現在の日本は、3組に1組が離婚する時代とよく言われています。

平成19年4月から「離婚時の年金分割」ができるようになりましたが、この年金分割について、正しく理解されていない方が見受けられます。

今回は、この「離婚時の年金分割」について取り上げたいと思います。

離婚時の年金分割

「離婚時の年金分割」は「合意分割」と「3号分割」の2種類

(1) 「合意分割」とは

 夫婦共働きなどで、お互いがそれぞれ厚生年金に加入(被保険者)している場合に、その婚姻等期間中の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)を分割することができます。

(平成19年4月以降の離婚が対象となります。しかし、平成19年3月以前の婚姻等期間中も分割の対象となります。)

 基本的に分割の割合は、夫婦間の話し合いによる合意で決めますが、協議がまとまらない場合は裁判所が分割の割合を決めることになります。

(2) 「3号分割」とは

 被扶養配偶者(国民年金の第3号被保険者【例:専業主婦の方など】)がいる厚生年金の加入者(被保険者【例:サラリーマンの方など】)の婚姻等期間中の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)を、2分の1ずつ分割することができます。

(平成20年4月以降の被扶養配偶者(国民年金の第3号被保険者)期間に限られます。)

※分割される方が障害厚生年金の受給権者で、この分割請求の対象となる期間を障害厚生年金の年金額の基礎としている場合は、「3号分割」請求は認められません。

「合意分割」は夫婦間の合意が必要となります。

しかし、「3号分割」は夫婦間の合意は必要なく被扶養配偶者(国民年金の第3号被保険者)であった方からの請求により分割されます。

「離婚時の年金分割」の請求期限

「離婚時の年金分割」は、離婚した場合に自動的に年金分割されません

「合意分割」:夫婦どちらからかの請求

「3号分割」:被扶養配偶者(国民年金の第3号被保険者)からの請求

があって初めて分割されます。

また、請求期限も原則として

離婚等をした日の翌日から起算して2年以内

となっています。

特例がある場合は除きますが、離婚等をした日の翌日から起算して2年を過ぎた場合は分割請求はできません。(執筆者:社会保険労務士 高橋 豊)