【東京開催】夏休みは「無料」で学ぶ! 「小学生向けの体験教室」おすすめ3つをご紹介します

2か月後には始まる、長い子どもたちの夏休み。

夏休みらしい思い出をたくさん作ってあげたいと思うのが親心ですが、遠出するにもテーマパークなどへ遊びに行くにも、それなりにお金がかかります。

そこでこの時期に検討しておきたいのが、夏休み期間中に開催される子ども向けの無料体験教室です。

企業の職業体験など、珍しいイベントに無料で参加できます。

今回は東京都内で行われる、小学生を対象にした無料体験教室を3つご紹介します。

夏休みの小学生向け無料体験教室

1. 京王キッズおしごと隊~ぼくの、わたしのお仕事体験~

京王キッズおしごと隊~ぼくの、わたしのお仕事体験~

開催期間:2018年7月22日(日)~8月23日(木)
応募期間:2018年6月27日(水)17:00
対象:小学1~6年生のお子様(1名)とその保護者(1名)
※プログラムにより対象学年が異なります

夏休み期間中に京王電鉄では、京王グループのさまざまな職業が体験できる「京王キッズおしごと隊~ぼくの、わたしのお仕事体験~」というイベントを実施します。

このイベントは、京王沿線地域の文化資産を活用して、さまざまな学びを提供している「京王アカデミープログラム」の一環として行われるものです。

電車に関する職業体験だけではなく、バスや花屋、百貨店やカメラマンなど全20プログラムが予定されており、興味のあるものを選べます。

ケーブルカーのお仕事など、他ではなかなか体験できそうにないプログラムもあります。親子ともに良い思い出になりそうですね。

2. Sony STEAM Studio 2018

Sony STEAM Studio 2018

≪画像元:Sony STEAM Studio 2018

開催日:7月28日(土)・7月29日(日)
応募期間:2018年6月30日(土)23:59
対象:小学校3年生〜6年生のお子様とその保護者(2名以内)

ソニーでは、プログラミングを学びAIロボットのaiboとも触れ合えるワークショップを開催します。

イベント名に入っている「STEAM」とは、Science(化学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)という理数系教育に、Art(芸術)を加えたものです。

アメリカで今一番注目されているともいわれているこのSTEAM教育を、無料のワークショップで体感できるのはうれしいですね。

ワークショップの中では、KOOVというプログラミング学習キットを使ったロボットコンテストの観戦も予定されており、子どもはもちろん、同伴の親も一緒にプログラミングへの興味や理解を深められそうです。

3. 下水道施設親子見学ツアー

下水道施設親子見学ツアー

開催期間:2018年7月21日(土)・8月18日(土)
応募期間:
2018年7月21日(土)開催分は、2018年6月29日(金)必着
2018年8月18日(土)開催分は、2018年7月20日(金)必着
※往復はがきでの申し込み
対象:都内在住の小学生とその保護者

東京都の下水道局が下水道事業への理解を深めてもらうために実施しているのが、「下水道施設親子見学ツアー」。

約18メートルの深さの地下に、内径3.5メートルの下水道管を作っているシールド工事の現場を見学したあと、有明水再生センターで汚水がきれいになる仕組みを知り、東京都虹の下水道館で下水道の役割を学び、最後は水上バスに乗船するという盛りだくさんの内容です。

下水道の工事現場は、こういう機会がなければ入れない場所です。

大人もわくわくするツアー内容ですし、子どもは夏休みの自由研究のテーマにもなりそうですね。

「賢くお得な夏休みの予定」は今から検討を!

夏休みに開催される小学生向けの無料体験教室を3つご紹介しました。

今回は東京都のみご紹介しましたが、似たようなイベントは各地で開催されています。

夏休み小学生向け無料体験教室

人気のあるイベントは、6月~7月中に事前申込が必要なものも少なくありません。

夏休みを賢くお得に楽しむために、イベントの情報は早めにチェックしておきましょう!(執筆者:青海 光)

この記事を書いた人

青海 光 青海 光»筆者の記事一覧 (213)

都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。ストレスの貯まらない節約術やお得な情報をお届けします♪
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ