【懸賞生活】SNS、ネット、王道のハガキ 当選につながるコツをそれぞれ紹介します。

懸賞に応募したことはありますか?

応募する媒体に合わせてコツを押さえれば、少なくとも宝くじやロトよりは当たります。

流行のSNS懸賞、個人情報に注意が必要なネット懸賞、昔ながらのハガキ懸賞、それぞれの特徴と当選率アップのコツをお伝えします。

情報拡散力と人間味が当選率につながる「SNS懸賞」

今1番おすすめしたいのは、

・ LINE
・ Instagram
・ Facebook
・ Twitter

といったSNS経由の懸賞キャンペーンです。

SNSのアカウントを持っていることが最低限の応募条件なので、一般的な公募に比べると、応募者数の分母が小さく当たりやすいです。

また、キャンペーン期間が短いため、うっかり応募し損ねる人も多いです。

SNS懸賞の応募方法は、ハッシュタグや特定の画像をつけてリツイートやシェアするだけです。

当選連絡はダイレクトメールに届きます。

SNS懸賞の情報サイトやアプリもありますが、懸賞好きな個人をフォローして仲間を作り、情報交換するだけでも十分でしょう。

SNS懸賞当選のコツ

SNS懸賞のコツ

懸賞専用のアカウントでも、自己紹介文は必ず書き、日常的なつぶやきも忘れないこと。

企業側が抽選するとき、そのアカウントが信頼できるものなのかを考慮するケースが多いからです。

同じ意味で、プロフィール画像の未設定はNGです。

当選した商品は、使っている画像と感想をアップしておきましょう。

情報の拡散力と人間味がアピールできるため、次回の抽選で有利になります。

時間帯とタイミングがカギ「ネット懸賞」

ネット懸賞に応募するなら、まず自分がサービスを利用していて、なおかつ会員登録をしているメンバーズサイトをチェックしてください。

たとえば、

・ プロバイダー
・ スマホのキャリア
・ JAF
・ クレジットカード会社
・ 定期購入している化粧品会社

などです。

メンバー限定なのでライバルが少ないですし、新たに個人情報を入力しなくていいので安心です。

企業のサイトから直接応募する場合は、購入者しか応募できないクローズド懸賞が狙い目です。

商品についているシリアルナンバーを入力する方法がポピュラーでしょう。

それ以外の懸賞はSNS懸賞と逆で、大手の懸賞サイトを活用するのがおすすめです。

応募の前に、口コミで安全性を確認できます。

ネット懸賞当選のコツ

ネット懸賞のコツ

時間帯とタイミングです。

当選率を上げる時間帯は、みんなが通勤通学で忙しい早朝から8時頃です。

お昼休みでネットが混む12時から13時は避けた方が無難です。

応募のタイミングは、キャンペーン期間の初期と後半です。

日頃から新商品や新サービスのニュースに敏感になるのが、ネット懸賞当選のコツといえるかもしれません。

面倒そうな応募がねらい目「ハガキ懸賞」

ハガキ懸賞のコツ

ハガキ懸賞は、「当選率イコール手間暇」といっても過言ではありません。

応募の条件を読んで、「これは面倒そうだなあ」と思ったらチャンスです。

ぜひチャレンジしてみましょう

アンケートに答えなくてもよいキャンペーンより、答えなくちゃならない方が当たります。

応募シールやマークも、1枚から応募可能なキャンペーンより、10枚集めなくちゃいけない方が当たります。

また、案外盲点なのが、地元の商店街やスーパー、地域が限定された飲食チェーンです。

地域活性化を目的として、自治体がタイアップしているケースも多く、高額家電や旅行券などが当たりやすいです。

懸賞応募を楽しい習慣にしよう

懸賞は副業ではありません。

最終的には運次第ですから、一喜一憂せず、淡々と継続することが大切です。

まずは、家にある書き損じハガキを活用することからスタートしてみてください。(執筆者:白戸 春)

この記事を書いた人

白戸 春 白戸 春»筆者の記事一覧 (40)

シングルマザーを経て再婚し、子どもは無事に独立。現在は夫と猫と北国で暮らす主婦兼フリーライターです。貧乏だったサバイバル経験を生かして、誰かの役に立つ記事を書いていきたいと思います。消費は現金よりクレジットカード派、投資は現物主義です。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう