レンジで簡単60秒! 100均ダイソーの「オムレット型」でホットケーキを作ってみた

ホットケーキは昼食や、休みの日の朝食に作ると子どもたちが大喜びします。

ホットケーキミックスを常備していても、卵と牛乳と合わせて混ぜて、フライパンでじっくり焼いて…という手間が面倒だと感じるズボラ主婦の筆者は、ホットケーキを作る気がなかなか起きません。

そこで今回は、ダイソーで販売されているレンジでオムレット(ハート型)で本当にホットケーキがおいしく作れるのか検証してみました。

ダイソーのレンジでオムレット

材料を混ぜてレンジでチン

かわいいハート型

構造はいたってシンプルです。

プラスチック製の型で、筆者はハート型を購入しましたが、蝶々型も販売されていると聞きました。

ホットケーキを作る準備

作り方も普通にホットケーキを焼くときとなんら変わらず、ホットケーキミックスと牛乳、卵を入れて混ぜるだけです。

ここは筆者に似て面倒くさがりな我が家の子どももお手伝いに積極的です。

ハート型に流し入れます

薄くバターを塗った容器に流し入れ(節約のためマーガリンで実践)、空気の泡を出すために、数回トントン容器をたたきます

あとは電子レンジで60秒チンするだけです。

我が家は500Wだと半生だったので、600wで1分の加熱にしました

出来栄えはというと…

電子レンジでチンしたあと

想像以上に「ふわっふわ」な仕上がりです。

カップにミックス粉が入っていて水を入れて電子レンジでチンするだけでカップケーキができるものがありましたが、イメージとしてはそんな感じです。

この時点で甘いいい香りが漂ってきています。

改善を願う気になる点

レンジでチンするだけで「ふわっふわ」なホットケーキができるのは、主婦としてはとてもうれしいところですが、商品名である通り「オムレット」にするには少々厚みが出てしまいました

少し厚みがでてしまう

流し入れる生地の量を減らして再チャレンジしたものの、やはり「ふわっふわ」なので、クリームやフルーツを挟んでオムレットにするのは断念しました。

また、型の溝に生地がくっつき残り、取り出しにくいです。

せっかくかわいいハート型なのに…と何度かチャレンジしましたが、なかなかうまくいきませんでした。

生地がくっつきはがしにくい部分もある

使い終わって洗う際に、溝に詰まった生地が取れにくいのも、改善を願う点です。

スポンジでは落としにくいので、綿棒やつまようじで取り除く必要があります

これはきっと、きれいにホットケーキを取り出せた方なら問題ないかと思いますが、筆者のような不器用さんは頭の片隅に置いておいていただければ…と思います。

3. フライパン要らずなのは高評価 アレンジも可能です

フライパンのいらないホットケーキ

「ふわっふわ」なホットケーキを、マーガリンとメイプルシロップで食べた子どもたちからは高評価です。

主婦的な目線でも、レンジでチンだけで済むこと、フライパンに火にかけキッチンに立ちっぱなしの時間がないことは評価に値すると感じました

また、ドライフルーツやスライスアーモンドを混ぜ込んでアレンジしたり、ココアパウダーを入れ混ぜてココアホットケーキも作れるな…と思いました

今回は、家にあったチョコチップを混ぜ込んでチンしてみました。

アレンジも簡単にできる

こちらも見事に「ふわっふわ」。

ついつい作るのが億劫になってしまいがちだったホットケーキを、電子レンジで簡単に作れるとなり、我が家の土日の朝食はこの「レンチンホットケーキ」が主流となりました。

カットしたバナナと生クリームを添えてパンケーキ屋さん気分を我が子と味わっています

皆さんもぜひ、ダイソーでチェックしてみてくださいね。(執筆者:三浦 希枝)

この記事を書いた人

三浦 希枝 三浦 希枝»筆者の記事一覧 (103)

前職は海上保安庁に所属し、船舶料理士とヘリコプタ―降下員として勤務。退職後、フリーライターになり4年目に開業。子連れ離婚そして再婚を経て、二児のママとして仕事との両立を図っている。Webライティング講師業もはじめ、活動の幅を広げている。趣味は時短、節約。特技は水泳(インターハイ出場経験有!)
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
レンジで簡単クッキング
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ