「お宝保険」と「ゴミ保険」入ったまま放置してませんか? 「ゴミ保険」は日に日に腐っていきます。

生命保険の加入率

「お宝保険」と「ゴミ保険」

生命保険文化センターによる「生活保障による調査」では、男女共に80%を越えています。

この数字は、民間の生命保険会社や郵便局、生協・全労済、農協等で取り扱っている生命保険や生命共済の加入率を示しています。

つまり、ほとんどの人は、何かしらの生命保険契約を持っているということなります。

その保険、いつ入ったか覚えていますか?

更新のたびに高くなることが嫌で、入ったまま放置していませんか?


生命保険は放置することで価値を増すものと、日に日に価値を下げるものがあります。

今回は、その「お宝保険」と「ゴミ保険」について、お話します。

放置しておくことで価値を増す 大切にしてほしいお宝保険

だいじにしてほしいお宝保険

養老保険・終身保険(払込年齢が決まっているタイプ)・個人年金等、貯蓄型保険は古ければ古いほど価値があります。

熟成していい味になるワインのようなものです。

昔からの貯蓄型は、キラキラ輝くお宝保険です。

この低金利時代、そんなに増える保険はもう見つかりません。

手放したら二度と手に入らないばかりか、これまで積み立てていた分が一瞬で消えてしまいます。

保険をすすめる人は、

「貯まった金額を使って、保障を安く買いませんか?」

なんて言ってくるかもしれませんが、保障は保障、貯蓄は貯蓄です。

「昔から持っている貯蓄型」は、満期まで大切に寝かしておいてください。

持っているだけで腐っていく ゴミ保険

なぜゴミ保険は生まれるのでしょう。

最初からゴミなわけではありません。

加入時は最新版だった保険が、時代遅れになって腐りはじめたら、それはもうゴミ保険です。

いわば生鮮食品のようなもの。

こまめな確認と必要に応じた買い換えが、腐敗を防ぐ唯一の手段です。

すぐゴミになる代表「医療保険」

医療保険とは、ご承知の通り「ケガや病気で入院したときに、入院給付金や手術給付金などが出る保険」のことです。

保険会社によって、必ず死亡保障とセットだったり単品でも扱っていたりしますが、そこは気にしなくてもいいです。

気にする点は、「いつ加入したか?」です。

近年の医学の発展スピードに合わせて、医療保険は何度も特約の新設や撤廃、支払基準の見直しを繰り返しています。

多いときは、年に3度も支払基準が改訂されました。

支払基準とは、保険会社が保険金・給付金を支払う条件のことです。

つまり、同じに見える医療保険でも、最新版とそれ以外ではもらえる条件が全く違うということです。

ゴミ保険

改正される点から「腐る基準」をみる

死亡保障と違って、保険会社ごとに特色豊かです。

細かい特約は紹介しきれませんが、メインである入院給付金・手術給付金については以下の通りです。

この改定点から、どの辺が腐ったと判断するか紹介します。

入院給付金

わかりやすいのは、保障が開始するために必要な入院日数です。

今はほとんどが「1泊目から保障」や「日帰り入院から保障」ですので、2泊以上必要なものは腐りかけていると思っていいでしょう。

手術給付金

今の主流は「公的医療保険制度に対応」、「対象手術が1,000種類」などとうたわれているものです。

これは、健康保険が使える手術だったら、ほとんどが支払い対象になるということです。

もし、次のようなことが書いてあったら、それはもう腐り始めた保険です。

・ 保険診療報酬点数○点以上から(内視鏡を使ったポリープ除去などは点数が足りない場合があります。)

・ 88(89)種類の手術に対応。あるいは、保険会社で定めた手術。(医術の進歩により生まれた新しい技術が該当しない場合があります。)

・ 入院を伴う手術のみ対象。(内容にかかわらず、日帰り手術が該当しません。)

ガンや生活習慣病の保障

・ ガン保険の支払基準

上皮内新生物でも一部支払い」「放射線治療の線量不問」「入院不問の抗がん剤治療に対応」など、早期治療に対応できるものが増えています。

・ 生活習慣病の保障

「入院必須」だったところが「入院不問、治療がはじまったら」など、より早い段階で受け取れるものが出てきています。

例:日帰り入院で子宮ポリープ摘出手術(検査込みで5万円)

最新版

日帰り入院給付金5,000円+手術給付金5万円

女性特有の病気特約付加により、入院給付金が2倍。

特約によっては、入院一時金3万円や手術一時金2万円などが追加 =11万円

数年前の保険(腐りかけ)

日帰り入院非対応につき0円+外来手術は半額なので2万5,000円

女性特有の病気特約付加だが、0円が2倍でも0円のまま。

入院一時金0円、手術一時金2万円 =4万5,000円

もしも、手術の支払基準が「入院時の手術に限る」だったり「内視鏡手術は対象外」だとしたら、受取金額は、0円です。

CMやパンフレットでのうたい文句は、あくまでも最新契約のもの

ゴミ捨てを忘れずに!

「私が入ってる保険、日帰りでももらえるってTVで言ってたわ。」

よく聞く言葉です。

手持ちの保険の支払基準は、加入時のままです。

自動的に最新版に切り替わることは、あり得ません。

次の更新まで見送っている間に「日帰り入院で手術」を受けると「今回の給付金を受け取れないだけ」ではなく、次の更新時に、健康に関する審査にひっかかって最新版に切り替えできなくなります

すぐに腐って生ゴミになるのが、医療保険だと覚えて、腐り始めたらすぐに新しいものと交換を検討してください。(執筆者:仲村 希)

この記事を書いた人

仲村 希 仲村 希(なかむら のぞみ)»筆者の記事一覧 (14)

国内大手保険会社にて生命保険募集人と損害保険代理店を兼務、外資大手生命保険会社では顧客相談室クレーム対応係に着任。たくさんのお客様のお話をうかがって、保険に対する誤解が根深いことを痛感しました。退職後は「保険ってわからない。めんどうくさい」を少しでも解消できればと、保険記事の執筆を開始。ファイナンシャルプランニング2級技能士。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう