新年度となり就職や転職した先の会社で、これからゴルフを始めなくてはいけないという人もいらっしゃるでしょう。

今回はそんな、ゴルフ初心者が最低限知っておきたい万が一の時に自分を守ってくれる「ゴルファー保険」についてお伝えします。

ゴルファー保険の基本的な補償内容とポイント

ゴルファー保険とは?

ゴルフのプレー中や練習中に起きた事故の損害を補償してくれる保険です。

基本的な補償内容

1. 他人に対する賠償補償
2. 自分のケガの補償
3. 自分のゴルフ道具の補償
4. ホールインワン時の補償

の4つがあり、支払いが高額となってしまうものもあるので、必ずポイントを抑えておきましょう

1. 賠償責任保険

ゴルフプレー中や練習中に、人にケガをさせてしまったり、人のモノを壊してしまったという場合に治療費や修理代金が補償されます

・ ゴルフ場のティーグラウンドで回りを確認せずに素振りをしていたら、一緒に回っている人に当たりケガをさせた。

・ 打ったボールが人に当たりケガをさせてしまった。

一般的な補償内容は5,000万円~1億円前後で選択できます。

過去に他人に大きなケガをさせ、5,000万円を超える高額な賠償事例もあるので、基本的には大きな補償金額に加入される事をおススメします。

日常生活で人にケガをさせたり、モノを壊した時に補償してくれる個人賠償責任保険に別に加入されていて、そちらでゴルフ中の事故も担保されるのであれば、こちらは最低限、もしくはこの補償は付けないという選択でもよいでしょう。

ゴルフの危ない保険

2. 傷害補償

自分自身がゴルフ場や練習場の敷地内でゴルフの練習中、競技中などに死亡・後遺障害となったり、ケガをした場合に設定された金額が支払われる補償です。

・ゴルフプレー中に後ろの組のボールが飛んできてケガをした。

・ゴルフプレー中に、つまずいて転んだ際にケガをした。

ゴルフを始めたばかりという方は打ったボールが横にそれてしまうことがよくあり、コースによっては急な斜面や足場の悪い所を歩く場合も意外と多くケガのリスクは日常生活よりも高いと言えます。

補償範囲がゴルフの時のケガに限定されるので、保険料もその分安く、治療費が心配な方は必ず補償を掛けておくようにしましょう

3. ゴルフ携行品

ゴルフ場や練習場内でゴルフ用品が盗まれたり、ゴルフクラブの破損や曲がってしまう事故が起きた時に補償されます

・ゴルフのプレー中に誤ってクラブを折ってしまった。

・練習場でゴルフバッグが盗まれた。

ゴルフ道具は高額となるモノが多く、初心者の場合は上手にスイングできなかったりして破損させてしまう事もあるので、ゴルファー保険では必須の補償です。

盗難の際は被害届をすぐに出すようにしましょう

4. ホールインワン・アルバトロス費用補償

ホールインワンやアルバトロス(パーより3打少なく終えた)を達成した場合のお祝いなどに実際に掛かった費用を受け取れます。

・達成のお祝いで記念品の購入や贈呈した費用。

・友人や知人を招いて祝賀会を開いた費用。

ゴルフを知らない人からしたら不思議かもしれませんが、ホールインワンやアルバトロスを達成した時には、達成した本人が自費で記念品を作ったり祝賀会を開く必要があります

もちろん絶対ではありませんが、日本のゴルフでは慣習となっています。

その際の費用が何十万とする場合もあり、その費用を補填してもらうための補償になります

ゴルファー保険のポイント

実際にゴルファー保険を掛ける上でのポイントをご紹介します。

プレー前日まで加入しておこう

どこで加入できる?

ゴルファー保険はさまざまな所で加入でき、保険代理店やインターネットはもちろん、コンビニやお持ちのクレジットカードなどからも加入できます。

ただし、ゴルファー保険はプレー前日までに加入しておく必要がよくあるので注意してください。

賠償補償は示談交渉がついているものを

他人への賠償の補償がついていますが、大事なのは事故が起きた後に治療費などについて、相手と保険会社が代わりに示談交渉をしてくれるのかを確認しましょう。

大手の保険会社でも示談交渉が付いていない場合も案外あります

たくさんあるゴルファー保険から加入先を選ぶ際のポイントにしてください。

ホールインワンとアルバトロスはキャディさん同伴が原則

ホールインワンで保険金を受け取れるのは、キャディが同伴している場合、つまりホールインワンをゴルフ場も認めてくれる必要があります

どんな時でも受け取れると思って盛大に祝賀会を開いてしまって後悔しないように、ホールインワンやアルバトロスをした時には、まず加入先の保険会社に補償の対象になるか確認するようにしましょう

補償内容や保険料を比較し自分に合った保険に加入してください

ゴルファー保険はゴルフ中の事故しか補償となりませんが、その分年間5,000円~1万円前後で加入できます。

万が一の際にはかなりお金が掛かるケースも多いため、必ず保険には加入しておくようにしましょう。

また、ほとんど行かないという場合は1日だけ加入する保険もあったりするので、安心してゴルフを楽しむためにも、補償内容や保険料を比較し自分に合ったゴルファー保険に加入してください。(執筆者:西田 凌)