毎日節約のために我慢ばかりしていると、イライラするばかりでつらくなってしまいます。

この記事では「節約は楽しむもの!」をモットーに、日々の生活に取り入れやすいカンタン節約術を解説します。

節約を楽しむこと

1. 毎日の食事を自炊に

節約の第一歩はなんといっても自炊です。

毎日コンビニで500円のお弁当を買うのと、自分で作った100円のお弁当を持参するのとでは1年間に10万円以上の差額が出ます。

とはいえ毎日お弁当作る時間なんてない、と思われるかもしれませんが、何も品数が多くてインスタ映えするお弁当を作る必要はありません。

夕食の残りをタッパーに詰める程度の事は10分もかからずにできてしまいます

まずはご飯を炊いてウインナーを焼くぐらいの事から始めてみてください

次第に新しい料理にチャレンジするのも楽しくなり、節約のために仕方なく始めたつもりが立派な趣味になるかもしれません。

2. ポイントカードの有効利用

皆さんは自分が持っているポイントカードを把握していますか?

何となく作ったポイントカードも、特に使わないままお財布に眠っているという方も多いかもしれません。

実はポイントカードの節約効果は絶大です。

特に最寄りのスーパー・コンビニのポイントカードと、クレジットカードのポイントは今すぐチェックしてみてください。

これらのカードのチェックポイントは以下の3つです。

1. たまりやすさ
2. 有効期限
3. 換金性(使いやすさ)

使っていないカードありませんか?

この3点について自分の持っているカードの強みが思い浮かばないという方は、カードの見直しをする事をオススメします。

日々のちょっとしたお買い物も全てポイントが付くお店やクレジットカード決済にすればかなりのポイントが付きます

もちろんためるだけでは何の得にもならないので、少したまったらすぐ使う事を意識しましょう。

百貨店でお買い物をするのが好きな人は百貨店カード、ネットショッピングが好きな人はネットショップのポイントカード、といったように自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶ事も大切です。

3. 「お金を守る日」を作る

平日は仕事に追われてあまりお金を使わなかったとしても、休日になると急に財布の紐が緩んでパーッと使ってしまう、という事はありませんか?

節約を意識した休日の過ごし方として、最も有効なのは副業をする事です。

お金が減らないどころか、同じ時間を使ってお金を増やす事ができます。

そうはいっても休日くらい遊びたい、という人はここ1か月の休日の過ごし方を振り返ってみてください

あの飲み会は行かなくてよかったな、電球を買いにいったはずなのについ洋服を買ってしまったな…など、今思えばムダな出費もあったかもしれません。

月に1度でもいいので「お金を守る休日」を作って、読書やテレビ鑑賞などお金のかからない過ごし方を意識してみてください

自然と身体も休まり、平日の仕事の効率もアップしますよ。

4. 節約アプリの活用

最後にご紹介したいのが節約アプリの活用です。

家計簿アプリをはじめとして、オススメ節約術が配信されるアプリや、広告を見るだけで電話代が無料になるアプリなど、節約に役立つアプリはたくさんあります。

多くのアプリは無料でダウンロードできるので、まずは「節約 アプリ」で検索してどんなものがあるか調べてみてください。

最新の節約術が見られるほか、貯金の目標達成が目に見える事で節約のモチベーションがアップするなど良い事づくめです

節約アプリ使ってみよう

楽しむ事を意識しましょう

たまったポイントを使ったり、おもしろい節約アプリを入れてみたり、楽しむ事を意識すれば節約は全く苦になりません。

毎日楽しみながらお金がたまっていったら良い事ばかりですよね。

自分がつらいと感じる節約は思いきってやめて、楽しいと感じるものから実践してみてください

きっと日々の生活が楽しくなるはずです。(執筆者:島村 妃奈)