※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事【30名に1000円分のQUOカードプレゼント】マネーの達人LINEアカウントを登録して1,2分のアンケートに答えるだけ!

安価でできる正しい「入れ歯のお手入れ」で健康を手にいれよう!

シニア 介護
安価でできる正しい「入れ歯のお手入れ」で健康を手にいれよう!

高齢の方は、部分入れ歯や総入れ歯を使用している方が多いのではないでしょうか。

入れ歯のお手入れなど、自己流で行っている方も多いです。

不適切な入れ歯のお手入れをしていると、入れ歯が変形し合わなくなってしまうことがあります。

合わなくなった入れ歯を使い続けていると、食べ物をかむ力が弱ってしまいます

かんで食べる為に、入れ歯を使っているのに、逆にかみづらくしているという本末転倒な状態になってしまいます。

安価でできるお手入れやグッズで高価な入れ歯をずっと使い続ける方法をみていきましょう。

正しいお手入れで健康

正しいお手入れ

入れ歯を長持ちさせる為には、正しいお手入れをすることが大切です。

入れ歯のお手入れ方法を変えること自体は、無料で簡単にできます。

  1. 入れ歯のお手入れは、基本的に食後に行います。

  2. 流水下で、義歯用ブラシか普段使っている歯ブラシを使って、やさしく磨きます。

    普段使っている歯磨き粉を使うと、研磨剤の成分によって入れ歯に傷がついてしまいますので使用しません。

  3. ある程度磨けたら、食べかすなどの磨き残しがないか、チェックしましょう。

  4. 入れ歯洗浄剤を使う場合には、適切な溶液にするために洗浄剤を溶かす水量をきちんと守り、決められた洗浄時間以上にはつけ置きしないようにしましょう。

いつものお手入れ方法を少し変えるだけで、入れ歯を傷つけない、長持ちさせるお手入れができます。

入れ歯や口の中をよい状態に保つ為にも、お手入れのポイントを意識して行うようにしましょう。

参照:八島歯科クリニック 入れ歯の清掃について

お手入れの助けになるグッズ

入れ歯は義歯用ブラシで磨くと、入れ歯を傷つけず、細かい部分を磨きやすくなります。

義歯用ブラシを選ぶ際には、やわらかめで、大きいブラシと小さなブラシがついている物を選ぶと、入れ歯を傷つけることなく平らな面と細かい面の両方をうまく磨くことができます。

持ち手部分が太いほうがしっかりとブラシを持つことができます。

高齢になると目が見えにくい、手に力が入りにくい等で、細かい作業が苦手になる方もいます。

持ち手が太く、2種類のブラシが付いた義歯用ブラシであれば、うまく入れ歯を磨くことができます。

価格も、普通の歯ブラシとあまり変わらず、安価ですので、入れ歯をうまく磨けないなどの、入れ歯のお手入れでお悩みがある場合には1度、義歯用ブラシを使ってみることをおすすめします。

おすすめの義歯ブラシ:LION ライオデント義歯ブラシ



ライオデント義歯ブラシ 1本
¥554
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

保存方法にもひと工夫を

昼寝や夜の就寝時に、入れ歯をティッシュにくるんで置いておく高齢者もいますが、そのままうっかり捨ててしまったという失敗談などは、よく聞きます。

入れ歯を外しておくときは、乾燥しないように水につけておくことが必要です。

昼寝などで入れ歯を外し水につけおきする際には、その時間を利用して、入れ歯洗浄剤につけおきし、除菌などを行うことをおすすめします

おすすめの入れ歯洗浄剤:デントパワー義歯洗浄剤



[入れ歯洗浄剤] デントパワー 5ヶ月用 (NEW) - DENT POWER …
¥1,780 (¥89 / 袋)
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

カビを99%除菌することができ、つけおき時間も15分から一昼夜つけることができます。

家族が入れ歯の管理をしている場合、忙しくてついつい、つけおき時間が過ぎてしまったということがあります。

デントパワーの場合にはこのような失敗を防ぐことができます。

洗浄液は、約1週間使うことができるお得な商品です。

入れ歯を毎食後お手入れしいるからと、きれいになっているように見えても細かい部分やお手入れしにくい部分がきれいになっていない時があります。

細菌の繁殖を防ぐために、入れ歯洗浄剤の使用がおすすめです。

正しい手入れでオーラルフレイル予防

食べることは、生きていくことに必要というだけではなく、楽しみを伴う行為です。

うまく噛めなくなってきたからとやわらかい物ばかりを食べていると、かむ機能がさらに低下し、ますます噛めなくなるというオーラルフレイルのサイクルにつながっていきます。

画像元:一般社団法人 日本老年歯科医学会 事務局

オーラルフレイルに陥っている場合、要介護認定や身体的フレイルなどのリスクが高まることが分かっています。

正しいお手入れにより入れ歯を快適に使用することでかむ力を保ち、身体的な弱りを防ぐことができます。

入れ歯は、保険診療で作ることができますが、壊れてしまった場合に、歯型を取った日から6か月間は、新しい入れ歯を保険診療で作ることはできません

自費で作る入れ歯は、保険診療で作成したものよりも、機能や耐久性にこだわることができますが、その分とても高額になります。

入れ歯や口の中を清潔に保つことは入れ歯の作り直しなどを防ぐほか、オーラルフレイルを予防し、健康にもつながります

《佐々木 政子》
この記事は役に立ちましたか?
+0
佐々木 政子

執筆者:現役老人ホーム施設長 佐々木 政子 佐々木 政子

ケアマネージャーを7年経験して、現在は現役で老人ホームの施設長を務める介護のプロです。女性ならではの目線も入れながら、介護に悩み困り不安を持つ皆さまにお役立ち情報を提供していきたいと思います。我が家の親も要介護者です。同じ目線で不安と戦っていきましょう! 寄稿者にメッセージを送る

今、あなたにおススメの記事

編集部おすすめの記事