スマホからいつでも簡単に、フリーマーケットを楽しめるアプリでお馴染みの「メルカリ」

家の中で眠っていたタンスの肥やしがお金になったり、欲しいものを手頃な値段で譲ってもらえるとても便利なアプリです。

ネット上で誰でも気軽に売買を行うことができ、匿名配送もできるので、プライバシーも安全!

今では6000万ダウンロードを突破し、たくさんの方に利用されています。

そんなメルカリが、2018年4月25日、新たに「teacha」というサービスの提供を開始しました。

メルカリが始めた学びのフリマアプリ「teacha」

≪画像元:teacha

「teacha」は、物ではなく「スキル」の売買を行うアプリです。

教える人と、学びたい人とのマッチングサービスで、気軽に習い事をすることができます。

レッスン料も手ごろなので、習い事の費用を節約することも可能です。

レッスン料は、なんとワンコインからOK

通常、習い事の月謝と言えば、月1万円前後が平均的ですよね。

ピアノや水泳、英会話、書道など、子どもの定番と言える習い事は、どれも決して安いといえない月謝です。

その点「teacha」なら、レッスン料はワンコインの500円からあります!

もちろん、習い事によっては若干高めのものもありますが、500円、1,000円程度で学べるものも少なくありません。

手頃な費用で学べるので、習い事の費用で悩んでいるママにぴったりなのです。

スマホの学びフリマアプリ、teacha

≪画像元:teacha

「teacha」で習い事をする3つのメリット

レッスン料が安いということ以外にも、この「teacha」には、3つのメリットがあります。

1. 入会金がかからない

習い事を始める時は、ほとんどの場合「入会金」が発生します。

入会金の金額にはバラつきがありますが、月謝の半分~1ヵ月分であることが多いです。

ですが「teacha」は、入会金が一切かかりません

単発のレッスンなので、会費なども不要です。

たかが入会金、されど入会金ですし、子どもが複数いれば、人数分お金が必要になります。

また、習い事の数だけ入会金もそれぞれ発生するので、入会金がかからないのは、家計にとても助かります。

2. 短時間だけでも利用できる

通常、習い事は、月謝制で、週に1回、2回など回数が決まっていることが多いですよね。

その点「teacha」は、基本的に単発で、0.5時間(30分)から習うことができます。

まずはお試しだけでもOKなので、気軽に始めることができますし、「自分に合わないな」と思ったら、その後申込みをしなくて大丈夫です。

1回だけ経験してみたいことでも習うことができる点は、とても魅力的ですよね。

子どもに「やってみたい!」とお願いされても、一歩踏みとどまってしまうものですが、「teacha」を使えば、1度体験するきっかけを作ってあげられるメリットもあります。

3. 学びたいことをピンポイントで教えてもらえる

「teacha」にあるレッスン内容はとても幅広く、多種多様です。

習い事のカテゴリーは170以上もあるので、自分が学びたいことをピンポイントで教えてもらうことができます。

一般的な「ピアノのレッスン」はもちろん、「料理」、「スポーツ」、「言語」、「web関係」などがあります。

メルカリが始めたスマホの学びフリマアプリ、teacha

≪画像元:teacha

カテゴリーもさらに細分化されています。

その中の一部をまとめてみました。


珍しいものでは「ゲームのランクUP法をレクチャー」、「子どもが喜ぶ遊び方」、「新米リーダー向けの部下の心をつかむ方法」まで!

「teacha」だからこそ学べる、コアなものがあるのも良いですよね。(執筆者:三木 千奈)