【ココナラ】ちょっとした「困った」に対応してもらえる 私は1000円で「楽譜作り」をしてもらいました。

生活している中でいろいろ出てくる「困った」

ちょうどその内容に詳しくて、気軽に頼れる人が身近にいれば問題ありませんが、なかなかそうはいかないことも多いですよね。

そんなにときに使えるのが、自分の得意を売り買いするサイトココナラ」です。

ココナラ使ってみました

ココナラとは?

ココナラ

≪画像元:ココナラ

ココナラというのは自分の得意な分野を仕事として「出品」したり、誰かの得意を「購入」したりできる、知識とスキルのオンラインマーケットです

2012年にサービスが開始され、ユーザー数は80万人、累計取引件数は200万件を越える大型サービスに成長しています。

ココナラで売り買いできるサービスは最低500円のワンコインから

売り手・買い手ともに匿名(ハンドルネーム)だけでやり取りできるのが魅力です。

「困った!」を今すぐ助けてほしい

ココナラでは、自分の得意を出品している人がたくさんいて、各出品内容をそれぞれのプロフィールページや検索ページから見られます。

使い慣れないうちは、同じような出品がたくさんあって探すのも選ぶのも大変です。

そんなときに使えるのが「リクエストボード」です。

ココナラのトップページをパソコンで開いたとき、右側に水色の「リクエストボード」というバナーがあります。

ここに「こんなことに困っています、〇〇してくれる人募集」と書いておくと、そのヘルプに応えられる人が「私が手助けします」と応募してくれます

「お店のチラシを作って欲しい」

「イラストを描いてほしい」

「動画を編集して欲しい」

「この日本語を英語に直して欲しい」

「話を聞いてアドバイスしてほしい」

というようなもの。

ヘルプをリクエストするときに「予算はこのくらいで」と入力する欄があり、お助け要因として応募してくれる人も「この予算でどうでしょう」と金額を入力します

その中から「この人に頼みたい」と思う人を選んでお願いすればOKです。

ココナラのリクエストボード

≪画像元:ココナラ

筆者も「ココナラ」で依頼しました

ココナラをつい最近知った筆者も、さっそくココナラでヘルプをお願いしてみました。

YouTubeにアップされていた動画の音楽を演奏してみたいのですが、自分で楽譜に起せなかったので

「音楽を耳コピして楽譜にしてください」

という募集をアップしたところ、半日で2件の応募がきました。

それぞれのプロフィールを確認し、セミプロのシンガーソングライターという方に1,000円でお願いしました。

お願いした2日後にピアノソロ用に起こされた楽譜のPDFファイルを送っていただきました

内容は完璧で大満足。

さっそく演奏できて、さらに満足。

報酬は依頼時にココナラに支払いを済ませ、お仕事完了まではココナラにホールドされています。

納品チェック後、こちらが「OK」をお伝えし、お仕事をしてくれた方が「完了」ボタンをココナラの画面上で押すと、ココナラにホールドされていたお金がお仕事をしてくれた方に渡る仕組みです

音楽を耳コピして楽譜にしてください音楽を耳コピして楽譜にしてもらいました

気軽に使えるのが魅力です

ココナラはユーザーも多く、たくさんの人がリクエストボードを見ているので「助けて!」という依頼に比較的すぐ「やれますよ」というお声をいただけます。

金額もワンコインからと手頃なので、気軽に使えるのが魅力です。

「誰か、助けて!」

「手伝って!」

そんなとき、ココナラを使ってみてはいかがでしょうか。(執筆者:草間 綾子)



この記事を書いた人

草間 綾子»筆者の記事一覧 (35)

旅行好きのライターです。旅行費用捻出のために、日々節約に励んでいます。良さそうだと思ったものは、とりあえず試してみる派です。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
ココナラ使ってみました
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ