スマホ決済サービス「7pay」の廃止に伴い、電子マネー「nanaco」が再び注目を集めています

セブンイレブンで期間限定ながらnanacoの還元率が1%にアップしたり、nanacoの新規発行手数料が実質無料になったりと、再びnanacoに力を入れてる印象です。

そこでこの記事では、nanacoと紐づけしてお得なクレジットカードを、合計還元率とともに3枚紹介します。

1. オートチャージが可能な唯一のカード「セブンカード・プラス」で合計還元率1%


まずは、同じグループから発行されている「セブンカード・プラス」です。

年会費無料で還元率は0.5%(nanacoにクレジットチャージしても還元率は0.5%)で、チャージしたnanacoカードで支払って0.5%分のnanacoポイントが還元されても合計還元率は1%に過ぎません

若干物足りないかもしれません。

セブンカード・プラスと紐づけると利便性高し


≪画像元:nanaco

ただし、セブンカード・プラス最大のメリットは、セブンイレブン・イトーヨーカドーのレジでオートチャージができる点です

「レジでnanaco払いしようと思ったら残高不足、チャージしようと思ったら手持ちの現金がない」という経験はありませんか?

セブンカード・プラスとnanacoを紐づけしておけば、オートチャージを実行するnanaco残高・オートチャージ金額を以下のように設定できるため、支払い時も安心です。

2. 手間をかけず合計還元率1.7%の「リクルートカード」


≪画像元:リクルートカード

次に紹介するのは、「リクルートカード」です。

年会費無料で還元率は1.2%、nanacoに直接クレジットチャージしても還元率は1.2%です。

チャージしたnanacoカードで支払えば0.5%分のnanacoポイントが還元されるので、合計還元率は1.7%です。

電子マネーへのチャージで還元率が減少、あるいは還元対象外となるカードが多い中、手間をかけず満額還元してくれるリクルートカードは太っ腹ですね。

異なる発行会社の2枚持ちで還元対象の上限を6万円にアップできる


≪画像元:リクルートカード

注意しなければならないのが、月3万円以上を超えた分のチャージは還元対象にならない点です。

しかも、複数の電子マネー(Visa/Mastercardはnanaco・楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCA、JCBはnanaco・モバイルSuica)の合算で月3万円を超えると、還元されません

リクルートカードは1発行会社ごとに1枚しか発行できませんが、Visa/Mastercardブランドは三菱UFJニコス、JCBブランドはJCBカードと発行ブランドが異なります。

ですので、1人でVisa/Mastercardブランド・JCBブランドの2枚持ちすれば、月6万円まではチャージでポイントがたまるのです。

3. セブンイレブンで合計還元率2.5%の「JCB CARD W」「JCB CARD W plus L」


≪画像元:JCB

次に紹介するのは「JCB CARD W」、「JCB CARD W plus L」です。

39歳以下が申し込める年会費無料のカードで、還元率は1%になります。

JCB CARD W・JCB CARD W plus Lでnanacoへのチャージは可能なものの、カードのポイントは還元されないため、このままではnanaco利用による0.5%分しかポイントがたまりません。

QUICPayと優待店サービスで還元率が2.5%にアップ

しかし、nanacoを使ってセブンイレブンで還元率2.5%を実現する方法があるんです。


≪画像元:JCB

お手持ちのnanacoカードの裏面を見ると、

後払い式電子マネー「QUICPay」のロゴがありませんか?

nanacoカードには事前にQUICPayが搭載されており、利用登録をすることでQUICPay(nanaco)も利用可能となるのです。

QUICPayが有効化されたnanacoカードを使ってセブンイレブンで買い物をすると、この時点では「nanacoカード」で支払ったことになるため、nanacoカードでの支払いで0.5%分のnanacoポイントがたまります。

この支払いはnanaconoチャージ残高から引き落とされるのではなく、「QUICPayによる後払い」として後日、登録してある「JCB CARD W」「JCB CARD W plus L」から引き落とされるので、1%分のOki Dokiポイントがたまります。

さらに、セブンイレブンは「JCBオリジナルシリーズパートナー」(優待店)に登録されており、1%分のOki Dokiポイントが追加されるため、

・ nanacoカードでの支払い … 0.5%分のnanacoポイント
・ QUICPay利用分のカード引き落とし … 1%分のOki Dokiポイント
・ 優待店利用による追加ポイント … 1%分のOki Dokiポイント

となって、合計還元率は2.5%にまでアップするのです。

利便性・シンプルさ・還元率のどれを重視するかでお得なクレカは異なる

今回は、nanacoと紐づけてお得なクレジットカードを3枚紹介しました。

利用者が何を重視するかによって、お得なクレカは異なります

オートチャージの便利さを重視するなら「セブンカード・プラス」
手続きのシンプルさを重視するなら「リクルートカード」
還元率を重視するなら「JCB CARD W」「JCB CARD W plus L」

あらためて注目が集まっているnanaco、少しでもお得に利用しましょう。(執筆者:角野 達仁)