この記事の最新更新日:2021年10月8日

大人も子どももファンが多いマクドナルド。

安くて美味しい! ファストフードの代表的存在とも言えるマクドナルドですが、さらにお得になる無料の大盛りサービスがたくさんあります。

量が増えてお得感が増すだけでなく、さらに美味しく食べられるメリットもあります。

ここでは、マクドナルドの無料大盛りサービスについて詳しく紹介します。

ハンバーガーのピクルス、オニオンの増量は無料!

ピクルスとオニオンって多くてもうれしい

ハンバーガーのトッピングのうち、ピクルス、オニオンの2つは無料で増量できます。

この裏ワザはご存じの方も多い、マクドナルド無料増量サービスの常識ですね。

これらのトッピングを増やすことで、ボリュームも少し増えます。

ピクルス・オニオンの増量ができるのは、

・ ハンバーガー
・ チーズバーガー
・ ダブルチーズバーガー
・ ビッグマック

の4つです。

どれくらい増量してくれるかは店舗によって少し違いがあります。

筆者の経験では、ピクルスを2~3枚増量してくれることが多いですが、今回は過去最高の7枚増量してくれていました!

このように、店員さんの匙加減にも左右されます。

店員さんに寄ってもちがう

トッピング増量で注文したバーガーには、水色のシールが貼られているので一目で分かります。

チーズやレタス、トマト、ベーコンなどの、大きな具材となるトッピングは無料で増やすことはできません

バーガーのソースは無料で増やせる

ハンバーガーのソース、ピクルス、オニオンの他、ソースの増量も無料です。

無料で増やせるソースの種類は、バーガーによって異なります。

【ケチャップ・マスタード】

ハンバーガー、チーズバーガー、ダブルチーズバーガー

【スイートレモンソース】

てりやきバーガー、てりやきチキンフィレオ、チキチー

【タルタルソース】

フィレオフィッシュ

【ビッグマックソース】

ビッグマック

【オーロラソース】

チキンフィレオ、えびフィレオ

【スパイシーソース】

スパチキ

【イエローマスタードソース】

チキンクリスプ、ベーコンレタスバーガー

レギュラーメニューのほか、期間限定バーガーでもソースの増量OKです。

今年の「月見バーガー」は、トマトクリーミーソースを増量できました。

冬恒例の「グラコロ」や、時々復活する「チキンタツタ」も、ソースたっぷりで味わえます。

筆者おすすめは「増量ビッグマック」

基本的には、どのバーガーもソース多めで注文できます。

なかでも筆者いちおしなのは、トッピング&ソース増量のビッグマックです。

筆者は勝手に「増量ビッグマック」と呼んでいます。

ビッグマックは、ビッグマックソース、オニオン、ピクルスの3つを無料で増やせるので、お得感があるんです。

もともとボリュームがありますが、トッピングとソースを増やすことで、さらに食べごたえがアップ!

同じ値段で満足感も増すので、より高コスパになります。

ただし、ソースを増量するとハイカロリーになりますのでご注意ください。

ナゲット(5ピース)のソースは2個もらえる

ナゲットソースをポテトにつけたい

マクドナルドのナゲットソースは、他にはない独特の味が美味しいですよね。

ナゲットを注文すると、「ソースをお選びください」と言われますが、期間限定のソースが出ているときなんかは、「どっちも食べてみたい」と思う人も少なくないかと思います。

そんなときは、ナゲットソースを2個もらいましょう!

ナゲット(5ピース)なら、1個の注文に対して最大2個までつけてもらえます。

ソースは同じものを2つでも良いですし、異なる種類を2つもらうのもOKです。

ナゲットのソースは自宅でポテトを揚げた時にも使えるので、筆者は毎回必ず2個もらいます。

ちなみに、ナゲット(15ピース)を注文した際は、最大4個選べます。

通常は3つまでなので、「4つください」と伝えて1個多くもらいましょう。

ただし、5ピース入りは3つ目、15個入りは5個以降ソースを追加する場合は、1個あたり30円かかりますので注意してください。

ドリンクは“氷抜き“で量が増える!

ドリンク類は、氷抜きで注文ができます。

氷抜きにすると、カサが減るのかと思いきや、氷入りで頼んだときと同じラインまで満タンにドリンクが入ったものを渡されます。

氷がない分ドリンクの量が無料で増やせるんです!

マクドナルドでは、氷有りなしに関わらず、ドリンクを入れるラインが決まっているので、量が増えるというわけです。

氷なしでもちょっとは冷たい

今回はアイスティーのSサイズを注文したのですが、内容量はなんと250mlありました。

マクドナルドのドリンク類は、公式量が決まっていて、Sサイズは通常氷入りで210mlとなっています。

それと比較すると、40mlも増量するので氷抜きは断然お得です!

アイスティーやコーヒーの場合は、ミルクとシロップも常識の範囲内で複数個もらえます。

氷抜きにすると、ドリンクがややぬるめになってしまうので、冷たいドリンクが飲みたい人にはあまりおすすめできません。

筆者は、炭酸ドリンクを注文するときは氷抜きで頼みませんが、子どものドリンクを頼む際には「氷抜きで」とお願いすることが多いです。

ポテトの注文で無料ケチャップ&別添え塩がもらえる!

結構多めに入っています

ポテトを注文の際、「ケチャップください」と言えば、無料でつけてもらえます。

ポテト1つに対してケチャップ1個が基本です。

子どもが2人いる筆者は「2個つけておきましょうか?」と気を利かせていただいたことがあるので、必ずしも1つという決まりはなさそうです。

マックのポテト塩が欲しいときは「塩多め」注文を!

マックのポテトに使われている塩は、ほどよい塩味と旨みがあって美味しいですよね。

あの塩がマックのポテト独特のやみつきになる味を出しているとも言えます。

家でポテトを食べるときに、「あの塩があれば」と思ったことがある人も少ないでしょう。

しかしあの塩、一般に販売していないので、手に入りませんが、ここでも裏ワザがあります。

ポテトを注文する際「塩多めで」と注文すれば、別途小袋に入れたポテトの塩をもらえるんです。

ポテトの塩を家でも堪能

もらえる塩の量は、トッピング同様、店舗や店員さんによって異なります。

今回は、9g分の塩を別添えで付けていただきました。

マックのポテト塩を振りかければ、家でもマック風のおいしいポテトが食べられるので、ぜひ実践したい裏技です。

すべて無料なので、混雑時などは避け、お店の都合に配慮してお試しください。(執筆者:三木 千奈)