気軽にいつでも始められる500円玉貯金ですが、いざ始めてみたものの「続かなかった…」という方は多いのではないでしょうか?

続かなかった理由として、

「500円玉欲しさにお札を崩してしまう」

「結局ムダ遣いが増えた」

「だんだんつらくなってきた」

を挙げる方も少なくありません。

一方で、長い間500円玉貯金が続いている方もいます。

今回は、「続かない」といわれる500円玉貯金を長く続けるためのシンプルなメソッドを4つご紹介します。

500円玉貯金に始める時や行き詰った時の参考にしてみてください。

続かない500円玉貯金

メソッド1:「ためる」から「たまる」へ…

誰だって、楽しみながら貯金を続けたいと思うもの。

そのためには、まず貯金に対する概念からリセットしてみましょう。

つまり、「ためる」ことを目的にした貯金なのか、または「たまる」ことを楽しむための貯金なのかをしっかり分けることです。

もちろん、500円玉貯金を楽しく続けるためには、「たまる」貯金と位置付けることがファーストメソッドです。

筆者はこの考え方に変えて以来、「たまる」楽しさを感じながら500円玉貯金を続けることができています

メソッド2:過度な期待はしない

500玉貯金でいくらたまるか皮算用しない

500円玉貯金を始める前から、「いついつまでに〇万円たまるはず!」といった過度な期待をしないことも大切です。

その理由は500円玉が毎日財布にあるとは限らず、貯金額は月によって変動するためです。

貯金額を設定するよりも、「一日の終わりに500円玉が財布の中にあれば、専用の貯金箱に入れる」習慣に早く慣れるようにしましょう

シンプルで地味な習慣を続け、成り行きに任せるくらいの余裕が、必ず結果につながり、貯金箱を開けてみると「こんなにもたまっていた!」という達成感を味わえます

メソッド3:500円玉がない日があってもいい

貯金を始めると、「思ったとおりにたまらない」という時があります。

500円玉貯金でいうと、財布の中に500円玉貯金がない時です。

でも、ガッカリする必要はありません。

500円玉貯金は1回の貯金額が少ない小銭貯金の一種なので、長く続けなくては数万~数十万円のまとまった金額をためられません。

「貯金ができない時だってある! 今日は500円玉がないのだから」と気持ちを早く切り替えるようにしましょう

メソッド4:500円玉貯金に「気負い」は禁物

お会計の時に500円玉がお釣りに入るように工夫しましょう

500円玉貯金が続かない理由のなかでもっとも多く挙げられるのが、「500円玉欲しさにお札を崩してしまう」ことです。

500円玉貯金が増えても家計の大元でもあるお札がどんどん減ってしまっては本末転倒です。

実は、お札をどんどん崩してしまう行動は、「500円玉を手に入れなくちゃ」という気負いからきます。

500円玉貯金を続けるためには、どんな気負いも禁物です。

「お財布のお札がどんどん減っていく」と感じている方は、500円玉への気負いを意識しないようにしてみましょう

ただし、お会計の時に500円玉がお釣りに入るように上手にお札とコインを組み合わせることをお忘れなく

気負わず続けることが大切です

500円玉貯金は、家で取り組める簡単な貯金術です。

シンプルメソッドを意識しながら、「ためる」ことよりも「気負わずに続ける」ことを心掛けて挑戦してみてください。(執筆者:花見 結衣)