「シニア」の記事一覧»マネーの達人

「シニア」の記事一覧

【アラフォー独身女子】「一生賃貸暮らし」に必要なお金はいくら? 必要資金の計算方法と効率的な資産運用を解説(都内編)

別の記事で「一生賃貸暮らしとマンション購入した場合」の比較をしましたが、筆者が個人的に、アラフォーの独身女子におすすめするのは賃貸暮らしです。 確かにトータルコストでは、マンションを購入するより賃貸の方が損に感じるかもし・・・

親が認知症になる前にやっておきたい「お金」のこと3つ 事前の対策なしでは後々面倒になることも

親が認知症になるということ

親が認知症になるということ 親が認知症になることをイメージしたことはありますか? 初期症状では物忘れから始まり、最終的には人格が崩壊するほどまで進行する場合があります。 こうなると、自分のコトを自分で出来なくなるのは勿論・・・

4か所のフォーマル売り場で店員に聞き込み 「10年以上着られる喪服の選び方」4つのポイント

喪服の購入 女性のみなさん、洋装の喪服はお持ちですか?  若いうちはそれほど葬儀に参列する機会はありませんが、40代以上になると急にその機会が多くなります。 突然の訃報でも慌てないよう、まだ持っていない人はぜひ喪服の購入・・・

老後が不安で貯金する日本人、しないイギリス人 日本とイギリスの「人生の価値観」はこんなに違う

日本人は老後を心配して貯金をする人が多い傾向があります。 しかし老後に一体何を不安に思うのでしょうか? 実はこの質問は漠然としていて、特定の答えはなく、何となく不安と感じている日本人が多いのです。 今回は、イギリスと日本・・・

定年退職後どこで暮らすか 「地方」「都会」「海外」3パターンそれぞれの長所、短所、使える制度やサービスを徹底解説。

老後の住みかを考える リタイア後は職場に毎日通うことがなくなるため、「どこに住んでもいい」という状態です。 もちろん、住み慣れた土地がいいという人も多いかもしれません。 それでも、せっかく選択肢が与えられ、少し俯瞰して考・・・

「介護保険制度」を利用して住環境を整える。要介護度1でトイレと玄関に手すりを付けたら自己負担は2,600円。

住宅改修とは 自宅で介護をしていると、何かと不自由に感じることがあります。 昔ながらの家には段差が多く、歩行の障害になることもあります。 トイレの便座に座って立ち上がるとき、壁に手すりがあれば便利だと感じることもあるでし・・・

【介護保険の住宅改修】費用と保険対象 「介護される側」、「介護する側」の負担を軽くするリフォーム。

介護保険における住宅改修の種類と内容 労働省のホームページにある「介護保険における住宅改修(pdf)」の 住宅改修の種類から紹介します。 ・ 滑りの防止および移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更 浴室は非常に・・・

相続の節税対策は相続税だけでなく「所得税」も! 国保や扶養への影響する場合も

平成27年以降の相続税基礎控除額4割減の影響で、相続税対策が一種のブームとなってアパート経営が流行りアパートが乱立しましたが、相続の際に発生する税は相続税だけではありません。 不動産の名義書換の際に発生する不動産取得税や・・・

相続実務は想像以上に面倒 一括代行してもらえる「遺言信託」とは

そもそも遺言信託とは 遺言信託とは、いわゆるメガバンクの商品ではなく、信託銀行が得意とする商品です。 ある方が亡くなられた際に、その方の預金、不動産、有価証券、保険といった資産を相続人に配分していく必要があります。 この・・・

特別養護老人ホームの費用を少しでも安くする「介護負担割合限度額認定証」と「利用者負担の軽減制度」

特別養護老人ホームの現状と料金 施設介護の中で人気の高い特別養護老人ホームですが、待機者がとても多いのが現状です。 保険料を払っても、受けたいサービスが受けられず、利用者や家族から全国的に不満の声が上がっています。 費用・・・

このページの先頭へ