「シニア」の記事一覧»マネーの達人

「シニア」の記事一覧

毎日の「介護」で節約できる3つのポイント 介護の節約は「ほんの少しの気づき」から。

毎日の介護の中で節約できるポイント

ご自宅で介護を頑張っている人、施設にお願いしている人、自分自身が介護サービスを利用しながら生活している人、状況はさまざまですが、介護には費用がかかります。 介護保険は医療保険とは異なり、 介護サービス利用料を支払いながら・・・

空き家の対処法は相続放棄か賃貸・売却 住宅診断の新制度活用もおすすめ

どうする?空家問題

現代の日本に広がる深刻な空き家問題 日本は少子化に伴い、実家を相続したものの住む者もおらず、固定資産税が上昇してしまうため、取り壊すこともできないといった空き家が多く発生しています。 しかし空き家は適切に管理しないと倒壊・・・

【老後2000万問題】自助推進のウラで進む新たな非課税投資 NISAやiDeCoは変わるのか?

iDeCo制度改正の可能性

老後資金として2,000万円必要だという試算を出した金融庁の報告書が、年金制度への不信感を増幅させたとして、参院選を控えた政界が揺れています。 反感を買っている理由の1つにこの2,000万円を自助努力・自己責任で形成しよ・・・

老後資金問題「自助」の提案 物価が安く金利が高い海外滞在でお金を殖やす

老後2,000万円問題レポートこと「高齢社会における資産形成・管理」報告書(pdf)はいろいろ批判されてはいますが、興味深い提言も多くとても示唆に富んだ内容だと思います。 問題になったこの2,000万円に関しても、確かに・・・

【葬儀まとめ】墓じまい、納骨堂の選び方や費用について

少子高齢化が進み「お墓」も引き継ぎにくい時代になりました。 お墓を守る人がいなくなったり、遠方にあって定期的に手入れができなくなったり、墓参りが途絶えてしまうことがでてきてしまいます。 墓じまいとは現在あるお墓を撤去して・・・

老後資金に不安を感じているなら、「ライフプラン作成」で過不足の状況を確認

金融庁がまとめた報告書では、年金収入とは別に2,000万円の資金が必要との試算が示されました。 ですがこの試算は、単純なモデルケースをもとに行われており、後に事実上の撤回に追い込まれました。 しかし、年金収入だけで老後の・・・

【老後資金】本当に必要なのはいくら? あなたの公的年金の額、老後資金を試算する方法

金融庁の報告書が物議を醸し「老後2,000万円不足」と騒がれていますが、この数字は家計調査の結果から算出された金額で、一人ひとりの老後生活設計においてはあまり意味がありません。 報告書にも「この金額は、あくまで平均の不足・・・

【老後資金2000万円の解決策】大きな固定費(保険・ローン)を削る方法と、信頼できるFPをみつける2つの質問

金融庁の金融新議会のワーキンググループの報告書を巡って大騒ぎになり、老後に不安を感じている方がいらっしゃるかもしれません。 報告書のいう必要貯蓄額を把握して不足分を自助努力で補うべきだというのは正しいのですが、「老後資金・・・

【老後資金の準備】まずは退職金と定年退職時の住宅ローンの残高を「見える化」せよ

金融庁が2019年6月に発表した、金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書(pdf) 「高齢社会における資産形成・管理」によると、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)は、収入と支出の差によ・・・

ビートたけしさんの離婚報道から考える 熟年離婚は相続税対策になるのか?

別居しても生活費の支払い義務があります 第七百五十二条 夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。(同居、協力及び扶助の義務) 同居できない事情ができても、扶養義務を負います。 第七百六十条 夫婦は、その資産、収・・・

このページの先頭へ