「ポイント投資」や「おつり投資」はあなたの使っているサービスで気軽に投資をスタートできます

投資を身近にするという環境づくりとして「ポイントやお釣りをつかって」というインフラが広がってきているようです。

投資したお金が減ったり増えたりする感覚になれるのには良いことだと思います。

もちろん、少額投資なので将来の自分の生活資金の準備には程遠い金額だと思いますが、慣れるためには相応しい入口だと思います

ポイントやおつりを投資に回す

これならばどんな若い人であっても試すことが可能だからです。

でも、慣れるためにはどんな投資でもいいのかというとそうではないと思います。

ちょっとした経験、つまり「お金が増えたり減ったりする経験をしたい」というならばどれでも構わないと思います。

せっかく経験するのだからできれば投資する先にも興味をもっていただければと思います。

さて、実際はじめやすい少額でも可能な投資としてはどんなものがあるでしょうか?

この少額というのは、本人がさまざまな必要な固定支出や時々かかる支出を収入から差し引いて「よし!これだけ投資するぞ」とというものではありません。

「気付いたらやっていた」

そんな感覚のものになるのかなと思います。

携帯会社のポイントで投資

携帯会社のポイントで投資

≪画像元:ポイント投資

100ポイントからスタートできる投資の体験です。

世界のETF(上場投資信託)アクティブコース、バランスコースの2つがあるのでどちらかを選びます。

投資対象は日本・先進国・新興国株式や債券です。

ポイント投資イメージ

≪画像元:ポイント投資

ショッピングモールのポイントで投資

ショッピングモールでためたポイントを同じグループの証券会社に使うことができます。

この証券会社で可能な投資信託ほとんどに利用でき、100円投資もあるのでポイントの使い道で困っている人などでも手軽に始めることができます。

ショッピングモールのポイントで投資

≪画像元:SAISON CARD

おつりで投資


 
≪画像元:トラノコ

提携している家計簿アプリから連動しおつりの額が表示されます。

おつりの額は自分で選択します。

リスク許容度に合わせ3つのタイプからファンドを選びそれに投資します

3段階で投資できる

≪画像元:トラノコ

最初に紹介したポイント投資体験サービスと同様、世界が投資対象となっていて、ETF(上場投資信託)に投資するものになっています。

こちらは米国・日本・欧州・新興国の株式や債券だけでなく、商品市場、不動産投資信託など幅広く対象となっています。

さいごに

今後このような気軽な投資サービスはあなたの使っているサービスの連携先として増えてくるとは思います。

分かりやすいものを選ぶか、商品内容の説明を見慣れるようにするか、どちらかにするかは最低限考えたほうがいいと思います

「ポイントやおつりを投資」はまだ身軽な感覚です。

後から考えるよりもこのタイミングでに身に着けてしまうことをおすすめしたいなと思います。(執筆者:堀口 雅子)

この記事を書いた人

堀口 雅子 堀口 雅子»筆者の記事一覧 (37) https://onayamiroom.com/

お金の収支を整える家計の修復師
9年間の生命保険会社での営業職を経てFP事務所をスタート。30代から40代の女性とその家族向けのマネー相談は3000件以上の実績。その方の生活収支を基に将来の漠然とした不安に対して、明確な数値をもって安心感を提供。資産運用がはじめられるように①家計収支のメリハリ②生命保険の見直し③住宅ローンの選択④学費準備の方法を通じて家計の体質を整えることで、一気に解消できることはない年金の不安を少しずつ安心に変えてもらえるよう努めている。マネー相談は出張対応も可。人とかかわることが好きなのでFPの仕事が活かせる地域活動として市民後見人も行っている。東京都在住 1児の母 みずがめ座 O型
<保有資格>:AFP / 住宅ローンアドバイザー
【寄稿者にメッセージを送る】

堀口 雅子の著書

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう