「相続対策」のスタートには「エンディングノート」を活用しよう 親にも相続について考えてもらうきっかけになります。

日本は少子高齢化、核家族化が進んでいます。

ご実家を離れて移り住み、その後、ご実家には盆と正月くらいしか帰らない、という方も少なくないでしょう。

親と離れて暮らす人は増えています。

なかなか親子でゆっくり話をする機会は少なくなっていると思います。

そのような環境下だからこそ「相続対策」は今後ますます必要性を増してきます。

相続について

「気にはなっているけれど何も考えていない…」

「何から考えればよいかわからない…」

という方にエンディングノートを活用することをお勧めしたいと思います。

エンディングノートを活用する<

後回しにされがちな「相続対策」

「相続対策」は全ての方に必要です。

財産が多く、相続税を支払う必要が発生する相続だけが対象ではありません。

むしろ「自分には関係ない」と思っている方の相続のほうが揉めやすいといえます。

相続税の支払いが必要な方は、既にこのような意識をお持ちの方も少なくありません。

親が亡くなる事など考えたくないかもしれません。

親の立場でも自分が死ぬときのことなど考えたくはないでしょう。

「死」というキーワードはどうしてもネガティブに考えられてしまいます。

自分自身、あるいは親が元気な時には「そのうち考えればいい」として、後回しにされがちなのが「相続対策」だと思います。

しかし、相続は必ず発生します。

倒れてしまったりした場合にはもちろん、認知症になってしまったりしてもできる対策は限られてきます。

たとえ判断能力・意思能力はしっかりしていても体力が低下してくると対策は難しくなってきます。

できることから始めていきましょう。

財産をリスト化する

財産をリスト化する

相続対策を考えるとき、最初にすべきことは「自分の持つ財産の概要を把握する」ことです。

相続財産は「金銭的な価値があるものすべて」が該当します。

銀行預金や株式、債券、不動産、生命保険、貴金属、自家用車などはもちろんですが、借入金、他者と結んでいる契約、保証などの負の資産も含まれます。

切手やコイン、美術品、骨董品など金銭的な価値があるコレクションなども該当します。

これらの財産をリスト化することから始めましょう。

当然、日常生活をするうえで残高は変動します。

几帳面な方ほど、残高が変動し現在の金額が正確に記載できないため、先延ばしにしてしまう傾向があるようです。

しかし、変動して当たり前。

生きている限り確定することはありません。

多少の数値の差異や把握した時期の違いは気にせず進めましょう。

「どこの銀行の口座があったっけ?」

「不動産を全部書き出すのは大変…」

などと思ったら、より一層きちんとしておく必要があります。

ご自身でもわからないものを、遺された方々がリスト化するのは本人以上に大変な作業です。

ここで大切なのは、金額よりも

「どこに」、「何が」、「だいたいどのくらい」

あるかです。

どう分けるかを考える

次に考えるのは「どう分けるか」です。

ここで重要なのは揉めそうな資産から考えることです。

多くの金融資産は換金性が高いので分割も容易ですが、不動産や非上場株式などは分割しにくかったり、換金できなかったりするため注意が必要です。

自営業やオーナー企業などでは後継者の問題とも密接にかかわってきます。

分け方によって揉めてしまう可能性のある財産は「なぜそう分割したいのか」といった理由も含めて整理していく必要があります。

それぞれの家で事情は違います。

ここで悩んでしまう場合には誰かに相談することをお勧めします。

最近は金融機関や弁護士、行政書士、税理士なども無料相談会などを開いていたりします。

しかし、本当にオーダーメイドの相談を必要としている場合、無料相談では限界があります。

日本では相談に料金を払う文化がまだまだ未熟であることもありますし、誰に相談するのが適切なのか悩むこともあるでしょう。

どの資産をどのように分けるべきかを決めるときには遺留分にも配慮する必要がありますが、ここでは遺留分についての説明は割愛することにします。

「遺言書」、「遺書」、「エンディングノート」

生前の意思を遺される人に伝達する方法として

「遺言書」、「遺書」、「エンディングノート」

があります。

違いがわかりますか?

遺言書」は法に求められる形式によって、自身の財産をどのように配分して欲しいかを記述した書面。

遺書」は法的なものではなく自身の気持ちを残される人に伝える手紙

エンディングノート」は法的な効力はありませんが、自分の生い立ちや考え、財産、想いを形式にとらわれずに残しておくノート。

それぞれに目的が異なります。

遺言書だけでは伝わりきらないこともあるでしょう。

遺言書にも「付言事項」として、法的には関係ない「想い」を残すことは可能です。

自分の生きた証、遺される人たちへの言葉、遺産の分割方法や割合についてどのように考えたかなどを伝えることでスムーズに次の世代に引き継いでいくことが可能になります。

遺言書では伝えきれないことを補完する意味で「遺書」や「エンディングノート」は有効です。

思ったことを書けるところから書いていけばいい

エンディングノートの内容

エンディングノートには

自分のこと
  これまで住んでいたところ
  働いていたところなど
  印象に残っている思い出
  これまでの人生の振り返り

家族のこと

親しい交友関係

財産のこと
  預貯金、有価証券等とその預け先
  不動産
  年金
  生命保険
  その他の資産

もしもの時のこと
  病気になった時のこと
  介護の希望
  葬儀・お墓のこと
  大切なものの保管場所
  遺言書のこと
  遺産分割・形見分けの希望

家族や友人へのメッセージ

などを書きます。

市販のエンディングノートを活用するのもいいでしょうが、書き換えることもあるでしょう。

パソコンで作ったり、レポート用紙などのように一枚一枚別々になっているものを用いて、必要に応じて書き換えるページだけ差し替えていくのでもよいでしょう。

パソコンで作成する場合は都度プリントアウトしておきます。

形式を気にする必要はありません。遺言書とは異なり、法的な拘束力はありません。

形にこだわらず、思ったことを書けるところから書いていけばいいのです。

親に遺言書を書いてもらうきっかけにも

親に遺言書を書いてもらうきっかけにも

親に「相続のことを考えておいて欲しい」と思う子は少なくありません。

しかし、子から親に「相続」の話を切り出すのはなかなか難しいものです。

そこで、私からは

遺言書の前に「エンディングノート」を書いていただくことをお勧めしたい

と思います。

私は、エンディングノートの目的は「相続対策」というよりも「自分自身の整理」の意味合いが強いと考えています。

エンディングノートを書くことで

「自分がどのようにして生きてきたのか」

「日頃思っている大切なことは何か」

「これからの人生をどのように生きていくか」

「自分に何かあった時、どのようにして欲しいか」

といったことも考えることができます。

人生の棚卸し」とでも言いましょうか。

自分の人生を振り返り、これからの人生をどう生きるかを考える機会にもなると思います。

親に相続について考えていただくきっかけにもなるのではないでしょうか。

そして、親だけでなく子も書きます。

死ぬときのことを考えるというよりは「生き方」を考えるという意味でも有意義です。

すべてを一度に整理しようと思ってもなかなか思うようにはいきません。

できることから少しずつ進めるのが相続対策の基本です。

さあ、あなたも書いてみませんか?(執筆者:西山 広高)

この記事を書いた人

西山 広高 西山 広高»筆者の記事一覧 (36) http://www.nishiyama-ld.com/

西山ライフデザイン株式会社 代表取締役
慶應義塾大学卒。大手建設会社に入社し、主に建築営業とお客様の不動産の活用提案業務に従事。2015年に退職、西山ライフデザインを設立。ファイナンシャル・プランニングと不動産の知識と経験でクライアントの「ワンダフルライフ」の実現をサポートする。趣味は2006年から始めたマラソン。第1回東京マラソンに出場。その後、ウルトラマラソンやトレイルランニングの大会も出場、完走歴あり。妻と2人の子供の4人家族。1968年生まれ。東京都大田区在住。
<保有資格>:宅地建物取引士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、AFP、住宅ローンアドバイザー、ビジネス法務エキスパート
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
相続対策にエンディングノート
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ