「カードローン」お悩み相談室 職場や家族に内緒で借りたい場合どうすればいいの? FPが回答します»マネーの達人

「カードローン」お悩み相談室 職場や家族に内緒で借りたい場合どうすればいいの? FPが回答します

いよいよボーナスの時期ですね。今年は景気も良さそうで金額も増えるでしょうか。

一方で「入用」も結構あるものです。

住宅ローンのボーナス返済に子供の塾代、夏休みくらいは家族で旅行に行きたいし。

そんなときの強い味方が、もしものときのカードローンです。

今はスマホで申込から借入・返済までできるので、いつでもどこでも気軽に利用できます。

でも職場や家族にはカードローンを使っていることは内緒にしたい…

そんなあなたのお悩みにファイナンシャルプランナーがお答えします。


【Q1】カードローンの申込のとき、職場に電話があるのは本当か

職場に確認の電話がある?


あまり電話がかかってこない職場だとしたら、心配です。

なにかいい方法があるのでしょうか。

【A】アンサー


カードローンの在籍確認のことですね。

職場にかかってくるのは、あれこれ詮索されそうで嫌なものです。

まずはカードローンの在籍確認の仕組みについて説明します。

カードローンの審査における在籍確認は、文字通り、申込書に記載された勤務先に、実際に在籍しているかを確認するものです。

方法としては登録された勤務先の電話番号へ架電します。

ではなぜ、カードローン会社は勤務先に在籍確認の電話をするのでしょうか。

それは主に次の2点の確認のためです。

・ 本人の意思で申込んだのかどうか
・ 勤務先の記入に虚偽がないか

審査において、勤務先の情報は重要な項目です。

安定した収入が見込めるかどうかの情報になりますので、在籍確認は必ず行っています。

内容は次の通りです。

個人名で電話をかけてきます

勤務先に電話をかけてこられると、周囲の人にカードローンを利用していることを知られてしまう、と心配されている方もいるかもしれませんが、ご心配は不要です。

通常、在籍確認の電話はカードローン会社の名前は出さず、個人名でかけてきます

今はどこのカードローン会社も職場に知られないような配慮を行っています。

内容は在籍の確認のみです

電話の内容は、単純に在籍を確認するだけです。

もし本人が不在でも例えば「〇〇は、席を外しております」といったやりとりがあれば、在籍確認は終了です。

最近では本人の携帯電話等に事前に電話がかかってくることがあります。

また普段、主任や係長など、役職名で電話が多くかかってくる人は、事前に役職名で電話をかけるように伝えておくと、違和感はありません。

在籍確認できない場合は

近年、個人情報保護の観点から、個人名からの電話には対応しない会社も増えています

また土日、祝日が会社の休業日で、在籍確認ができない場合もあります。

そうした場合、まずはカードローン会社の担当者に相談しましょう。

別の方法で在籍を確認するなど考えてくれます。

一部のカードローン会社では、勤務先の社員証や健康保険証、給与明細など、現在も在籍していることが確認できる資料を提出すればOKという会社もあります。

ただし少額の場合に限るなど条件がつくようです。


【Q2】家族に内緒で利用したい

家族に内緒で利用したい


家族に内緒で利用したい場合もありますよね。大丈夫なのでしょうか。

【A】アンサー

 

家族には知られずに、カードローンを利用したいという人は多くいます。

カードローンの利用が家族にバレるタイミングは以下のとおりです。

【電話】
本人確認・・・申込時の意思確認の電話
在籍確認・・・勤務先への確認の電話
督促  ・・・返済が遅れた時の督促の電話

【郵便物】
契約書類・・・申込書類の郵送
利用明細・・・利用明細の郵送
督促  ・・・返済が遅れた時の督促状

電話への対応

主な電話の連絡先は携帯電話にします。

在籍確認は勤務先に個人名でかかってきます。

それでも不安であれば担当者と事前に相談しておきましょう。

返済に遅れると必ず督促の電話が入ります

もしも遅れる場合は、こちらから事前に連絡を入れましょう

郵便物への対応

WEBサービスを活用しましょう。

郵便は使わず、メール等でのやりとりやこちらからURLにアクセスするようにします。

上記に同じです。返済に遅れると必ず督促の連絡が入ります。

もしも遅れる場合は、こちらから事前に連絡を入れましょう。


まとめ

できれば知られたくないという気持ちはよくわかります。

手続きの流れを知ることと、何より返済期日は必ず守ること。これだけは忘れずに。(執筆者:相川 隆)

この記事を書いた人

相川 隆 相川 隆»筆者の記事一覧 (18)

1972年生まれ。大学卒業後、メガバンクに入行。法人融資、個人融資、資産運用、マーケティングなど幅広い業務経験を積む。1級ファイナンシャルプランナー。20年勤務ののち、医療業界に転職。経営企画室にてM&Aや新規病院開設、介護施設立ち上げなどに携わる。一方で本業と並行し、カフェ経営、コンサルティグ事業を主宰し、店舗経営、起業・税務・保険・ファイナンシャルプランニングを行う。趣味は料理。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
カードローンお悩み相談室
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ