近年はキャラクターや色味などデザインにこだわったクレジットカードが多くありますが、三井住友VISAカードは飾り気のないシンプルなデザインが特長的で、三井住友VISAクラシックカード(年会費1,250円)はじめ年齢を重ねてもずっと持つことができる1枚です。

三井住友VISAカードは、年会費無料タイプが基本的にない(※)のもまた、ステータスカードとしての地位をしっかり保っているとも言えます

でも実はそんなステータスカードであっても、年会費を割引させる方法があります。

年会費を割引させる方法

ステータスカードのスタンダードやゴールドを持ちたいけれど、年会費が高い、年会費が気になるという方は年会費割引がある三井住友VISAカードを検討してみると良いでしょう。

※三井住友VISAデビュープラスなど初年度無料で、翌年度から年1回利用で年会費無料というものもありますが、基本は年会費が発生します。

スタンダードの三井住友VISAクラシックカードの年会費を割引にする方法をチェック

三井住友VISAクラシックカードは年会費1,250円(税別)のクレジットカードです

どの条件クリアで年会費がいくら割引になっていくのかについて見ていきましょう

三井住友VISAクラシックカード

クラッシックカード

≪画像元:三井住友カード

(1) クレジットカードの利用明細書をWEB明細書に変更する

→ 500円(税別)が半額となった年会費より割引

このサービスを適応した場合の年会費は「750円(税別)」

(2) マイ・ペイすリボの申込と前年1回以上の利用をする

→ 翌年度の年会費無料

(3) 前年度のクレジットカード利用金額が100万円以上、または300万円以上

100万円以上なら次年度年会費が半額

・このサービスを適応した場合の年会費は「625円(税別)」

300万円以上なら次年度年会費は無料

(4) WEB明細書利用と年間利用額が100万円以上

→ 1,000円(税別)が年会費より割引

・このサービスを適応した場合の年会費は「125円(税別)」

※WEB明細書利用で年間利用額が300万円以上のときも年会費無料。

リボ払いとなるマイ・ペイすリボを1回でも利用すれば、1,250円(税別)の年会費は無料です。

マイ・ペイすリボのメリットとデメリットを確認しておこう

マイ・ペイすリボは設定後に利用できるリボ払いサービスです。

マイ・ペイすリボのメリット

毎月決めた金額+手数料を支払っていけるため、手数料込みのリボ払いとは違い元金が返済額分(手数料を除く)減っていくので、完済までの計画が持てることや毎月の返済額(一定額)を決めて、生活に無理のない範囲で返済してけることがあげられます。

また、増額返済や臨時返済も対応しているので早めに返していくこともできます。

マイ・ペイすリボのデメリット

支払い額が一定なのは良い点ですが、デメリットもあります。

20万円のお買い物をしてマイ・ペイすリボの返済額を毎月5,000円としてしまった場合、返済回数は40回、支払い総額は24万8,696円(手数料4万8,696円)となってしまいます


≪画像元:JCCA 日本クレジットカード協会より抜粋≫

リボ払いは返済額を抑えることができても、実質年率が15%と分割払いの最長回数の実質年率14.75%から15%と同じスタートとなるので、返済額を低くして支払い回数を多くしてしまうと手数料が増えてしまうというデメリットがあるので注意しましょう。

上手に使うのであれば、毎月のリボ払い返済額を3万円など多めにして、増額・臨時返済を組み合わせておくべきです。

※三井住友VISAクラシックカードはマイ・ペイすリボの最低金額は5,000円です。

リボ払いは利用したくないという方はWEB明細書利用にして500円(税別)の割引にしておきましょう

年間利用額が100万円になったときは次年度の年会費は125円(税別)なので、スタンダードカードであっても割引されていることを知られずに、お得に使うことができます

さらに三井住友VISAカードは提携カードではなく、プロパーカードに対して年会費割引を提供しているので、ゴールドカードも最大年会費が半額になります。

三井住友VISAゴールドカードの年会費を割引させる5つの方法

三井住友VISAゴールドカードは年会費1万円(税別)のクレジットカードです。

ゴールドカードは旅行保険の補償が高く、空港ラウンジが無料利用できるなどサービスが充実している分、スタンダードより年会費が高くなっていますが、三井住友VISAゴールドカードであれば条件クリアで年会費を抑えて持つことができるのでおすすめです。

三井住友VISAゴールドカード

ゴールドカード

(1) クレジットカードの利用明細書をWEB明細書に変更する

1,000円(税別)が年会費より割引

・このサービスを適応した場合の年会費は「9,000円(税別)」

(2) マイ・ペイすリボの申込と前年1回以上の利用をする

翌年度の年会費半額

・このサービスを適応した場合の年会費は「5,000円(税別)」

(3) 前年度のクレジットカード利用金額が100万円以上、または300万円以上

100万円以上なら次年度年会費が20%引き

・このサービスを適応した場合の年会費は「8,000円(税別)」

300万円以上なら次年度年会費は半額

・このサービスを適応した場合の年会費は「5,000円(税別)」

(4) WEB明細書利用と年間利用額が100万円以上

3,000円(税別)が年会費より割引

・このサービスを適応した場合の年会費は「7,000円(税別)」

(5) WEB明細書利用と年間利用額が300万円以上

6,000円(税別)が年会費より割引

・このサービスを適応した場合の年会費は「4,000円(税別)」

年会費を半額にする方法として2つ挙げられるのは

(2) マイ・ペイすリボの申込と前年1回以上の利用をすることと
(3)前年度のクレジットカード利用金額が100万円以上
または、300万円以上の年間利用額300万円以上

のどちらかになります。

三井住友VISAゴールドカードだけに支払いを集中し、年間300万円以上の利用が見込めるのあれば、マイ・ペイすリボ登録はしなくても良いでしょう。

ゴールドカードであっても、WEB明細書利用だけで1,000円の割引があるのも三井住友VISAゴールドカードの良さです。

※三井住友VISAゴールドカードはマイ・ペイすリボの最低金額は1万円です。

マイ・ペイすリボの金額設定は最低5,000円から1万円単位で設定できる

三井住友VISAゴールドカードを半額で持ちたいけれど、年間300万円の利用はできないし、マイ・ペイすリボにも抵抗がある… と思ってしまう方もいることでしょう。

マイ・ペイすリボは確かにリボ払いのサービスで抵抗が生まれますが、登録後に支払い金額を10万円、20万円などいつも自分が使う金額範囲内に設定する、ショッピング枠の金額に合わせておけばいつでも一括払いで利用ができます。

大きな買い物をして、どうしても分割払いをしたいときはレジで分割払いを申し出ればよいので、この方法をとれば三井住友VISAゴールドカードの年会費を割引して不安なく使っていけるでしょう。

ゴールドカードを持ちたいけれど、年会費がネックだったという方は、三井住友VISAゴールドカードを検討してみてください。(執筆者:志田 愛仁)