10/16の最得決済

1位:三井住友カード 2位:JCB / 今日は年金支給日 / 4コマ漫画(3回目)

投資信託は「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」1本でいい

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

情報が多すぎて選びきれない

「今年からつみたてNISAを始めるんだけど、投資信託はどれを選んだら良いだろう」

「いろいろ調べてみると情報が多すぎて選びきれない」

そう悩んでいる人は多いと思います。

筆者はインデックス投資を10年以上続けており、現在の投資環境をうらやましく思っています。

本記事では、たくさんありすぎて選べないという人へ向けた確実な1本を紹介いたします。

商品名はeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

その名の通り全世界の株式へこれ1本で投資ができます。

あとは個人のリスクに応じて、現金との比率を管理すれば投資に関しては放ったらかしで大丈夫というもの。

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の特徴

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)を推奨する大きなポイントは3つです。

1. 1本で全世界の株式に投資が可能
2. 信託報酬が超低コストで0.15336%
3. つみたてNISA取扱商品

1. 全世界の株式にこれ1本で投資が完了

この商品だけで個人投資家は頭を悩ませることがなくなります。

全世界の株式へ投資するため、大勝はできませんが常に平均を取ることができます。

昔は全世界の株式へ投資をするには海外ETFを使うしか方法がありませんでした。

また、信託報酬も安いため、本当にこれ1本で投資が終わってしまいます。

しかも投資信託なので、円建てで海外投資ができ、100円以上、1円単位から購入できるのも大きな魅力です。

2. 信託報酬が超低コスト

信託報酬は0.15336%と非常に低コストです。

高くなりがちな新興国株式を含んだ数字なのもうれしいです。

個人投資家にとって、信託報酬の安さは自分のリターンに確実につながるもの。

コストが安いとその分、あなたのリターンは高まります。

長期で投資するものこそ信託報酬はしっかり見ていきたいです。

実際には信託報酬だけでなく実質コストも見る必要がありますが、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)は実質コストも安定した低さを見せてくれています。

3. つみたてNISAで取り扱いあり

つみたてNISAは、金融庁が管轄する個人向け少額投資制度で、年間40万円という枠がありますが、運用益は20年間非課税になります。

こういった恩恵がある代わりに、選べる商品も厳しい基準があります。

連動する指数や、運用期間などで、いわゆる「金融庁フィルター」と呼ばれているものです。

個人投資家が20年という比較的長期に渡って運用をしても、利益が見込める商品を中心にラインナップされています。

もちろん、つみたてNISAとの相性も抜群ですし、一定の信頼をおく目安にもなるでしょう。

⇒口座開設なら、マネックス証券、もしくはSBI証券をおすすめします。

eMAXIS Slimシリーズは同クラスでの信託報酬は絶対に負けない

eMAXIS Slimシリーズの特徴なのですが、同クラスの商品が出た場合、迅速に信託報酬を合わせてくれます。

もし、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)よりも安い商品が出たとしても、コストを合わせてくれるのですから安心して投資ができます。

2019年5月23日にニッセイ外国株式インデックスファンドの信託報酬が切り下げになるや、2019年6月3日には信託報酬引き下げの案内を出しています。

参考:業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施(pdf)

たわらノーロード全世界株式

たわらノーロード全世界株式

2019年7月15日現在、アセットマネジメントOne株式会社が「たわらノーロード全世界株式」を発表しました。

その信託報酬は0.12%(税抜き)とeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)より低い数値です。

これに対しても、近いうちにコストをそろえて出してくれる、という絶大な安心感があります。

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)と現金だけで投資が完了

新興国を含む全世界の株式へ一本で投資することが出来るので、リスク資産はeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)にして、無リスク資産は現金だけの運用ができます

これ以上ないくらいのシンプルさです。

筆者はリスク資産が株式主体で50%、無リスク資産は現金で50%というバランスで保有しています。

厳密には数%ブレがありますが、年末に1度見直す程度です。

株式が上がればラッキー、下がれば安く仕込めてラッキー(つみたてNISAで積立投資中です)と思えるので、精神的にラクなのでオススメですよ。

あまりにラクなのでカウチポテトポートフォリオと呼ばれています。

「投信ブロガーが選ぶ!fund of the Year 2018」でも3位と人気!

「投信ブロガーが選ぶ!fund of the Year 2018」という、個人投資家のブロガーが投資信託を選ぶイベントがあります。

12年も続いていて、運用会社も結果に注目をしているイベントです。

2019年1月の発表では、2018年10月31日設定されたばかりなのに人気が伺えます。

投信ブロガーだけでなく個人投資家の商品だったといえます。

参考:「投信ブロガーが選ぶ!fund of the Year 2018

筆者も投資にかかわるブログを書いているので投票をしました。

投資はeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)1本で良い

投資はコレ1本 eMAXIS Slim全世界株式

投資信託で長らく期待されていた待望の商品です。

信託報酬も安く、同クラスでこれよりも低いコストのものが出てきても追随してくれるのは長期で保有するにも安心です。

投資初心者からベテランまで万人にオススメできる投資信託です。

ぜひ、つみたてNISAと組み合わせて長期運用をしたいです。

長期投資はコツコツ長いものになりますが、世界の人口はまだまだ増えて、技術革新もおこります。

全世界に投資をしながら、世界の成長を受けていきましょう。(執筆者:松崎 正欣)

⇒口座開設なら、マネックス証券、もしくはSBI証券をおすすめします。

この記事を書いた人

松崎 正欣 松崎 正欣(まつざきまさよし)»筆者の記事一覧 (15) https://hyougaki.xyz

就職氷河期世代の年収300万円サラリーマン。コツコツとインデックス運用を中心に15年以上投資をしています。ブログでも日々情報を発信中。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう