元銀行員がおすすめする資産形成は「つみたてNISA」 相場が多少下がっても損になる金額は少なくなります

世の中には、数多くの投資商品があります。

投資と聞くと大きな資金がないとできないと思われている方も多いかもしれません

また投資ってなんとなく怖い…。という方も多いと思います。

実際に銀行で投資商品の勧誘をしていましたがほとんどの方がそうでした。

しかし現在の預金金利では、お金は全然ふえません

資産をこれから作る必要がある方におすすめの投資手法を今回は紹介します。

元銀行員のおすすめ資産運用

おすすめは積立投資!

証券会社や銀行で資産運用の相談をすると、ほとんどのケースで大きな資金での運用を勧められます。

その方が、手数料がたくさん証券会社や銀行に入るからです。

しかし一括での投資は、はっきり言ってあまりおすすめできません

何故なら、投資商品を購入した時期に大きく運用成績が左右されるからです。

高値の時に、投資商品を購入してしまった場合、元本が戻るまで長い時間がかかってしまいます

安い時にまとめて買えば大きく儲かりますが、相場は誰にも分かりません。

かといって預金金利は一年間の定期で0.01%しか付きません。

この低金利では、投資する必要はありますが、どのように投資すればいいのでしょうか。

それは、ずばり「積立投資」です。

積立投資は少額から始めることができる投資手法です。

1,000円から始めることができます

少額から始めることができる

積立投資をおすすめする理由

積立投資をおすすめする理由は、時間を味方につけることができることです。

積立投資とは、毎月一定の金額を投資に回す方法です。

毎月買っていくので相場が高い時も買いますし、安い時も買っていきます。

長い期間、積立投資を行うと、購入単価が安定していきます

購入単価が安定するということは、相場が多少下がっても損になる金額が少なくなります

相場が上がってくればしっかり利益が出てくることになります。

一括で、高値で購入してしまうと、多少相場が上がっても損は取り戻せませんが、積立投資なら大きく損する可能性が非常に小さくなるのです。

逆に大きく利益は出ないかもしれませんが、預金で持っておくよりは圧倒的にお金はふえます

積立投資とは安定的にお金をふやす方法なのです。

積立投資をするならつみたてNISAがおすすめ!

この記事を読んでいただいて、積立投資を始めようという方に、さらにおすすめなのが、つみたてNISAを使って積立投資することです。

金融庁つみたてNISAの概要

つみたてNISAとは毎年40万円、20年間投資できる制度です。

つみたてNISAを利用すれば、利益に対する税金は非課税です。

つみたてNISAを利用しないと税金は現在20.315%かかってしまいます

100万円利益が出た場合、税金は約20万円かかります。この差は大きいですね。

つみたてNISAを使って安定的に資産をふやしていきましょう。(執筆者:渡辺 たけし)

 マネックス証券で口座開設する⇒公式HP

 SBI証券で口座開設する⇒公式HPへ

 中長期ならGMOクリック証券⇒公式HPへ

 業界最安値水準の手数料を選ぶならDMM証券⇒公式HPへ

この記事を書いた人

渡辺 たけし 渡辺 たけし»筆者の記事一覧 (23)

11年都市銀行勤務。現在保険会社にてコンサルティング営業の傍ら金融全般の記事執筆。都市銀行勤務時代には地権者や起業オーナー中心に相続対策や資産運用コンサルティング業務をしておりました。現在は、会社員の方からオーナーまで幅広いお客さまに保険のコンサルティング営業をしております。得意分野は相続、保険、資産運用になります。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
元銀行員のおすすめ資産運用
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ