連日暑い日が続いていますが、こんな日は外食するにも外に出たくないものです。

そんなときにありがたいのが出前サービスですが、出前館とLINEが提携・提供している出前サービス「LINEデリマ」では、3日間限定でチェーン店の人気メニューが通常の半額で注文できるキャンペーンを実施します


≪画像元:LINE

さらに、LINEデリマのお店でLINE Payを使い利用可能なクーポンも配布と、暑さを吹き飛ばすような熱いキャンペーンです。

今回は、LINEデリマのお得なキャンペーンを紹介しましょう。

3日間限定で対象店舗の対象メニューが半額!


≪画像元:LINEデリマ

8月23日~25日の期間中、対象のチェーン店の対象メニューを「LINEデリマ」から注文すると、通常の半額で注文できる「夏のデリマンマ! 半額フェス」を実施します

利用可能な主なチェーン店は、以下の通りです。

・ ピザーラ
・ ピザハット
・ ドミノピザ
・ ビバパエリア
・ 天丼てんや
・ デニーズ
・ 大阪王将
・ ナポリの窯
・ 柿家鮨
・ 宅配専門寿司ざんまい
・ ケンタッキー・フライド・チキン


≪画像元:LINEデリマ

多くのチェーン店が参加していてどれにしようか目移りしますが、個人的にはKFCのサイドパックが心にささりました。

LINEデリマの注文方法

「どうやって注文するの?」という人も多いと思いますので、簡単に注文の流れを説明しましょう。

(1) LINEデリマを友だち追加する

(2) 「LINEデリマ」をタップしお店を検索する(住所・現在地・お店のジャンルなどから検索可能)

(3) 自分の住んでいる地域に出前が可能なお店が表示される

(4) お店を選択し、希望のメニューを「カートに追加」する

(5) 「ご注文手続きへ」をタップ

LINE Pay払いで使える1000円引きのクーポンも併用可能


≪画像元:LINEデリマ

また、キャンペーン期間中、LINEデリマのお店でLINE Pay払いで利用可能な1,000円引きクーポンも、先着10万名に配布されます

事前にクーポンをゲットしたら、以下の手順で利用してください。


≪画像元:LINEPayマイクーポン

(1) 注文確認画面の支払い方法で「クレジットカード・LINE Pay」を選択

(2) LINE Payの決済画面で「クーポン検索」→「マイクーポン」でクーポンを選択 → 支払い方法に「残高」を選択 → 「〇〇円の決済を行う」をタップ

(3) クーポン適用後の金額であることを確認して「決済」をタップ

キャンペーンの注意点

最低注文金額以上の注文が必要

最低注文金額

≪画像元:LINEデリマ

先ほどのKFCを見てみると、下部に「¥1,500~」と小さく書いてありますが、これが「最低注文金額」です

サイドパックだと、半額適用後に2人前頼まないといけませんね。

1,000円引きのLINE Payクーポンを使うと、サイドパック2人前でも500円になってしまい、最低注文金額に遠くおよびません。

なるべく、半額と1,000円オフの適用後に最低注文金額ギリギリになるよう注文するのがいいでしょう

LINE Payが使えるお店でないと1,000円引きクーポンは使えない


≪画像元:LINE Pay

先ほどのKFCの画像を見てみると、最低注文金額の下に上記のようなLINE Payのアイコンがありますが、これは「LINE Payでの支払いが可能」という意味です。

1,000円引きクーポンはLINE Payで支払いが条件のため、アイコンがないお店では1,000円引きのクーポンを利用できません

また、チェーン店の中にはLINE Payでの支払いが可能な店舗とそうでない店舗が混在する可能性もありますので、必ず注文する店舗情報でアイコンの有無を確認してください。

配達料がかかるお店も


≪画像元:LINEデリマ

お店によっては、配達料が有料のお店もあります

例えば、「デニーズ浜松町店」の店舗情報を見ると、配達料が300円かかりますが、5,000円以上(税込、送料含まず)の注文で送料が無料となります。

「対象店舗の全商品がキャンペーン対象」というわけではない

対象商品はセール参加店舗の一部商品のみとなり、すべての店舗の商品が半額対象ではありません。

とにかくお得なキャンペーンはクーポンの使いどころがカギ

おなじみのチェーン店からLINEデリマを使って出前を注文すると、半額となるキャンペーンが8月23日から3日間実施されます。

さらに、1,000円引きクーポン(LINE Pay払い限定)も配布されて、とにかくお得です。

ただし、最低注文金額などがありますので、大きな金額でない場合は半額だけを利用し、大人数での高額注文の際に1,000円引きクーポンを併用すると、最大限お得になります。(執筆者:角野 達仁)