最近では一般的になってきた「ジェネリック医薬品」。

この「ジェネリック医薬品」とは、どのような医薬品かご存じでしょうか。

医薬品代が安くなるだけでなく、私たちの医療保険制度についても影響してくるものです

「ジェネリック医薬品」とは、どのような医薬品かご存じですか?

「ジェネリック医薬品」ってどんな医薬品か

「ジェネリック医薬品」は、「後発医薬品」とも呼ばれています。

先発医薬品と同等の有効成分・効能があると厚生労働省から認められている価格も安い医薬品です。

また医薬品は、

【 医療用医薬品】 医師の診断により病院や調剤薬局等で処方される

【一般用医薬品】 ドラッグストア等で購入できる市販薬

の2種類に分けられます。

そのうち、医療用医薬品は、

【新薬(先発医薬品)】

開発に多額の費用、時間がかっており、特許期間が設けられているので、その期間内についてはその新薬を独占的に製造・販売することができる

【ジェネリック医薬品(後発医薬品)】

新薬(先発医薬品)の特許期間が過ぎており、他の医薬品メーカーで製造した、その同じ有効成分の医薬品

に分けられます。

必ずジェネリック医薬品に切り替えなければいけない訳ではない

「ジェネリック医薬品」の価格

「ジェネリック医薬品」は、先発医薬品に比べ、研究開発費用等を大幅に抑えることができます

先発医薬品の開発には、10年以上の期間がかかり、開発費用も数百億円もの資金が必要といわれています。

このようなコストが先発医薬品の価格に反映されています。

しかし、「ジェネリック医薬品」は、先発医薬品の有効成分を利用して開発されるので、開発期間や開発コストを大幅に抑えられ、先発医薬品より、3割から5割程度安くなると言われています

「ジェネリック医薬品軽減額通知」とは

「ジェネリック医薬品」は価格安いため、医療保険財政にも影響があります。

現在、日本は、欧米諸国に比べて普及率がかなり低いため、「ジェネリック医薬品」を普及させようとしています。

そこで、「ジェネリック医薬品」の普及推進のために、

• 20歳以上の方

• 先発医薬品からジェネリック医薬品に切り替えた場合、一定額の医薬品代を軽減できる可能性のある方

について、ジェネリック医薬品軽減額通知が全国健康保険協会より送られてきます。

「必ずジェネリック医薬品に切り替えなければいけない」ということではありません

選択肢を増やすためのものです。

「ジェネリック医薬品」お役立ちサイト

「ジェネリック医薬品軽減額通知」はすべての方がもらえるわけではないので、ご自身でも簡単チェックできるサイトがあります。

日本ジェネリック医薬品学会 「かんじゃさんの薬箱」

ジェネリック医薬品の検索などが行えます

ジェネリック医薬品の検索などが行えます。

日本ジェネリック製薬協会「かんたん差額計算」

お薬代の差額を計算できます

ジェネリック医薬品切り替えたときのお薬代の差額を計算できます。

ぜひ活用して、医薬品代を安くしましょう。(執筆者:社会保険労務士 高橋 豊)