レシートキャッシュバックアプリとは

レシート買取アプリ

買物したレシートがお金になるというレシートキャッシュバックアプリがあります。

アプリの種類もいくつかありますので、使っている方も少なくないでしょう。

レシートがどうしてお金になるのか説明しますと、レシートには企業が欲しがっている情報がたくさん盛り込まれているからです。

購入した季節や時間帯、どんな商品を何といっしょにどのお店で買っているのか。

さらに、サービスに登録してもらう個人情報で購入者の属性もつかむことができ、重要なマーケティングデータが集まるのです。

また、商品の販売促進のため広告としてのレシートキャッシュバックサービスもあります

レシートアプリは面倒なうえに実際にお金がもらえるのか疑わしい?

捨てるだけのレシートがお金になるのはうれしいですが、レシート画像を送ったりする手間がかかるのに対して、獲得できるのは1回10円程度。

しかも、ほとんどのアプリは数千円分などある程度貯めないと換金ができません

さらには、レシートアプリはサービス自体がまだまだ新しいジャンルゆえ運営が安定せず、対象案件が少なくなったりして(店舗や商品の指定がある等)換金ラインに達する前に挫折することもありそうです。

楽天銀行ユーザーならリスクなしでレシートキャッシュバックが可能

使いやすいレシートキャッシュバックアプリとして人気のある「CASHb」というアプリがあります。

CASHbは2016年にスタートして、TV番組「とくダネ!」や雑誌「サンキュ!」などでも紹介された話題のキャッシュバックアプリです。

「1,000円から」「すべての金融機関で」現金でキャッシュバックが受けられる「CASHb」は、ほかのレシートアプリよりも好条件として人気が出ているようです。

そうとはいえ、1回10円でコツコツ1,000円まで貯めるのだって、そこそこ大変です。

ところが、そんな不満がついに解消。

2018年7月から、楽天銀行アプリ内で「CASHb for 楽天銀行」サービスが始まったことにより、最低換金額というハードルがなくなったのです。

楽天のキャッシュバックアプリ

キャッシュバックアプリ

≪画像元:楽天銀行

「CASHb」ではCB(10CB=10円分)というポイントで1,000円まで貯めなければいけなかったキャッシュバック金額が、「CASHb for 楽天銀行」では1件毎に「円」で支払いされるようになったのです。

具体的には、その月に貯まった金額が翌月10日に楽天銀行口座に振込されるというシステム

振込申請も必要ないため、うっかり忘れて期限切れという事態も起こりません。

「CASHb for 楽天銀行」は楽天銀行アプリ内に自動的に追加されたサービスですから、新しいアプリをダウンロードする必要はありません。

すでに楽天銀行アプリを使っている方なら、すぐに利用することができますよ。

CASHb for 楽天銀行

≪画像元:CASHb

「CASHb」と「CASHb for 楽天銀行」のちがい

スマホ上の画面ではこのように違います。

CASHb for 楽天銀行の楽天銀行アプリ内での位置(商品・サービス内の右下)

〈「CASHb for 楽天銀行」のスマホ画面〉

CASHbのキャッシュバック金額確認画面

〈CASHbのキャッシュバック金額確認画面〉

※スマホでレシートを送る操作をする時、「CASHb for 楽天銀行」の方は楽天銀行アプリにログインするひと手間がかかります。

CASHb for 楽天銀行のレシートキャッシュバック金額確認画面

〈CASHb for 楽天銀行のレシートキャッシュバック金額確認画面〉

オリジナルアプリと楽天銀行アプリでは、取り扱っている案件が少しだけ違います

時期によっても異なると思いますが、調べたときでは楽天銀行アプリの方が案件の数が少なかったです。

そのため、やる気がある方は楽天銀行アプリとオリジナルアプリを併用するのもよいと思います。

CASHb for 楽天銀行のレシートの送り方

レシートを送ってお金をもらうまでの手順

≪画像元:楽天銀行

「CASHb for 楽天銀行」で、レシートを送ってお金をもらうまでの手順をご紹介します。

いちばん気をつけなければいけないことは、買物前に準備が必要ということです。

これはオリジナルのCASHbアプリでも同じです。

まずはラインナップ商品から、買物をするかもしれない商品を選んでその広告や情報を見なければいけません。

CASHbのレシートキャッシュバック案件

〈CASHbのレシートキャッシュバック案件〉

CASHb for 楽天銀行のレシートキャッシュバック案件

〈CASHb for 楽天銀行のレシートキャッシュバック案件〉

案件によって違いますが、数文字の紹介文を読むか30秒程度の動画CMを見るかというものになります。

準備ができると、買物予定の商品はチェックした商品として表示されます。

それから買物に行き、案件に合った商品を買った場合にはそのレシートと商品のバーコードを撮影して送信すれば完了です。

画像の送信はアプリ内で自動的にカメラが起動してガイドされますのでカンタンですよ。

レシートとバーコードを撮影して送信するまで、わずか1分ぐらいしかかかりません

「CASHb for 楽天銀行は真のレシートキャッシュバック」

話題沸騰で2018年6月リリースされたレシート買取アプリ「ONE」がサービス停止された状態のいま、一か月で確実に現金が振り込まれる「CASHb for 楽天銀行」はイチオシのレシートアプリといえます。

低金利の時代、たとえ小銭であっても銀行に毎月振り込みがあるというのは魅力的なことです。

楽天銀行アプリのユーザーなら、ノーリスクでデメリットなしの「CASHb for 楽天銀行」を使ってみてはいかがでしょうか。(執筆者:野原 あき)