「無印良品」のスモールバスタオルで3つの節約 バスタオルはもういらない»マネーの達人

「無印良品」のスモールバスタオルで3つの節約 バスタオルはもういらない

バスタオルは卒業しませんか?

お風呂から出た後、体をふくのに、みなさんはどのようなタオルを使っていますか?

筆者の実家では当然のようにバスタオルを使用していました。

しかし、大きくてかさばるバスタオルを毎日使っていると、当然天気の悪い日には生乾きになっていたり、前日に使ったバスタオルを翌日も使用せざるを得なかったり…ということがありました。

それが結婚後、
無印良品の「スモールバスタオル」
という商品に出会ってからは、これらのストレスからすっかり解放されました。

それだけでなく、お金も時間も空間も節約することができるようになったのです。

今回はこの「スモールバスタオル」の素晴らしさをご紹介します。

スモールバスタオルが便利



スモールバスタオルとは?

無印良品で販売されている、いわゆる普通のバスタオルのサイズは70×140㎝です。

対して、今回ご紹介する
スモールバスタオルは60×120㎝
で、バスタオルより一回り小さく、フェイスタオルより一回り大きいサイズとなっています。

無印良品のスモールバスタオル

≪画像元:無印良品


よほど体が大きい男性や、超ロングヘアで髪を拭くのが大変だという方でなければ、全身を拭き上げるのにまったく不足しない大きさです。

このタオルと出会って以来、我が家のバスルームからバスタオルはなくなりました。

次に、スモールバスタオルを取り入れたことで得られたメリットを3つ挙げていきます。

1. スモールバスタオルで「お金の節約」


1つ目のメリットは、お金の節約です。

バスタオルって、大きいだけに意外といいお値段しますよね。

無印良品でも、中厚手のバスタオルは2,490円。一方、スモールバスタオルは同じ中厚手でも1,590円です。

用途は同じにも関わらず1000円近く安いので、家族の人数分揃えてもお財布への負担は軽くすみます。

ちなみに無印のタオルは厚手と薄手の商品があり、値段も異なりますので、お好みで選んでいただくことをオススメします。

2. スモールバスタオルで「時間の節約」


2つ目のメリットは、時間の節約です。

大きくてかさばるバスタオルを毎日洗濯するのはとても大変で、かなりの時間がかかってしまいます。

バスタオルだけで洗濯機を回している人もいるのではないでしょうか?

これをスモールバスタオルに変えると、他のフェイスタオルと同じ感覚で洗濯して干すことができるので、家事の時短に繋がります

もちろん乾くのも圧倒的に早いので、天気が悪い日や冬でも毎日清潔なタオルで体を拭くことができますよ。

無印良品のスモールバスタオルで、家事の節約


3. スモールバスタオルで「空間の節約」


3つ目のメリットは、空間の節約です。

我が家は普通のマンションですが、脱衣所の収納が極端に小さく家族分のバスタオルを置いておくスペースがありません。

そのため以前は、入浴時にわざわざ別の部屋からバスタオルを持ってくる必要がありました。

これをスモールバスタオルに変えると、すべてのタオルを洗面所に納めることができるようになりました。

小さく畳んでしまえば、普通のバスタオルの2倍くらいの数が収納できるイメージです。

スペースが空けばそこにまた別のものを収納でき、脱衣所をより快適な空間にすることができますね。

無印良品のスモールバスタオル



おわりに

「お風呂上がり=バスタオルで体を拭く」という固定概念をとっぱらって、スモールバスタオルを導入したことで、バスタイムと洗濯の時間が一気に快適なものとなりました。

私は今後も、一切バスタオルを買うつもりはありません。

バスタオルに毎日ストレスを抱えているあなた、まずは無印良品の売り場でスモールバスタオルをチェックしてみてください。

洗濯してもへたらずいつまでも柔らかい使い心地で、タオルとしての性能も素晴らしいです。(執筆者:金井 まき)

関連記事:無印良品ユーザーに最強の「MUJIカード」 どんなメリットがあるの?

この記事を書いた人

金井 まき 金井 まき»筆者の記事一覧 (13)

一児の母。結婚後マンションを購入したことをきっかけに、節約、断捨離、家の片付け術などに興味を持つように。住みやすい家づくりと節約の両立を追及していく中で、無印良品のとりこになった専業主婦です。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
無印良品のスモールバスタオルが素晴らしい
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ