10/18の最得決済

1位:JCB 2位:三井住友カード / 4コマ漫画(3回目)

【楽天ペイ決済】スーパーポイント5%還元 ポイントを最大化する方法と、7つの注意点解説

楽天のスマホ決済サービス「楽天ペイ」では、楽天ペイアプリに設定した楽天カードの支払いが5%還元されるキャンペーンを9月30日まで実施しています。

キャンペーンの詳細、キャンペーンの注意点、同時期に開催されるほかのキャンペーンとの比較なども紹介します。

楽天ペイ5%還元キャンペーン

≪画像元:楽天ペイ

「楽天ペイで最大5%還元」キャンペーンの概要

9月30日までにキャンペーンにエントリーし、楽天ペイアプリの支払いを楽天カードに設定したうえで、楽天ペイアプリで決済すると、支払い金額に対して楽天スーパーポイント最大5%還元されます。

還元率1.5% → 5%と、以下のようにアップします(上限は5,000ポイント)。

楽天ペイキャンペーン還元率

同時開催中のキャンペーンも魅力的

楽天ペイポイントプレゼントキャンペーン

≪画像元:楽天ペイ

楽天ペイでは他にもキャンペーンを実施しています。

楽天ペイを使ったことがない方に向けて、対象のコンビニで合計500円(税込)以上の支払いで400ポイント、対象のドラッグストアで合計500円(税込)以上の支払いで400ポイント、合計800ポイントプレゼントのキャンペーンを8月1日まで実施中です。

また、楽天ペイを初めて利用した月の支払いが5,400円(税込)以上でもれなく1,000ポイントをプレゼントのキャンペーンも実施しています。

前者は「6月のワクワクペイペイ」や「7月11日からのセブン-イレブンキャンペーン」を意識していますね。

キャンペーンの最強店舗は「ポプラ」

コンビニエンスストアのポプラ

≪画像元:ポプラ

今回紹介した3つのキャンペーンを最も効率よく活用できるのが、コンビニエンスストア「ポプラ」です。

例えば、5%還元キャンペーン中にポプラで1,000円(税込)の買い物をすると、以下のように楽天スーパーポイントを効率よく貯められます

5%還元キャンペーンを使えば、ポプラでのお買い物が約6.9%還元です。

楽天ペイキャンペーン還元率・ポプラ

楽天ペイに紐づけしている楽天カードには、「楽天ポイントカード」機能も搭載されているので「楽天カード提示 = ポイントカード提示」ということです。

楽天カード

≪画像元:楽天カード

「楽天チェック」は対象店舗に立ち寄ってチェック操作をするだけで、楽天スーパーポイントが貯まる無料アプリです(付与ポイント数は店舗によって異なります)。

ポプラの楽天チェック

≪画像元:ポプラ「News Release(pdf)」≫

ポプラは

「楽天チェック + 楽天ポイントカード提示 + 楽天ペイで支払い + 楽天カードで引き落とし」の4重取りができる

お店として有名ですが、今回のキャンペーンでさらにパワーアップしています。

加えて、同時開催されている2つのキャンペーンも併用すれば、

キャンペーン併用の楽天ポイント付与一覧表

となり、1,000円の買い物で合計1,469ポイント獲得できるのです。

キャンペーンの7つの注意点

ここからはキャンペーンの注意点について説明します。

1. キャンペーン参加にはエントリーが必要

今回紹介したキャンペーンに参加するには、いずれもエントリーが必要です。

楽天ペイ利用後にエントリーをしてもキャンペーンに参加可能ですが、エントリーを忘れないでください。

2.「5%還元キャンペーン」には、楽天カードを引き落とし方法に設定する必要がある

今回の5%還元キャンペーンでは、楽天カードを引き落とし方法に設定しなければなりません。

楽天スーパーポイント、楽天キャッシュでの支払いは対象外です。

3. 楽天ペイで支払えない商品がある

クレジットカードや電子マネーと同様に、楽天ペイでも支払えない商品があります

店舗によって支払不可の商品は変わってきますが、例えば「ポプラ」では以下の商品が支払いの対象外です。

・ 料金収納代行
・ 切手、印紙、はがき
・ ギフトカード、プリペイドカード
・ チケット、回数券
・ 宅配便の取り次ぎ
・ 自治体指定のごみ袋、ごみ処理券(一部地域除く)

「確実に使ってどこで買っても値段が同じであるごみ袋でも買っておくか」と考えている人もいるでしょうが、楽天ペイは使えない可能性が高いので、利用するお店に確認するといいでしょう。

4. コンビニでは「4,000円/日」が上限

「たばこは買えそうだからまとめ買いしておこうか」と考えている人もいるでしょうが、コンビニでは「4,000円/日」の上限額が設定されていますので、コンビニでのまとめ買いは1カートンもできません。

何日かに分けて買うか、コンビニ以外のお店を利用するとよいでしょう(楽天ペイの通常の上限は50万円/回)。

5. ポプラの店舗が少ない

今回のキャンペーンで最強のお店ともいえる「ポプラ」ですが、23都府県に475店舗しかないので探すのに苦労するでしょう。

また、山陰地方で展開しているダブルブランド店「ローソン + ポプラ」の中身はローソンなので、楽天ポイントカード提示でポイントが貯まりません

ローソン + ポプラ

≪画像元:ローソン

6. 還元されるポイントは期間限定ポイント

キャンペーンによって異なりますが、還元されるポイントはいずれも還元されてから1か月程度を有効期限とする「期間限定ポイント」です。

また、利用目的も限定され、他のポイント移行ができないため、ANAの陸マイラーには残念ですが、楽天ペイ利用可能店舗・楽天市場・楽天ポイント加盟店などで期間限定ポイントを消化するとよいでしょう。

7. セブン-イレブンのキャンペーンの方が高還元

セブン-イレブンPay3社合同キャンペーン

≪画像元:セブン-イレブン・ジャパン「NEWS RELEASE」≫

還元率だけ見れば、セブン-イレブンで7月11日から実施される「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」の3社合同「最大20%戻ってくる!キャンペーン」(各社1,000円が上限)の方がお得です。

近くにセブン-イレブンがない方、3社合同キャンペーンを早々と使い切りそうな方は、楽天ペイのキャンペーンをローソン・ポプラなどで利用するといいでしょう。

息の長いキャンペーンなので使い過ぎは禁物

今回の楽天ペイのキャンペーン、9月30日までと息の長いキャンペーンです。

上限も5,000ポイントと、5%還元だと使い切るのが大変かもしれません。

キャンペーンだからといって還元される以上の無駄遣いをすると本末転倒なので、注意してください。(執筆者:角野 達仁)

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁(かどの たつひと)»筆者の記事一覧 (327) http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう