2019年10月に控える8% → 10%の消費増税により、消費の落ち込みが懸念されています。

これを防ぐ目的で、政府は2019年10月から9か月間、対象店舗で対象のキャッシュレス決済を使って支払いをすると、最大5%の還元を受けられる「キャッシュレス・消費者還元事業」を実施予定です。

この記事では、還元対象のキャッシュレス決済の手段や対象外の店舗・商品、そして最大限の還元を得られる方法について紹介します。

キャッシュレス決済事業者はほぼ全てが対象

ポイント還元制度とは

≪画像元:経済産業省pdf

まず、キャッシュレス決済事業者(キャッシュレス決済)が、還元の対象でなければなりません。

主な支払い方法ごとに、還元対象のサービス名をまとめました。

ポイント還元対象のサービス名

主要な決済サービスには対応しているので、消費者側としては普段使っているキャッシュレス決済を使えば問題ありません。

ただし、交通系IC「PiTaPa」は対象外です。

還元対象の中小・小規模事業者は限られている

また、還元対象のキャッシュレス決済事業者を使おうとしても、還元対象のお店でないと消費者への還元はありません

ただし、お店が還元対象になるためには「中小・小規模事業者」として加盟店登録されている必要があります。

手続きが面倒で制度の周知不足もあって、現在のところ加盟店登録されているお店の数は伸び悩んでいるようです。


≪画像元:経済産業省pdf

加盟店登録したお店には、上記のロゴが入ったポスターが掲示されますし、加盟店登録したお店をキャッシュレス・消費者還元事業のサイトで閲覧できます。

消費者がキャッシュレス決済をした際、お店によって還元率は以下のように異なります。

・小規模店舗:5%
・フランチャイズチェーンに加盟している小規模店舗:2%
・大規模店舗:0%

イオン・吉野家・ユニクロなどは大規模店舗に該当するので、当然還元は受けられません

加盟店登録した主なお店と還元率は以下のとおりで、ネット通販も対象です。

加盟店登録した主なお店と還元率

コンビニなどは直営店とフランチャイズ店があり、本来直営店は対象ではありません。

しかし、消費者の混乱を防ぐため、コンビニ本部が直営店分の2%を負担してフランチャイズ店と一律にするようです。

還元対象のお店でも対象外の場合がある

ポイント還元の対象のお店でも、例外があるので注意が必要です。

一部店舗が対象外の場合

Amazonの場合はAmazon自体が販売している商品は還元対象外で、Amazon以外が販売している商品が還元対象です。

コンビニ同様、ガソリンスタンドにも直営店とフランチャイズ店があるのですが、ガソリンスタンドでは事業規模の多いフランチャイズ店もあり、その場合は還元の対象とはなりません

還元対象外の商品

お店は還元対象なものの、以下のような商品は還元対象となりません。

・ 金券類
・ 自動車
・ 住宅
・ 公営ギャンブル
・ 収納代行サービス
・ 給与

還元対象外の支払い方法もある

お店によって、還元対象となる支払い方法が指定されている場合があります。

例えばYahoo!ショッピングでは、

・ クレジットカード払い
・ PayPay残高払い
・ デビットカード決済
・ Yahoo!マネー/預金払い
・ 代金引換(商品代引)
・ キャリア決済(携帯電話料金合算支払い)
・ モバイルSuica
・ コンビニ決済
・ ペイジー

など、さまざまな支払い方法を選択可能ですが、今回の還元事業の対象となる支払い方法は以下の2種類のみです。

・ クレジットカード払い
・ PayPay残高払い

Tポイントとの併用払いも可能ですが、Tポイント利用分が含まれません

支払い方法の工夫でさらなるお得を手にしよう

続いて、リアル店舗とネット店舗、それぞれでメリットが生じる支払い方法を紹介します。

リアル店舗での支払いは「Kyash」

Kyashの写真

≪画像元:kyash

対象のリアル店舗でクレジットカード払いをする際は、クレジットカードでチャージしたプリペイドカード「Kyash」で支払うのがベストです。

クレジットカードのポイント+Kyashの2%キャッシュバックがもらえます。

・ DCカードジザイル(還元率1.5%)
・ REX CARD(還元率1.25%)
・ リクルートカード(還元率1.2%)

などでKyashにチャージするといいでしょう。

ネット店舗は系列カードでの支払いを

対象のネット店舗で支払いをする場合は、以下のように系列のクレジットカードを利用するのがおすすめです。

支払いに使うクレジットカード

楽天プレミアムカードを楽天市場で利用すると、SPUというプログラムが適用されてカードのポイント還元率が1% → 5%に跳ね上がります。

コンビニは状況に応じてベストが異なる

コンビニに関しては、状況に応じてベストな支払い方法が異なってきます。

ローソンの場合

ポンタのクレジットカード

≪画像元:ローソン

ローソンで現状ベストなのは、「ローソンPontaプラス」でしょう。

ローソンでの還元率が最大4%になり、そこに今回の事業の2%をプラスすれば合計6%です。

ファミリーマートの場合

ファミペイでボーナス還元

≪画像元:ファミリーマート

ファミリーマートに関しては判断が難しいですが、「FamiPay」が最もお得になる可能性が高いです。

ファミリーマートでは、期間限定での値引き・FamiPayボーナス還元を実施しており、今回の事業が開始される10月以降も実施されるでしょう。

FamiPayボーナス還元は20%程度の還元率ですので、かなりの破壊力です。

ただし、コンビニは「PayPay」「LINE Pay」「メルペイ」などの高還元キャンペーンの対象になる可能性も高く、そうなればコード決済が一気にお得になります。

還元対象のお店や支払い方法を確認しておこうに

2019年10月から9か月間実施される「キャッシュレス・消費者還元事業」では、お店の規模などによって最大5%の還元を受けられます。

還元の条件はキャッシュレス決済ですが、お店によって還元対象のキャッシュレス決済が異なり、お店自体も中小規模のお店でなければ還元されません。

利用者はポスターやホームページなどを手掛かりに、還元対象のお店・還元対象の支払い方法を確認し、準備万端の状態で10月を迎えましょう。(執筆者:角野 達仁)