【楽天スーパーポイント】あまったポイントで気軽に投資信託 現金での投資に抵抗ある方にオススメです

「勉強がてら海外投資に挑戦してみたいんだけど現金を投入するのはちょっと…。」

と考える人は多いのではないでしょうか。

海外投資が身近になってきたとはいえ、米国株を日本の大手ネット証券で買うだけでも最低手数料だけでUS$5はかかってしまいます。

今回ご紹介するのは、投資はしてみたいが現金での投資には躊躇がある人に最適なお話です。

現金ではなくポイントで投資信託を買う方法です。

Eコマース大手の楽天グループの発行する楽天スーパーポイントは、楽天証券を通して投資信託の購入が可能です。

現金ではなく、余っているポイントで試しに投資信託を買う程度なら心理的な抵抗は少ないでしょう。

あまったポイントで気軽に投資信託

楽天スーパーポイントとは

楽天スーパーポイントとは楽天が運営するポイントサービスのことです。

ポイントは、楽天グループや楽天ポイントカードの加盟店で使えます。

楽天の各サービスを利用することにより、利用額に応じて原則1%(100円で1ポイント)のポイントが付与されます。

ほかにも楽天ポイントが貯まるお店や利用することでポイントを貯められるサービスもあるので、知らず知らずのうちにポイントが貯まっている人も多いと思います。

現金を使わずに楽天スーパーポイントで投資をはじめられる

楽天といえば日本を代表するEコマースの大手です。

楽天市場でショッピングならしたことがあるという人は多いですよね。

実は、このショッピングにとどまらず、銀行や証券、クレジットカードなど金融分野においても楽天グループは一大勢力となっています。

楽天グループにはネット証券でも大手の楽天証券が入っているため、楽天スーパーポイントを使って投資信託の購入まで可能です。

「楽天のサービスをなんとなく使っていてポイントは貯まっているけれど、使い道がない」

という人は、試しにポイントを使って投資家デビューしてもよいかもしれません。

損したところでポイントが減るだけなので、実際にお金を投資するよりも気楽にはじめられるのがメリットです。

楽天スーパーポイントで投資信託を購入できる。

《画像元:楽天証券

楽天スーパーポイントおすすめの貯め方

楽天スーパーポイントを貯める方法は多岐に渡ります。

楽天と名のつくサービスを利用すれば基本的には勝手に貯まっていきます。

私のおすすめする貯め方は次の2つです。

・ 海外旅行のホテルを楽天トラベルで予約する。

・ 普段使いのクレジットカードを楽天カードにする。

この2つを特に意識するだけで、楽天ポイントが貯まりやすくなります。

海外旅行の予約には外資系のトラベルサイトを利用しているという人が意外と多いようなのですが、楽天トラベルで予約をすると次のようなメリットがあるのです。

1. 海外ホテルの予約と実際に宿泊をすると当該金額の5%のポイントがもれなく付与される。

2. さらに1. の決済を楽天カードにすることで1%上乗せされ、合計6%のポイントが付与される。

また、普段は、クレジットカードの使える場所で楽天カードをひたすら使い続けることで、日頃の出費の1%が確実にポイントになります。

海外ホテルの宿泊予約で5%のポイントが貯まる楽天トラベル。

《画像元:楽天トラベル

楽天ポイントを上手に貯めるなら、楽天のお小遣いアプリもおすすめです。

楽天スーパーポイントの有効期限

楽天スーパーポイントには、「通常ポイント」と「期間限定ポイント」があります。

この内、通常ポイントの有効期限は最後にポイントを獲得した月を含めた1年間です。

1年あるからまだ大丈夫などと放っておくと、気づかないうちに失効していたポイントがばかにならなかったということもあるでしょう。

うっかりポイントを失効してしまう前に「貯まったポイント消化策」として、楽天市場で買い物をするという手があります。

タイミングよく買いたい物があれば、それはそれで有効な使い道だと思います。

しかしながら、買いたい物もないのにポイント消化のためにムダ買いするのは本末転倒です。

投資信託に変えてしまえば、資産としてポイントを残すことができます

楽天スーパーポイント有効期限

《画像元:楽天市場

※ ポイント投資には、期間限定ポイントは利用できません。
※ ポイント投資には、楽天スーパーポイントの利用可能上限があります。

楽天証券で買える投資信託は豊富

楽天スーパーポイントの話を抜きにしても、楽天証券は日本を代表するネット証券です。

楽天証券を開設するならコチラです↓

信託手数料が安くて有名な「eMAXIS Slim」シリーズなど人気ファンドも扱っています。

投資信託を通じて、ポイントで海外投資をすることもできます

失効しそうなポイントがある方や特に買い物をする予定がない方は、そのポイントを資産にかえてみてはいかがでしょうか。(執筆者:田守 正彦)

楽天ポイントを上手に貯めるなら↓
稼げる!楽天のお小遣いアプリはコチラです。

この記事を書いた人

田守 正彦 田守 正彦»筆者の記事一覧 (54)

フリーランスのWEBライター。教育機関やバンコクの大学で働く傍、海外投資に興味をもち20代の頃から香港やアメリカの証券口座に直接行き、口座を開いて実際に取引をしていました。得意分野は投資・教育・旅行・新しい働き方です。新しい分野にも積極的に挑戦しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう