10/19の最得決済

1位:JCB 2位:三井住友カード / 今週末はスシロー仮装割ユニクロがオススメ / 4コマ漫画(3回目)

【2019年10月1日~】「Suica」JRE鉄道利用だけでポイント還元 「モバイルSuica」ならカードより4倍おトクで還元率2%

数あるキャッシュレス決済のなかでも普及率が高いのがSuicaです。

交通機関で使えるという以外にも対応している店舗数が多く、効率的にポイントを貯められます。

さらに、2019年10月1日より、SuicaでJR東日本の鉄道を利用するだけでポイントが還元されるサービスが始まります。

今回は、Suicaで貯まるJREポイントの概要や登録方法について紹介します。

Suicaでポイントを貯めるには事前登録が必要

登録可能なSuica

≪画像元:JR-EAST

まず、Suicaの利用でポイントを貯めるには、JRE POINT WEBサイトに登録をする必要があります。

Suica機能付きクレジットカードを持っている場合などに登録している「VIEW’s NET」とは異なるサイトなので注意が必要です。

JRE POINT WEBサイト:登録の手順

Step1:JRE POINT WEBサイトでメールアドレスを登録する。

Step2:Suicaカードの裏面右下にある識別番号またはモバイルSuicaの識別IDを入力する。

Step3:その他の情報を入力する。

これで登録が完了します。

はじめて登録

ふつうに登録

≪画像元:JR-EAST

登録さえしてしまえば、あとは今まで通りSuicaを利用するだけで、ポイントが貯まっていくようになります。

ポイント還元率を高めるなら断然「モバイルSuica」

鉄道利用のポイント付与

≪画像元:JR-EAST

Suicaで貯まるJREポイントの還元率は、カードタイプのSuicaかモバイルSuicaかによって異なります

実は、モバイルSuicaの方が貯まるポイントが断然多いのです。

JR東日本の鉄道利用やSuicaグリーン券の購入で貯まるポイントは、

カードタイプのSuica:
200円につき1ポイント

モバイルSuica:
50円で1ポイント

です。

さらに、モバイルSuicaでは定期券の購入でも50円につき1ポイント貯まりますが、カードタイプのSuicaでは定期券購入のポイント還元がありません

また、カードタイプのSuicaとモバイルSuicaの両方を持っている場合には、両方登録してポイントを合算することも可能です。

クレカをよく使うなら「Suica機能付きクレジットカード」が便利

Suica機能付きクレジットカード

≪画像元:ビューカード

交通機関やSuicaでの買い物以外にも、公共料金の支払いや交通系ICカード非対応店舗でもまとめてポイントを貯めたい場合には、Suica機能付きクレジットカードがおすすめです。

Suica機能付きクレジットカードのSuicaへのチャージでJREポイントが貯まります。

さらに、10月1日からの新サービスでは、JR東日本での鉄道利用やグリーン券の購入でもJREポイントが貯まります

また、クレジットカードとしての利用でもJREポイントが貯まるので、Suica非対応のお店やネットショッピングでも貯められます。

ポイントカードを多種類持っていると併せて使うことができずに困ることもあるので、Suica機能付きクレジットカードでポイントをまとめると便利です。

Suica機能付きクレジットカードにもいろいろと種類がありますが、おすすめは、

・キャンペーンやポイント還元率の高い「ビックカメラSuicaカード」

・定期券も作れる「Suica付きビューカード」

です。

チャージで貯める、使って貯める

ポイントの考え方

≪画像元:JR-EAST

Suicaへのチャージの際に現金ではなくクレジットカードを使うと、そのクレジットカードのポイントが還元されます。

クレジットカードがビューカードであれば1.5%のJREポイントが付与されます。

その他のカードの場合には、そのクレジットカード会社の還元率に応じたポイントが付与されます。

チャージと支払でポイント二重取り

さらに、Suicaにチャージした金額を使って

鉄道に乗る:0.5~2%

対象店舗で買い物する:0.5~1%

のポイントが付与されます。

つまり、チャージの時と支払いの時の両方でポイントをもらえる二重取りができてしまうのです。

二重取りの例:モバイルSuicaの利用者で、チャージをビューカードで行っている場合

10万円分を乗車賃として使うと3,500円分のポイントが返ってきます。

仕事や趣味等で電車移動が多い人であれば、その分電車賃がかかるのでザクザクポイントが貯まるかもしれません。

また、前述のようにSuica機能付きクレジットカードであれば、クレジットカードとしての利用ポイントも付きますので、公共料金の支払も含めて合算すると多くのポイントが貯まります。

ただし、Suicaを定期券として利用している場合には、定期券内の電車賃ではポイントが付かないので注意が必要です。

貯めたポイントの交換先は、チャージが便利

貯めたポイントは、指定商品やSuicaグリーン券と交換することも可能ですが、おすすめはSuicaにチャージして使う方法です。

貯めたJREポイントをSuicaにチャージする方法

貯まったポイントをSuicaにチャージするには、

・JRE POINT WEBサイトで申し込んで券売機で受け取る

・ビューカードと提携していればVIEW ALTTEでの入金する

いずれの方法でも可能です。

モバイルSuicaであれば、スマホで入金が完了します。

効率よいサイクルでポイントの使い忘れなし

Suicaにポイントをチャージ


鉄道や対象店舗でチャージした金額を使う

ポイントが貯まる

というサイクルで、お金を使わずにポイントでポイントを獲得するようなものです。

クレジットカードによっては、ポイントを貯めてはみたものの交換したい商品や使い道がないなどということもあります。

Suicaであれば、ポイントをチャージすることで現金感覚で使えて、ポイントの使い忘れの心配もありません。

日常の決済をモバイルSuicaなどにまとめれば効率アップ

キャッシュレス決済やポイントサービスが乱立する中、交通系ICは特に広く普及している決済方法です。

毎日の電車移動やお買い物、光熱費をすべてSuica付きクレジットカードやモバイルSuicaでまとめておけば、効率的にポイントが貯まることに間違いはありません。

10月1日から始まるSuicaの利用によるポイント還元には事前登録が必要ですので、この機会にぜひ検討してみてください。(執筆者:島村 妃奈)

この記事を書いた人

島村 妃奈 島村 妃奈(しまむら ひな)»筆者の記事一覧 (66)

20代で1000万円を貯めた経験を元に、実用的なマネー術をご紹介します。現在は秘書として働く傍ら、フリーライターとしても活動中。趣味は貯金と投資で、現在は子供の教育資金捻出のために日々奮闘しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう