「シニア」の記事一覧»マネーの達人

「シニア」の記事一覧

ケアマネージャー経験7年 必ず聞かれる質問「ケアマネージャー」ってなに?お金はかかるの??にビシっと答えます。

Q1 ケアマネージャーってなに? 「身体能力が低下し、リハビリに行きたい」 「ヘルパーさんを利用したい」 そんなときに、近所にある事業所に駆け込んでもすぐには利用できません。 まずは「ケアマネージャー」を探さないといけま・・・

節約・貯金の基本「大きなものから」は相続や葬儀に関しても言える 節約の努力を水の泡にしないために

節約や貯金を何のためにしていますか? 皆さんは、節約や貯金を何のためにしますか?  ・ 旅行に行きたい ・ 欲しいものがある ・ 子どもの教育のため ・ マイホームを持ちたいから ・ 老後が不安だから いろいろあると思い・・・

「誰も住まなくなった実家」を売るメリット・デメリット 人生にプラスとなる売り方は?

誰も住まなくなった実家を相続すると、多くの方がご検討されるのが「売る」という手段。 「利用しないのだから持っていてもしょうがない」 というのは、ごもっともなご意見で、それならば換金した方が良いだろう、と想うのは、実に自然・・・

介護保険費用が2割負担になる人の条件は? 今後は3割負担へ引き上げも

介護保険サービスの利用料金って、利用料金の何割かご存知ですか? 「1割」か「2割」という、家庭のおいての経済負担には優しい設定になっています。 しかし、当初は1割だったのですが、いつのまにか2割負担になっている人もいます・・・

「少額短期保険」は料金が安く種類も豊富 必要な時期に、必要な保障がつけられます

はじめに 日本人の約8割は生命保険に加入しています。 これまで男性の加入率の方が高かったのですが、現在は男性の全体平均は80.6%、女性の全体平均は81.3%と女性の加入率が高まっています。 また、年代別に見ると保障が必・・・

介護疲れで共倒れにならないための「ショートステイ」 嫌がる方に利用してもらう対応法とは

在宅介護を続けていく中で、大きな問題点として「介護疲れ」があります。 特に仕事と介護を両立させながらというのは非常に難易度が高く、常に同じ状況が最期まで続くとは限りません。 ショートステイを嫌がる本当の理由を聞き出す ま・・・

「介護離職」する前に考えたい「公的支援、収入源の確保、再就職」について

親の介護を理由に職場を離職する事例が現在増えてきています。 今現在住んでいる家に親を呼ぶのではなく、もともと馴染みのある地方の実家での介護を決めた場合、仕事を転職することが一般的です。 現在の職場に介護に対する理解が深く・・・

もっとスキルアップしたいあなたに 来年(平成30年1月)から支給率や上限額が拡充される「専門実践教育給付金」を活用しよう

もっと専門の仕事に就きたいけど、資格や専門教育が必要ということで費用面などで躊躇されていた方や今までの経験やスキルをバージョンアップさせてセカンドライフを生きがいのあるものにしたい方に朗報です。 平成30年1月1日以降に・・・

介護費用を上手に抑えている家庭の事例を2つ紹介します

介護にかかる費用というのは、1割(または2割)の自己負担が必要になるため、介護サービスを多く利用していたりすると負担金額は増えていきます。 しかし介護費用を無理に抑えようとすると、逆に家族に負担が重くなってしまい、元も子・・・

「有料介護老人ホーム」は3種類ある 費用や入退居条件の違いを比較

自分の親を介護することになった時、有料介護老人ホームという選択肢があります。 数多く存在する介護施設の中の一つですが、有料介護老人ホームは現在3種類あります。 この種類の違いと費用の差を知っておくことにより、現在必要とし・・・

このページの先頭へ