この記事では年金の構成とどのような人が対象かを説明しております。

「年金って実際どんな仕組みになっていて、自分がどの年金に加入しているかわかない」

という方は、この機会に年金についてご理解ください。

年金制度

年金制度は下記表の様に3階建ての仕組みになっております。

1階と2階部分の国民年金や厚生年金は国が管理、運営しておりますので、公的年金と呼ばれ、3階部分は公的年金にさらに上乗せして企業や個人が任意で加入できる私的年金と呼ばれています。

公的、私的年金のしくみ

そしてこの年金に加入できる人は下記表の様に第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者にわかれており、加入できる年金にも違いがあります。

第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者にわかれている

1階:国民年金

国民年金は日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入している年金です。

第1号被保険者に該当する方々はこの国民年金のみに加入しています。

2階:厚生年金

会社員や公務員の方々は第2号被保険者に該当し、厚生年金に加入します。

この厚生年金ですが、第1被保険者の方に比べ2階部分の年金も支給されますので、受け取れる年金の額が多くなります

また、支給される金額は加入期間だけではなく、収入の得ていた金額によっても変わりますので、人によってその支給額はさまざまとなります。

3階:私的年金

1階、2階部分に上乗せして支給されるのがこの3階部分にあたります私的年金です。

私的年金は主に2種類に分かれています。

・ 企業が退職金制度の一環として実施する年金

・ 個人が任意で加入する年金

企業が実施する企業年金には、

・ 厚生年金基金
・ 確定給付企業年金
・ 企業型確定拠出年金

の3つの種類があり、個人が任意で加入できる個人年金には、国民年金基金や個人型確定救出年金といった制度が存在します。

ご自身の加入している年金についてしっかりと理解し、ねんきん定期便などで自身の支給される年金の金額を参考にして、3階部分の検討をすることをお勧めします。(執筆者:編集部)