「シニア」の記事一覧»マネーの達人

「シニア」の記事一覧

【40年音信不通の父】消費者金融から届いた手紙で知る、死と借金。相続人である娘のするべきこと。

40年間音信不通の父 父親のことで40年ぶりに来た手紙をもって、相談者の話です。 母が離婚し3歳の時に別れ、行方不明だった父親のことで40年ぶりに来た手紙は 消費者金融からの「借金のお知らせ」 でした。 父は消費者金融か・・・

尊厳ある「看取り」を考える 施設での「看取り加算」が創設された経緯とは  

高齢化がますます進みそのあとに来るであろう「多死社会」が予想されるため、高齢者が最後の時をどこで迎えるのか、希望の「看取り」を行うための場所はどのようにしたら良いのか、国としても検討しています。 終末期を介護施設で迎える・・・

「個人型確定拠出年金(iDeCo)」加入中に本人が死亡したらどうなるの?

拠出時、運用時、給付時とさまざまな税制上のメリットが大々的に強調され、私的年金として個人型確定拠出年金(iDeCo)に注目が集まっています。 もちろんその目的は老後準備ですが、案外語られていないのがその加入者死亡時の取扱・・・

親が「認知症」になり株が売れない! 事前にできる対策があります

はじめに FPとして「老後のお金について」をお話させていただいている中で老後の暮らし方やホームへの入居費用について等のご相談が多いです。 ご両親が健康なうちでしたらプランニングがスムーズに行えるのですが、急なご病気やアク・・・

【確定申告】贈与税申告の特例は「期限内」に行わないと無効になるものもあります

還付申告は5年間有効であり、平成29年分確定申告書等作成コーナーにおいても、平成25年~28年分の確定申告書も作成できるようになっています。 ただ期限内申告を行わないと、還付額が減額されるケースもあります。 また贈与税申・・・

「人生100年時代」のセカンドライフには夫婦で最低3000万必要 50代で「60歳以降の自分のキャリア」について考える

「人生100年時代」 最近、耳にするようになった。 一昔前は60歳以降のことを「老後」と言っていたが、最近は「セカンドライフ」と言われるようになっている。 60歳以降もう1つの人生が待っているのだが、今までの考え方で問題・・・

「捨てられない世代の親」に老いを感じたとき。気持ちを尊重しながら片付けをすすめるポイント。

親に「老い」を感じるとき 親に老いを感じたとき、不安を抱く人は少なくないでしょう。 それでも今が元気なら、 さて何ができるのか と悩むことはないでしょうか。 親の老後の暮らしは、ご自身の暮らしにも関わってくることがたくさ・・・

「介護離職」は最終手段 「気力」「体力」「財力」を奪われない介護をするためのコツ。

介護には「気力」「体力」「財力」が必要 介護をしていく上では、気力、体力とともにお金も必要です。 介護サービスを利用するのであれば、その費用の1割か2割を負担しなければいけないですし、介護サービスにかかるお金以外にも、も・・・

「介護費用」のことで困った時に、的確なアドバイスをもらえる機関はどこ?

家族を介護していかなければならなくなった際に、その費用で頭を悩ませてしまうことがあります。 いざという時、困ったあなたの相談に乗ってくれるのは、いったい誰なのでしょうか? 介護に関する費用で困った時に相談できる機関につい・・・

介護保険のサービスが受けられるのは、どんな状態の時? 介護保険料や申請方法について徹底的に解説

妻の介護に疲れて、報道に疲れて、引退表明した小室哲哉さんにショックを受けた方も多かったのではないのでしょうか? 人生80年の時代となり、身近に介護の大変さを聞くことも多いのではないでしょうか? 「介護する立場にならなけれ・・・

このページの先頭へ