【メルカリの梱包】筆者実践「お金をかけずに高評価を得る」4つの極意

メルカリで売れた商品を発送するときに、梱包に悩むことはないでしょうか。

決められたルールがないだけに、どこまで丁寧に梱包すればよいのか分からなくなってしまうことがありますよね。

そこでこの記事では、メルカリヘビーユーザーである筆者が梱包のポイントを紹介します。

高評価を得る梱包方法

1. 梱包は必ず二重にしよう

古着や書籍を梱包するときに、最も気を付けなければならないのは雨です。

もし、届いた商品がびちゃびちゃだったら最悪ですよ。

そこで、梱包は必ず二重にしましょう。

内側:ビニール素材

水が入らないような包装にしてテープでしっかりと止めます。

外側:紙素材で構いません

できるだけ内部に雨が入らないように心がけ、商品が見えないようにします。

多くのユーザーはこれだけで高評価をしてくれるものです。

2. プチプチは割れ物以外には不要

CDや割れ物を梱包する場合には、必ずプチプチ(緩衝材)を利用しましょう。

割れる可能性がある商品に対処がされていないことは、低評価につながります。

一方、書籍や古着ではプチプチ(緩衝材)を使う必要はありません。

厚みを作って送料を上げてしまうだけなので、丁寧に梱包するだけにとどめて大丈夫です。

プチプチは、割れ物以外には不要です

3. 梱包素材は紙袋で大丈夫

梱包素材を100円ショップなどで購入する人がいますが、そこでお金をかけるのはもったいないです。

・ 自宅にある紙袋などを梱包素材として利用しましょう。

・ 郵便物として送られてくる封筒なども使用しましょう。

筆者は自宅にあるの紙袋をハサミで切って包むように梱包することが多いです。

丁寧に梱包すれば、この点で評価を落とすことはありません

ちなみに、お弁当屋さんやケーキ屋さんのように飲食物が入っていた紙袋を使用することは控えましょう

服や書籍が梱包されていると思うと、少しイヤな気持ちになります。

4. 不要なガムテープは控えよう

ガムテープの使い過ぎはやめましょう

雨や汚れを気にしすぎて、梱包の際に過剰にガムテープを貼る人がいます

これは確かに丁寧な梱包なのですが、受け取った立場からすると

あぁ!貼りすぎ!開けるのめんどくさいよ!

となってしまいます。

梱包時のガムテームは必要量にするようにしましょう。

もちろん、商品にテープがついてしまって傷つくようなことがないようにします。

梱包にはお金を使わずに気を遣う

この記事ではメルカリで商品を送るときに気を付けたい梱包のポイントを紹介しました。

梱包にお金をかける必要はありませんが、少しの気遣いをすることで受け取ったユーザーから高評価を得られます。

ぜひ、参考にしてみてください。(執筆者:喜多 一馬)

この記事を書いた人

喜多 一馬 喜多 一馬»筆者の記事一覧 (5)

病院で理学療法士として勤務しながら、ライター活動も行っています。分かりやすく誰にでも伝わる文章を書くことを心がけています。他にもオンラインサロン運営・メディア運営・ブロガー・デザイン会社のアドバイザーなどを行っています。誰もがマネーの達人になれるよう、執筆していきます。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう