車のトラブルは結構多い

車のトラブルはけっこう多い

日常的に車の運転をしている人なら1度は経験があるかもしれません、バッテリー上がり、ガス欠、脱輪、パンク、キーの閉じ込み…。

私はここ5年で、バッテリー上がりと脱輪とパンクを2回ずつ経験しました。

ちなみにさらにさかのぼれば、ガス欠2回、キーの閉じ込み1回…。

こういったトラブルに見舞われると若干のパニックになり、とっさに思い浮かべるのは家族や友人の顔です。

しかし大抵はすぐに駆け付けてくれそうな人は思い当たらず、自動車屋さんに連絡します。

車の保険加入っていい加減

車の保険については、医療保険やがん保険等のように細かく内容を吟味して加入するという感覚のない人が多くいます。

めんどうくささが先立って、担当者に任せっきりだったり「これまでと同じで!」の一言で済ませると、担当者もさっさと手続きを済ますだけで、保障内容を改めて説明しない延長でロードサービスのことなど告げないでしょう。

実際、私も保険の仕事にたずさわる前はロードサービスの有無自体認識がなく、自動車屋さんに助けていただきました。

ロードサービスを知っておくと安心

そんな私が仕事で保険にたずさわるようになって身に付けた条件反射、それが、「車の保険のロードサービスを呼ぶ!」です。

しかし、予期せぬトラブルが起きた時、とっさにロードサービスを呼べるかはわかりません…

今回はあらためて車の保険のロードサービスについて説明します。

皆さんの意識にぜひロードサービスを植え付けてください。

ガス欠や脱輪などには無料で対応

ロードサービスのお姉さん

ロードサービスは有料の特約を付けてサービス内容を拡大できますが、ここでは無料で受けられる(自動で付いてくる)ものをご紹介します。

トラブルに見舞われた時、加入している保険会社に連絡をすると、保険会社が提携している自動車屋さんの中から現場に最寄りの自動車屋さんを選んで、現場に急行させてくれます。

無料で提供してくれるサービス

・ バッテリー上がり → バッテリーを充電
・ ガス欠 → ガソリン10Lを提供
・ 脱輪 → レッカーによる引き戻し
・ パンク → スペアタイヤに交換
・ キーの閉じ込みや紛失、盗難 → ドアの開錠

冒頭でご紹介した私のトラブル、その内の1つは脱輪の衝撃が大きくてタイヤがパンクしてしまったのですが、自動車屋さんがタイヤをレッカーで引き戻した後、スペアに交換してくださいました。

サービスの条件

・ それぞれ1年に〇回といった回数制限あり
・ 自宅(車庫や敷地内)でのガス欠はサービス対象外
・ 脱輪の引き戻しは、タイヤ1本の場合のみ

保険会社や契約内容によって回数や条件に多少の違いがありますので、ぜひ一度ご確認ください。

また車の保険は、それを使うと次回更改(更新とは言わず更改と言います)する時に保険料が怖ろしく値上がりしますが、ロードサービスは保険料に全く影響しません

従って、もしも上記のようなトラブルに見舞われた時は、即、保険会社に連絡してロードサービスを要請しましょう。(執筆者:金澤 けい子)