20代で不動産投資なんて本当にできるのか?

と疑問や不安をお持ちの方も多いでしょう。

私も20代で不動産投資をスタートしましたが、メリットも多く早く始めた方が良いと思う反面、注意しなければならない点も存在します

今回は20代からの不動産投資をおすすめする理由と、注意点をお話していきたいと思います。

20代から不動産投資

20代で不動産投資をおすすめする理由

不動産投資は毎月の賃料収入を得ることをメインとしたビジネスモデルですが、投資に見合った収益を確保するにはかなり長期間になるため、時間を味方につけることが重要となります

その点20代で不動産投資を始めると保有期間が長くなりますので賃料収入を大きく得られます。

また、ローンを利用する場合に融資期間を長く取ることが可能です。

通常金融機関は耐用年数を元に最長の融資期間を定めています。

例えばですが、残りの耐用年数が30年の鉄筋コンクリート造のマンションを25歳で融資を受けたとしても55歳でローンを完済します

一方45歳で融資を受けた場合は年金生活に入っている75歳が完済時の年齢となる上、金融機関は完済時の年齢の上限を設けている場合も多く、融資期間を短くしないと融資をしてもらえないケースが往々にして発生します。

さらに一般的な20~25年程度のローン期間で完済することができれば40代で無借金の大きな資産を持つことも可能です。

売却して退職金に上乗せしても良いですし、再投資するのもまだまだ余裕のある年齢です

そのまま保有し続けて公的年金と合わせて月々数十万円以上の家賃収入があれば比較的安心した老後を送ることも可能です。

20代で不動産投資をする注意点

デメリットは融資の許可が下りにくいこと

20代では労働収入を得られる期間が短いため、自己資金を多く準備することが難しい傾向にあります。

必然的に借入比率が高くなり「リスクの高い投資」になります。

また、比較的年収が低くなってしまう為、金融機関によってはそもそも審査のテーブルに乗らないなど不動産投資をスタートさせるための「融資の承認を得ることが難しい」点がデメリットと言えます。

このようにリスクとハードルが高くなりますので、より慎重に情報を集め勉強をしてから不動産投資をスタートする必要があります。

きちんと準備してはじめよう

20代で不動産投資を始めるのは、周りに相談できるような同世代の仲間もいない場合も多く不安も大きいと思いますが、若い内から不動産投資を始めることによって非常に多くのメリットを享受することが可能です。

しっかりと勉強し、実際に見学を何十件も行うなどきちんと準備をした上で不動産投資を始めましょう。(執筆者:菊池 悠介)