「ケチな人」と聞くと、「お金を持っているのに、お金を出さない人」というイメージを持ちますよね。

「賢いケチ」は、日頃は財布のひもをきっちり締めていても、「ここぞ!」という時には惜しみなくお金を使うなど、正しいお金の使い方を心得ています

今回は、賢いケチになるための法則からストレスフリーの貯金術までをご紹介しています。

賢いケチって何よ

賢いケチの法則とは?

賢いケチの法則は、

「必要なものを見極め、優先順位を決めてお金を使っている」

ことです。

単なる消費に対してはシビアなケチですが、自分にとって必要な物や価値のあるものなどには「投資」という認識でお金を使い、新たなお金を生み出すサイクルを作りだします。

つまり、賢いケチは、ムダな買い物や衝動買いはほとんどせず、しっかりとその価値を熟慮してから購入している傾向が高いため、倹約家であり投資家ということです。

賢いケチは無理をしない! ストレスフリーの先取り貯金術

賢いケチの特徴のひとつに、無理のない貯蓄術「先取り貯金」を実践していることがあります。

収入の中から毎月一定額を会社の財形や専用の銀行口座に貯金する方法です。

先取り貯金の金額は特に決まってはいませんが、給料の10~20%を目安にしている方が多いようです。

先取り貯金に慣れるまでは実収入よりも少ない生活費にストレスを感じるかもしれませんが、3か月もすると先取り貯金をした後の生活費で家計を組み、上手く回せます

いつの間にかストレスフリーで貯金が増えていることに気付くはずです。

賢いケチは息抜き上手! プチご褒美で節約生活に楽しみを

賢いケチは息抜き上手

賢いケチは、節約生活でも上手にプチご褒美を取り入れて息抜きをしています。

例えば、月に1回だけお気に入りのカフェやスイーツを楽しんだり、お気に入りのコスメを1つずつ買ってみたり、本を1冊購入したり…。

決して高価なものでなくても、少し気分が上がるようなものを上手に取り入れています

さらに、上級者になると、プチご褒美も「投資」に変えて、カフェめぐりやコスメやスイーツ、本のレビューなどをSNSやブログで発信するネタとして楽しんでいることもあります。

ストレスフリーでお金をためていきましょう

今回ご紹介した「賢いケチになるための法則」を徹底してみると、節約の辛さや不自由さを感じることなく、ストレスフリーでお金をためていくことができます。

ちょっとした、意識を変えるだけで良いのです。今日から賢いケチを目指してみませんか?(執筆者:花見 結衣)