葬儀社のホームページを見ていると、「家族葬50万円プラン」や「一般葬80万円プラン」などの商品プランが目に飛び込んできます。

葬儀を執り行うためには、大小さまざまな品目が必要となります。

しかしそれらを1つ1つ選んでいる時間の余裕がないために、葬儀社側で、予算別、規模別に、商品プランをパッケージングしています

しかし、気をつけなければならないのはセットプランの内容だけで葬儀ができるわけではないということです。

セットプランの中にどの品目が含まれているか。

それ以外にどの品目が含まれておらず別途必要になるのか。

後悔のない葬儀を執り行うために、こうしたことを事前に把握しておくのが望ましいでしょう

セットプランだけで葬儀はできません

葬儀費用は主に3つに大別できる

葬儀費用は主に次の3つに大別できます

葬儀基本料金

祭壇、棺、寝台車、ドライアイス、自宅用祭壇など、葬儀を執り行うための基本費用がこれに当てはまります。

主に葬儀社がセットプランにパッケージする部分です。

接待交際費

料理や、会葬御礼品など、参列者へのおもてなし費用がこれにあたります。

接待交際費は参列者の人数によって変動するという性格があります。

宗教者への謝礼

お布施や御車代や御膳料など、宗教者への謝礼の費用です。

本来これらはいわゆる「お気持ち」のものなので、一般的な相場、寺院との距離感、故人への思い入れなどから金額を決めていきましょう。

セットプランに含まれるものは「葬儀基本料金」

葬儀基本料金にふくまれるもの

セットプランに含まれるのは、葬儀基本料金に該当するものです。

主な品目は、祭壇、棺、棺用布団、寝台車、枕飾り、後飾り、ドライアイス、遺影写真、受付用品、スタッフ人件費などがあります。

これらをひとつひとつ選んで行くのはとても大変なことです。

セットプランにしておくことで、喪主は自分たちの希望のスタイルのプランを選ぶだけで済み、大変楽なのです。

また、式場費や火葬料金は含まれている場合と含まれていない場合とがあります

家族葬の普及から、料理や返礼品もセットプランに含まれることも

接待交際費はそもそも数量が変動しがちのものなので、プランに含みにくいものでした。

しかし、最近は家族葬で葬儀を行う家が増え、参列者数をある程度把握できるため、料理や返礼品も「10人分」というような形でプランに含む葬儀社が増えています

プランに含まれないものを把握して、総費用を考えよう

「家族葬50万円プラン」を選んだからといって、50万円で葬儀ができるわけではありません

実際の葬儀ではプランに含まれていないものの出費も求められます。

代表的なものに料理や返礼品、僧侶へのお布施など、式場費、火葬料、収骨容器、その他のオプションサービスなどがあります

葬儀社が提示するプランをじっくりと見て、どれだけのものが含まれていないのか見極めが必要です。

その上で、葬儀社に相談して、実際に喪主が用意しなければならない総費用がどれくらいになるのかの概算を出してもらいましょう。(執筆者:五十嵐 信博)