「家族カード」で家計を一元化 わが家の活用法を紹介します»マネーの達人

「家族カード」で家計を一元化 わが家の活用法を紹介します

夫と妻で別々のクレジットカードを使っているご家庭も多いかと思いますが、わが家は私が本会員、夫が家族会員となっている家族カードを、それぞれメインのクレジットカードとして利用しています

家族カードを利用するメリットや、わが家の活用方法などをご紹介します。

家族カードで家計を一元化しよう



家族カードとは?

家族カードとは、最初にクレジットカードを契約した本会員の家族が利用できるクレジットカードのことです。

一般的には、「本会員と生計が同一の配偶者、両親、子ども(高校生を除く18歳以上)」が、家族カードの発行対象者となります。


家族カードのメリットとは?

家族カードを使うことによって、次のようなメリットがあります。

収入がない家族のクレジットカードも作れる


クレジットカードを作る場合は、審査に通過する必要があります。

しかし家族カードに関しては、契約の主体は本会員のため、家族についての審査はないか、簡単な審査のみでカードを発行してもらえることが多いようです。

そのため主婦や学生など、安定的な収入がない方でもクレジットカードを持つことができます。

年会費が無料または優遇されている


年会費が必要なクレジットカードであっても、家族カードの年会費は無料か、あるいは優遇されていることが多いものです。

例えば、三井住友VISAゴールドカードの年会費は1万円(税抜)ですが、1人目の家族会員の年会費は無料、2人目から1,000円(税抜)と格安です。

家族会員の年会費は無料、2人目から1,000円の三井住友VISAゴールドカード




夫婦それぞれがゴールドカードを持つ場合と比べると、はるかにお金がかかりません。

年会費が無料、または優遇されていても、カードに付帯している保険などの特典は、ほぼ同様の内容が利用できます。

そのため、年会費が高く特典が豊富なカードほど、家族カードを利用するメリットは大きくなります

わが家は楽天ゴールドカードを利用していますが、主要空港のラウンジが無料で利用できる特典が付帯しています。

わが家は楽天ゴールドカードを利用しています
≪画像元:楽天ゴールドカード


家族カードでも1名分無料になるため、帰省時には夫婦一緒にラウンジが利用でき、役立っています。

ポイントがたまりやすい


本会員だけでなく、家族会員がカードを利用したときにも、ポイントやマイルがたまります。

そのため、家族がバラバラのクレジットカードを利用しているときよりも、ポイントやマイルがたまりやすくなります。

私の夫はポイントがたまっても頓着せず、使わないまま放置してしまうタイプです。

家族カードにしたことで、夫がクレジットカードを利用してたまったポイントは、私が有効活用できるようになったので、無駄がなくなりました。

家計管理がしやすい


家族カードで使われたお金は、本会員の利用分と一緒に引き落とされます。

利用明細も一覧で見られるので、家計管理がしやすくなります。

夫婦別々のカードを利用していたときは、夫のカードの利用分は夫名義の口座から引き落とされていたため、私の方では利用状況をすぐには把握できませんでした。

家族カードに切り替えたことで、履歴の確認が楽になりました。


家族カードの注意点

家族カードの注意点


利用限度額に注意


クレジットカードの利用限度額は、本会員と家族会員で共有となります。

そのため、例えば利用限度額が50万円のときに、家族会員が50万円分を使いきってしまうと、本会員がクレジットカードを利用できなくなる場合があるのです。

利用枠が足りるように、家族カードを発行するときは、利用限度額の確認と調整が必要です。

考え方によっては、この利用限度額はクレジットカードの使い過ぎ防止に役立ちます

わが家の場合は、クレジットカードの利用限度額を「カードを使っていい予算の上限」に設定し、強制的に使い過ぎないようにしています。

家族会員のプライバシーに配慮が必要


本会員は、家族会員がクレジットカードで購入したものの履歴を見ることができます。

「いつ、どこのレストランで、いくら使った」といった内容も伝わってしまうため、家族会員にクレジットカードを渡す場合は、あらかじめその点を共有しておきましょう

わが家の場合、家族会員である夫は、もう一枚サブのクレジットカードを所有しています。

家族で出かけたときなどは家族カードを使い、趣味で買うものは個人のサブカードを使うなど、使い分けをしているようです。


家族カードを使って家計を適切に管理しよう

家のお金の流れをどうやって管理するのか、というのはなかなか難しい問題です。

家族カードを活用することによって、メインのクレジットカードの支出部分については一元化することが可能になります

わが家では夫婦双方が、毎月決まった額を私名義の銀行口座に振り込み、そこから生活費を出してやりくりする方法を採っています。

この口座から、本会員である私がクレジットカードで支払った分も、家族会員である夫がカードで支払った分も引き落とされるので、支出を確認するのが楽になりました。

また、夫婦双方、メインのカードとは別にサブカードとして個人名義のカードを持っています

そちらは、それぞれのお小遣いが入っている銀行口座から引き落とされるので、お互いにカードの明細内容を知られることはありません。

こうすることで、家族のプライバシーは守りつつも、家族カードのメリットを十分に享受できるようになります。

夫婦でメインのクレジットカードが異なるという方は、ぜひ一度家族カードの利用を検討してみてくださいね。(執筆者:青海 光)

この記事を書いた人

青海 光 青海 光»筆者の記事一覧 (167)

都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。ストレスの貯まらない節約術やお得な情報をお届けします♪
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
家族カードで家計を一元化しよう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ