「Suica」は電子マネー最強との呼び声も高いです。

飛行機のマイルとは異なり、JR東日本は鉄道利用でポイントがたまらないのがデメリットでした

しかし、10月1日からは鉄道利用でSuicaを使うと、ポイントがたまるようになります

今回は、鉄道利用でポイントがたまる概要・注意点を紹介します。

Suicaの鉄道利用で還元率最大2%


≪画像元:JRE POINT

2019年10月1日から、JRE POINT WEBサイトに登録したSuicaでJR東日本の鉄道を利用すると、JRE POINTがたまります

その1:Suicaの入金(チャージ)残高での鉄道乗車でたまる

JRE POINT WEBサイトに登録したチャージ済みのSuicaを使ってJR東日本の在来線に乗車すると、1回の運賃に応じて以下の還元率でJRE POINTがたまります

・ モバイルSuica(Apple Pay・Google Pay含む):50円ごとに1ポイント(2%)
・ カードタイプのSuica:200円ごとに1ポイント(0.5%)

具体的に路線を挙げて、シミュレーションしてみましょう。

1回の運賃が200円(モバイルSuicaは50円)に満たない場合でも、1ポイント加算されます

荻窪~中野間の運賃は157円で200円に満たないですが、1ポイント加算されます。

ただし、他社線が含まれる場合、ポイント対象となるのはJR東日本分の運賃だけです。

他社線となる中野~九段下間の199円は、ポイント加算の対象ではありません。

乗車区間の一部が定期券区間の場合、定期券区間外に対してのみポイントが加算されます

その2:Suicaグリーン券の購入でたまる


≪画像元:JR東日本

JRE POINT WEBサイトに登録したSuicaでSuicaグリーン券を購入しても、以下の還元率でJRE POINTがたまります

・モバイルSuica:50円ごとに1ポイント(2%)
・カードタイプのSuica:200円ごとに1ポイント(0.5%)

例えば、東京~横浜間のグリーン券を平日にあらかじめ購入した場合、グリーン料金は780円(10月1日以降)で、

・モバイルSuica:15ポイント
・カードタイプのSuica:3ポイント

が還元されます。

条件を満たせば、「Suicaのチャージ残高での鉄道乗車でたまるポイント」も二重取り可能です

その3:モバイルSuica定期券の購入でたまる

JRE POINT WEBサイトに登録したモバイルSuicaでモバイルSuica定期券を購入すると、購入額50円ごとにJRE POINTが1ポイントたまります

「Suicaのチャージ残高での鉄道乗車でたまるポイント」とは異なり、他社線が含まれていても購入額全額がポイントの加算対象です。

具体的に路線を挙げてシミュレーションしてみましょう。

他社線が含まれている新宿~二子玉川間も、満額ポイント加算の対象となります。

2020年2月26日以降、モバイルSuicaの年会費が無料に

還元率だけ見ると、カードタイプSuicaよりモバイルSuicaがお得です。

現在、ビューカード以外のクレジットカードをモバイルSuicaに登録すると、1,030円(2019年10月1日~2020年2月25日は1,050円)の年会費が発生します

ビューカードを持っていない方にはデメリットです

しかし、2020年2月26日以降、モバイルSuicaの会員登録・継続をすると、モバイルSuicaの年会費が発生しません

ポイント加算対象とならないケース

今回のポイント加算の対象とならないケースをまとめました。

・ JRE POINT WEBサイトで登録していないSuica

・ カードタイプのSuicaで定期券を購入した場合

・ 普通列車グリーン車に乗ってから車内で精算した場合

・ 紙(磁気券)の乗車券・グリーン券を購入した場合

・ 特急券(新幹線含む)を購入した場合

・ おとくなきっぷ(青春18きっぷなど)・回数券を購入した場合

・ 無記名Suica・りんかいSuica・モノレールSuicaの利用

・ Suicaを使ってJR東日本以外のエリア(私鉄のみ乗車・JR東海のみ乗車など)に乗車した場合

・ Suica定期券区間内の乗車

・ JR東日本内の異なるエリアをまたぐ乗車(首都圏エリア⇔仙台エリア・新潟エリアなど)

・ Apple Payに登録の2つ目以降のSuica(JRE POINTに登録できるのは1つのみ)

ビューカードでのチャージでさらに1.5%還元

モバイルSuica・カードタイプSuicaへのチャージは券売機で現金を使っても可能ですが、ビューカードからクレジットチャージすると、チャージ金額の1.5%のJRE POINTがさらにたまります

ビューカードでクレジットチャージしたSuicaを使って、今回のポイント対象外である磁気券・回数券などを購入すれば、ポイントの取りこぼしも少ないでしょう。

チャージにおすすめの主なビューカードは、タイプ別に以下のような感じですので、参考にしてください。


≪画像元:ビューカード

・ JRの駅ビルを頻繁に利用する方 … JRE CARD(10月より駅ビルでの利用で5.5%還元)

・ コストを少なくしたい方 … ビックカメラSuicaカード(年1回利用で年会費無料)

・ JRを頻繁に利用するアクティブシニア … 大人の休日倶楽部ジパングカード(JRが割引になる)

まずはJRE POINT WEBサイトで登録しよう

10月1日から、鉄道利用・Suicaグリーン券の購入・Suica定期券の購入で、0.5%~2%分のJRE POINTがたまります

2020年以降は、

・ 残高にチャージしてタッチするだけで新幹線に乗れる「タッチでGo!新幹線」

・ 回数券のように繰り返しSuicaで乗車すると乗車1回分などのポイント還元

・ えきねっとでの切符購入でポイント還元

などのサービスも予定されています。

今でさえ最強と呼ばれているSuicaが、無双状態になってしまいそうです。

いずれにせよ、JRE POINT WEBサイトでSuicaを登録しないことには始まりません。

新規登録で100ポイントもらえますので、これを機に登録しましょう。(執筆者:角野 達仁)