「ジャックスカード」ユーザーが使える「J’sコンシェル」 サービス内容、注意点、お得な「nanacoギフト」の利用方法を紹介します。


≪画像元:JACCS J’sコンシェル

クレジットカードでお得になる方法と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、カード利用で貯まるポイントですが、それだけでなく、優待や割引などもお得になる方法の一つです。

その中でも注目なのが、健保組合や企業などに福利厚生サービスを提供しているベネフィット・ワンの「J’sコンシェル」です。

J’sコンシェルは、REX CARD横浜インビテーションカード(ハマカード)など、ジャックスカード会員が利用できます。

今回は、J’sコンシェルのサービス内容とともに、注意点も解説しましょう。

J’sコンシェルのサービス内容

J’sコンシェルの優待・割引内容は、以下の通りです。


金券類からレジャー、エネルギーまで、他のクレジットカードの優待・割引でもあるようなおなじみの特典から、かなりレアな特典まであります。

特に注目は「nanacoギフト」

nanacoギフト

≪画像元:J’sコンシェル

以上紹介したのはごく一部ですが、特に金券類の特典が充実しているのが、J’sコンシェルの特徴です。

お得度でいえば、すかいらーく優待券が10%オフで購入できるのが大きいです。

使い勝手でいえば、1%オフで購入できるQUOカードも捨てがたいですが、やはり「nanacoギフト」が最も注目です。

1000円分、2000円分、3000円分があり、それぞれ1%オフで購入可能です。

デジタルクーポンコードでナナコ1000円分

≪画像元:J’sコンシェル

セブンイレブンで料金収納代行や税金、保険料などの支払いができるのが、他の金券にはないnanacoの大きなメリットです。

nanacoへのチャージでポイントがもらえるクレジットカードといえば、リクルートカード(還元率1.2%)ですが、1か月で3万円分までしかポイント還元されません。

リクルートカード

≪画像元:リクルートカード

高額な税金の支払い等の際には、nanaco残高が足りなくなる恐れがあるため、1%オフでnanacoにチャージ可能なJ’sコンシェルのnanacoギフトは、有力なサポート役です。

しかも、購入上限もかなり緩やかですので、上限を気にする必要もありません

J’sコンシェルのデメリット・注意点

J’sコンシェルのデメリット・注意点

クレジットカード払いできない

J’sコンシェルで購入したサービスや特典は、ジャックスカードで支払うことができません。

支払い方法は銀行振込などですので、カードのポイントが付かないのが残念ですね。

nanacoへの登録が面倒

J’sコンシェルでnanacoギフトを購入した場合、1枚ずつ登録作業を行なわなければなりません。

nanacoギフト1000円の購入上限は、毎月100(毎月10万円分が上限)ですので、100回登録作業を行なうのはかなり面倒です。

すぐに結果が反映されない

J’sコンシェルで注文をしても、すぐに結果が反映されるわけではありません。

nanacoギフトの場合、以下のような流れとなります。

(1) J’sコンシェルで注文をする。

(2) 払込票が自宅に届く。

(3) 銀行振込・コンビニ端末で支払う。

(4) nanacoギフトIDが届く。

しかもnanacoギフトの場合、当日12時までにIDを登録しても、翌朝6時以降にならないと受け取れません。

また、当日12時を過ぎると、翌々日朝6時以降にしか受け取れません。

まとめ

ジャックスカードユーザーが利用可能な「J’sコンシェル」は、レゴランドジャパンなど他の優待・割引にはないユニークな特典が魅力的です。

中でもnanacoギフトは注目で、購入上限も気にする必要がありません。

ただし、手間が非常にかかってすぐに反映されないので、nanacoをよく使う方のサブ的な位置づけといえます。

手間はかかるものの、1%オフでnanacoを購入できるのは、やはり大きなメリットです。(執筆者:角野 達仁)

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁»筆者の記事一覧 (229) http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ