選び方

大きく分けると、掛け捨て型貯蓄型に分かれる生命保険。

それぞれにはメリット・デメリットがあります。

保険に加入する際は、それらを知り、そして現在の収入や貯蓄状況、また将来設計なども考慮したうえで検討することが大切です。

ここでは、保険の選び方について考えてみましょう。

生命保険 貯蓄 掛け捨て



掛け捨て保険のメリット・デメリット

掛け捨て型保険のメリットは低い保険料で必要な保障を確保することができる点です。

そのため、異なる会社の掛け捨て型保険を組み合わせたり、積み立てタイプをベースに、大きな保障が必要となる時期だけ契約をしたりと、保障に関しても柔軟さを出すことができます。

デメリットは、解約返戻金がない、もしくは少ないという点です。

保険料は保障部分のみしか支払っていないため、返戻金は確保されていないのが通常です。

もう一点は、一定期間で保障が終了してしまうということが挙げられます。

掛け捨て型保険は、一生涯保障が続く終身保険ではなく、期間が定められている定期保険です。

契約が終了した後も保障が必要な場合は、契約を更新もしくはあらためて入り直すということが必要になります。


貯蓄型保険のメリット・デメリット

貯蓄型保険のメリットは、死亡時やケガをした際に保険金が支払われるという側面に加え、満期時や解約時にも資金を受け取ることができるという点です。

そのため、状況に応じた使い方が可能となります。

また満期時や解約時期によっては、戻り率が定期預金に比べて高い場合もあります

資金を増やしたいけれど、資産運用はリスクが高く気が引ける、という人などに貯蓄型保険は適しているでしょう。

そのほかにも自動的に資金を積み立ててくれるため、自然と貯蓄していくことができる点もメリットに挙げられます。

一方、デメリットは保険料が高い点です。

資金を積み立てていく分、掛け捨て型に比べると保険料は高くなります。

また、保険期間中に解約すると、元本割れするケースもあるため、無理のない範囲で契約することが大切です。


自分の優先する希望は何なのか確認しよう

上述したように、掛け捨て型保険と貯蓄型保険には、その両方にメリット・デメリットがあります。

そして保険に加入するための目的は人によって異なり、それらのニーズを満たすために保険にはさまざまな種類やタイプが存在します。

まずはそれぞれの特徴やメリット・デメリットを把握し、自身が何を目的として生命保険に加入するのか、そしてどんな保障を求めているのかを考えることが大切です。

加入目的を明確にすれば、死亡保障が充実している掛け捨て型、また老後や将来の資金確保のためであれば貯蓄型と、どちらを優先すべきなのかが見えてきます

そのことを踏まえた上で、保険商品を選ぶようにしましょう。


家庭に合った保険選びを!

死亡時やケガ、また老後など将来に備えるための生命保険。

しかし、収入や家族構成、ライフスタイルなどは人によって異なり、それに伴って保険の種類や保険料、保障期間など求めるものも変わってきます。

保険商品にも人気やトレンドがありますが、まずは加入前に自身の求めるものがどのようなものなのか、そして検討しているものが加入目的にあったものなのかを検討することが大切です。

それらをしっかり見据えたうえで保険商品を選択するようにしましょう。(執筆者:吉木みき)

この記事を書いた人

編集部 編集部»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/contact/

読者の皆さまのマネースキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ