【LINEとスターバックスが提携】最もお得に利用する方法を徹底解説

世界的なコーヒーチェーン「スターバックス」と無料通信アプリ「LINE」は、2018年12月に包括的な業務提携を締結しましたが、2019年4月9日、いよいよ動き出しました。

LINE上でスターバックスカードが発行可能となりましたが、この記事ではLINEを使いスターバックスで最もお得になる方法を徹底的にを解説しましょう。


≪画像元:Starbucks

LINE上でスターバックスカードを発行可能


≪画像元:LINE

日本では2002年から発行しているスターバックスカードですが、LINE上、またはスターバックスのLINE 公式アカウントから、簡単に「LINEスターバックスカード」を発行できるようになりました

LINEキャラクターがデザインされたスペシャル仕様のカードは、バーチャルカードでありプラスチックカードは発行されません。

スターバックスで支払う際には、LINEウォレット、またはスターバックスのLINE 公式アカウントから決済用コードを呼び出してスタッフに読み取ってもらいます

スターバックスのポイントもたまる


≪画像元:Starbucks

LINEスターバックスカードを発行すれば、スターバックスでの商品購入でスターバックスのポイントプログラム「スターバックスリワード」もたまります。

(1) 50円ごとに「グリーンスター」を1個獲得


≪画像元:Starbucks

(2) グリーンスター250個獲得で「ゴールドスター」を獲得可能に


≪画像元:Starbucks

(3) ゴールドスター150個獲得で「リワードeチケット」が発行可能


≪画像元:Starbucks

リワードeチケットは好きな商品(税別700円まで)に交換できますし、ゴールドスターになるとトッピング1点無料・オリジナルステッカープレゼントなどの特典があります

e-Tiket

LINEスターバックスカードへのチャージは「クレカ」が高還元!

LINEスターバックスカードを利用するにはチャージが欠かせませんが、

・ 店頭(現金・クレジットカード)
・ オンライン(クレジットカード)
・ LINE Pay(オンライン決済)

の3つの方法からチャージ可能です。

LINE Payのオンライン決済を使ってLINEスターバックスカードにチャージをすれば、LINEポイントもためられます

コード支払いではないので+3%はありませんが、それでもチャージするだけで0.5~2%分のLINEポイントをゲット可能です。

ただし、クレジットカードを使ってLINEスターバックスカードにオンラインチャージすれば、2%を超える還元率でチャージも夢ではありません。


≪画像元:JCB

「JCB CARD W / JCB CARD W plus L」は39歳以下が申込可能な年会費無料カードながら、JCBオリジナルシリーズで、スターバックスカードへのオンラインチャージで5.5%分のOki Dokiポイントがたまりますので、大変にお得です

ただし、40代以上の方は申し込めず、最初にJCB・スターバックスの両方で登録するのが手間かもしれません


≪画像元:d‐CARD

そんな方におすすめなのが「dカード」で、40歳以上の方でも問題なく作成できる年会費無料のカードです。

オンラインチャージをすると、4%分のdポイントがたまります

年間3万円以上利用なら「LINEスターバックスカード」、それ未満ならば「LINE Pay」がお得

LINEスターバックスカードではなく「LINE Pay」のコード支払いでもスターバックスでは決済可能ですが、どちらを使うかでカギとなるのがLINEのポイント制度です。

LINE Payでの支払い・オンライン決済などをすると、ランクに応じてポイントがたまります


≪画像元:LINE Pay

特にコード支払いに関しては、2019年7月31日までポイント還元率が通常より3%アップし最大5%になりますので、要注目です。

残念ながら「LINEスターバックスカードによるリワード」と「LINE Payのコード支払いによるポイント」は二重取りできません

ですからどちらか一方ですが、「税込年間3万円(月2,500円)」以上使うのであればLINEスターバックスカード、それ未満であればLINE Payのコード支払いがお得といえます。

税別2万7,500円(税込2万9,700円)LINEスターバックスカードを利用すれば、リワードeチケットを2枚(税込1,512円相当)ゲットでき、還元率は約5.1%と、LINEのポイント制度の最高還元率(5%)を上回るからです。

クレジットカードでLINEスターバックスカードへチャージし利用すれば「合計還元率10%」越えもあり

スターバックスとLINEの提携により、LINEスターバックスカードが誕生し、カード利用でスターバックスのポイントがたまるようになりました。

一方で、LINE Payのコード決済でも最高5%のLINEポイントがたまりますが、年間3万円以上スターバックスを利用するのであればLINEスターバックスカードの方が高還元率です

年間3万円以上利用する方も、LINEスターバックスカードへのチャージ方法によってポイント還元率が変わり、JCB CARD W / JCB CARD W plus LでチャージすればJCBのポイントが5.5%分たまりますので、合計還元率10%越えも夢ではありません。(執筆者:角野 達仁)

LINEスターバックスカードにチャージするなら、お得です↓

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁»筆者の記事一覧 (252) http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
ラインとスタバ最もお得に利用する方法
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ