家計管理アプリ「マネーツリー」 1年以上使っている筆者が、おススメする6つのポイント»マネーの達人

家計管理アプリ「マネーツリー」 1年以上使っている筆者が、おススメする6つのポイント

家計簿つけていますか?

家計簿を毎日毎月、つけるのは本当に大変ですよね。

我が家は共働きなので、収入も支出も2人分ありますし、口座も複数動いているので残高や使用額を把握するのが大変です。

もう1年以上前から「マネーツリー」というアプリを使用しており、とても便利でラクに家計管理しています。

ママ友と話していても
「現金とクレジットカードと口座引き落としと、お金が管理しきれないのよね」
という話になった時に、マネーツリーを紹介してとても喜ばれたことがあります。

なので、その特徴をご紹介します。


マネーツリーは無料で機能が盛りだくさんのお金管理のアプリ

家計簿アプリのマネーツリー

≪画像元:Moneytree


お金管理のアプリは、マネーツリー、マネーフォワードなどが有名です。

我が家はシンプルなマネーツリーを使用しています。

1. 銀行口座を複数登録可能


使用している銀行口座をすべて登録し、口座のお金の動きをリアルタイムで確認することが可能です。

最近はネットバンキングを使っている人もいるかと思いますが、いちいちログインするのが大変ですよね。

ネットバンキングは、パスワードも何重にもなっています。

マネーツリーはスマホ上でロック解除すれば複数口座の流れが見られるのでとてもラクです。

例えば楽天銀行の普通口座、りそな銀行の普通口座、三井住友銀行の普通口座と定期預金口座、などネットバンキング経由で登録していればすべて見ることが可能です。

2. クレジットカードの明細も反映


クレジットカードの利用明細も反映されます。

複数のクレジットカードを利用している場合ももちろん複数登録可能です。

さらに、利用ショップや内容から、カテゴリもマネーツリー内に自動反映されます。

例えば我が家は電気代をクレジットカードで支払っていますが、何も入力しなくても「電気代」として反映されますので、
「去年の夏は、電気代いくらくらいかかったっけ…」
と思った時に、すぐに確認できます。

3. ポイントの残高や利用履歴も反映


ポイントやマイルもチェックできる

≪画像元:Moneytree


クレジットカードでたまるポイントや電子マネーのポイントなど、登録すれば反映可能です。

クレジットカードのポイントは、忙しいとポイント残高をチェックするのも忘れてしまいます

そのうちに有効期限切れになっていたり…。

マネーツリーに登録しておけば、たまったポイント残高が見られるので便利です。

4. 現金の支出は直接入力可能


クレジットカードで利用した分は自動反映されますが、さすがに現金で支払ったものは手入力です。

手入力画面もすぐに入力できる工夫がされています。

ただ、我が家は手入力が面倒なので、現金はすべて食費として、週ごとに使った金額をまとめて入力しています。

5. 現在の資産が一目瞭然


資産が一目瞭然

≪画像元:Moneytree


マネーツリーのすごいところは
資産の全体像が見える

という点です。

現在の口座残高の合算と、クレジットカードで支払予定の金額(確定しているもの)をトップ画面で出してくれます。

例えば、口座残高が合計で200万円あり、クレジットカードの翌月引落し額が10万円だった場合、190万円の資産と表示されます。

口座残高の合算は、「資産が増えている…」ということを実感できるため、貯金のモチベーションアップします

6. 通知機能が意外と便利


通知一覧という項目があり、大きなお金の動きは通知してくれます。

例えば
・給料が振り込まれた
・来月のクレジットカードの引落額が確定した
・高額な口座から取引があった
・口座残高が1,000円を切った
などです。

通知を消さずにさかのぼると、これまでのおおまかなお金の流れが把握できます


我が家の使い方

夫婦でアプリを使ってお金の管理


我が家ではクレジットカードで使用する金額と、現金で使用する内容をざっくりと分けています

・ クレジットカードで利用 → 公共料金や保育料などの固定費

・ 現金 → 食費

・ JCBデビットカード → お小遣いの範囲内で楽しむもの

使用カテゴリをそもそも分けているので、マネーツリーで手入力はほとんどしません。

残高もすぐに反映されるので、こまめに
「今月いくら使っているか」

「あといくら残高があるか」

「貯金額はいくらか」
をチェックできます。

毎月20日ごろにクレジットカードの引き落とし額が確定しますので、25日の給料日に、お互いのマネーツリーをスクリーンショットして共有し合っています。

そこから
「今月はいくら貯金にまわすか」

「定期券を購入するからいくら必要か」
などを話し合っています。

お互いの口座の残高も明確になるので、気が引き締まります。

また、「現金は使わずに、すべての取引をクレジットカードにしてしまう」という知人もいました。

キャッシュレスで、お金の流れもアプリで一元管理するのもよいですね。


お金の全体像を把握できる

家計簿が付けられなくて悩んでいる場合は、まずはマネーツリーなどのアプリをダウンロードしてみて、自動反映させるのも1つの手です。

それだけでもお金の全体像や、支出が把握しやすくなります

便利なツールを使って、家計管理を楽しく、ラクにやってみてください。(執筆者:比嘉 あゆ子)

この記事を書いた人

比嘉 あゆ子 比嘉 あゆ子»筆者の記事一覧 (10)

営業の会社に10年間勤めた後、退職しライターへ。二児の子育て中。結婚当初はお金の使い方、貯め方が分からず、クレジットカードの引き落とし日にお金が用意できない!という事件もありました。その後反省して心機一転!保険や医療費、貯蓄の勉強を経て、2年間で貯金0円から200万円達成!そんな経験を活かし、お役立ち情報をお伝えしていきます。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
夫婦でアプリを使ってお金の管理
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ