「だからあの人は借金する」破産や債務整理、夜逃げする人に共通する4つの行動パターン

「お金に困る人」と「借金をする人」は、よく似た行動をしています。

今回は、金融会社時代の上司や経営者が「だから借金するんだ!」と言っていた中でも、実際に破産や債務整理、夜逃げをした人たちの多くがとっていた行動だけを厳選してご紹介いたします。

1. お釣りを数えない

持っているお金を把握しよう

支払日までにお金を支払うことができなかったお客様が、店に来て支払いをすることが毎日、数件から数十件ありました。

受け取ったお釣りを数える人は、ほぼ見かけたことがありません。

どうして借金をしている人たちの多くは、お釣りを数えないのでしょうか?

それは、

「お釣りを数えない=自分の財布の中身を把握できていない」

からです。

「一体いくら使ったのか?」、「いくら財布に残っているのか?」について把握できていないままお金を使い、気づかない間にお金が足りなくなって借金をします。

財布の中身をしっかりとチェックし把握することで、計画的にお金を使うことができ、必要なものと不要なものの判断がつきやすくなります。

2. 財布を持たない

大人が財布を持っていないというのは不思議な光景ですが、借金の支払いに来る人たちで意外に多いのが、お金をポケットから取り出す人たちです。

女性の場合は、ポシェットや肩掛けカバンから、裸のお金がそのまま出てくることもあります。

「お金を大切に思っていない」ために、こういった行動に出るパターンが多く、パチンコや競輪、競馬などの賭け事にハマって抜けられない人にも多くみられます。

お金をポケットやポシェット、カバンに裸のまま入れていると、小銭を落としたり、お札がグチャグチャになったりしてお金にとっての環境も劣悪です。

財布からきちんと出し入れすることで、持っているお金を把握しやすくなり、無駄遣い防止にもつながります。

財布を持たずお金が汚い

3. 行動がだらしない

髪をきちんと梳かしていなかったり、毛玉がいっぱいついたセーターを着ていたり、ズボンがズレてパンツが見えていたり、ズボンの裾が破れていたり…

これは、

・ 髪をきちんと梳かす行動

・ きちんとした状態の服を着る行動

などをしない「だらしない行動」をとった結果の容姿です。

こういった人の多くは、お金にも無頓着なため、お金に困ることが多いです。

このような人たちの家に集金や回収に行くと、小銭やグチャグチャになったお金が、いろんなところから出てくることがあります。

4. 「金(カネ)」に「お」をつけない

これは、「財布を持たない」とも共通する心理が、こういった行動につながっているようです。

心の底ではお金のことをあまり大切だと思っていない場合に、「金(カネ)」と言ってしまうことが多いようで、こちらも、ギャンブル好きのギャンブラーやお金使いの荒い人に多くみられます。

感謝の気持ちを持ち、お金に対する意識を変えることが、無駄遣いを減らすことにつながります。

お金に対する意識

お金に対する意識が大事

貸付が可能かどうかを判断したり、貸し付けたお金を回収したりする金融機関に長くかかわっていると、借金をする人たちのたくさんの共通点をリアルに実感することができます。

借金をしていた人の8割以上がギャンブルをしていたことを考えると、お金に対する意識を変えることは、とても大切だと言えるでしょう。

何気なくおこなっているあなたの行動は、あてはまっていませんでしたか?

「だから借金するんだ!」

と言われるような行動はできるだけ避け、お金に縁のある暮らしをはじめてください。(執筆者:山内 良子)

この記事を書いた人

山内 良子 山内 良子(やまうちりょうこ)»筆者の記事一覧 (77)

2008年頃から接客業務改善などの業務に携わりつつ、資格を生かした親子クッキングイベントなどを開催。現在は主にライターとして活動し、レジャーや旅、暮らしや妊活、ママ向け記事やインタビュー、経営者向けの記事などなど幅広く執筆中。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう