「服を捨ててすっきりしたい!」

「でも、やっぱりもったいない…」

そんなとき、着なくなった服をリメイクできれば、再利用できて一石二鳥です。

今回は、細かい計測がいらない、ずぼらさんでも簡単「1枚の古着シャツワンピ」からのリメイク方法を3種類ご紹介します。

1. 切り取って「つけ襟」

写真右側の赤いライン衿の部分をぐるりと切り取ります。

写真右側の赤いライン衿の部分をぐるりと切り取ります

または、青いラインで、脇の下部分をまっすぐ切り取ります。

切り取る大きさは、好みで変えてください

切った端の部分を三つ折りにして縫うか、端ミシンをかけて処理したらできあがりです

シンプルなカットソーやニットも、つけ衿を合わせれば、がらりと雰囲気が変わります

つけ衿を合わせると雰囲気が変わります

2. スソ部分から、重ね着用すそ付きタンクトップ

お尻が隠れて便利なすそ付きタンクトップは、「レイヤードインナー」、「シャツ切替えタンクトップ」などともも呼ばれています。

着るだけで重ね着風になってオシャレです。

1. シャツのスソ部分を好きな長さに切り取ります。今回はロングシャツなので長めにしています

2. 前立て部分が気になる方は、縫い合わせてしまいます。

3. タンクトップと縫い合わせます。

だいたい同じ周囲が理想ですが、シャツの周囲が長いようなら、ところどころつまんで、タックを取りながら縫ってみてください。

多少縫い目がゆがんでも、着てしまえばわかりません

ニットなど、お好きなトップスと組み合わせればOKです。

特に短いトップスならお尻が隠れて安心です。

特に短いトップスならお尻が隠れて安心

3. 袖部分からレジ袋ストッカー

身頃から袖部分だけを外して利用します

1. 袖の上部を、まっすぐになるようにカット。(赤い線)

2. 三つ折りにしてぐるりと縫う。

袖の上部を、まっすぐになるようにカット

3. カフス部分のボタンを取り、開いているところを縫う。(矢印部分)

4. カフス部分を中に折り込んで、3㎝ほど内側を一周縫い、 開いたところからゴムを通す。

5. リボンや布を細く縫ったものを上部に持ち手として縫い付けて、できあがりです。

上から入れたレジ袋を下から取りだせます。お好きな場所に掛けて使えます。

上から入れたレジ袋を下から取りだせます

Tシャツとロングスカートから、リラックスワンピを作成

娘の愛用していたワンピースが短くなってしまいました。

プチプラショップなら、1,000円ほどで売っているのかもしれませんが、ここはもったいないのでリメイクに挑戦します。

まだ着られる、ワンピースのTシャツ部分と、眠っていたロングスカートをドッキングさせてワンピースにしてみました

今回はワンピースの上半身を使用しましたが、不要なTシャツを使用してもかまいません

もったいないのでリメイクに挑戦

1. Tシャツを用意。今回は短くなってしまったワンピのTシャツ部分を切り取ります。(赤線部分)

スカートと合わせてみて、好みの長さになるように縫い代をとって切ってください。

2. Tシャツの裾の切った端部分を処理します。

端ミシンをかけるのが面倒な方は「ほつれストップ液」などを使用できます。塗るだけで、ほつれを防止します。

ほつれストップ液

≪画像元:Rakuten≫

3. スカートと縫い合わせます。

このとき、ウエストにゴムを入れたい方は、スカートの上から3ミリくらいのところで縫い合わせて、あとでゴムを通せるようにします

ストンとしたシルエットが良い方は、縫う位置はあまり神経質にならなくてかまいません。

4. 必要に応じてウエスト部分にゴムをいれて、でき上がり。

暑い夏の普段着に活躍するワンピース、これなら1枚で着られて、ラクチンです。

暑い夏の普段着に活躍するワンピース

手間は多少かかりますが、要らなくなったものを再利用すれば、ほぼ0円です。

子どもにも、工夫して再利用することを教えられる良い機会になりました。(執筆者:桐谷 春音)