投資を始める場合にはきちんとした目標が必要とよく言われます。

これは投資によって将来このくらいの金額を準備しておきたいという金銭的な目標の為でもあり、長期的な投資を行う場合は相場が大きく下がった時の精神的な支えにもなってくれます。

ただ、今回は投資の目標をきちんと設定した時に起こる、より豊かな人生を送る為の手助けとなるもう1つの心理的効果をご紹介したいと思います。

投資には資金目標が必要です

カラーバス効果とは?

カラーバス効果は、「ある1つのことを意識することで、その事に関する情報が自然と集まる」というものです。

例えば、自分の生年月日を人は潜在的に強く意識しているので、ふと時計を見た時に自分の生まれた月日の時刻であったという経験を何度もした事があるかと思います。(9月10日生まれなら9時10分といった具合)

ただ、実際はそれ以外の数字も沢山見ているはずですし、時間によっては生まれた月日の時刻よりも多い回数を見ていることもあります。

ただ、それが印象に残らないのは普段から特に意識をしていないからで、逆に言えば意識しているからこそよく目に付き印象に残るようになっています

世間で言われている引き寄せの法則の法則というのも、このカラーバス効果も関係すると言われています

投資においてのカラーバス効果とは?

投資においてこのカラーバス効果は、住宅を購入したいのでその購入資金の為だったり、理想の老後を送る為の資金準備といったように、投資の目標をしっかりと意識することができれば、その目標をなんとか実現させようとする意識によりカラーバス効果が働き、どうにか投資や貯蓄に回すお金を生み出そうと、普段の生活の無駄が目に付くようになってきます

これにより日常生活の水道光熱費や食費、交際費などの変動費、また家賃や保険などの固定費などの無駄を減らす事ができるのはもちろん、より上手なお金の付き合い方や人生を豊かにするための情報もどんどん目に付いたり、自然と追っかける事ができるようになります

また、投資というのは経済の流れなどさまざまな事を定期的にチェックしておく必要がありますが、「そんなに常にアンテナを張っておくのは大変そうだ」と思われるかもしれません。

しかし、一旦投資を始めてしまえばカラーバス効果により、もっと効率のいい投資の情報や、投資に必要な情報が自然と入ってくるようになるのも投資の面白い所です。

1つの事が良くなると他も良くなる

最初は投資の目標を作っただけだったかもしれませんが、カラーバス効果によってそれ以外の関係する部分もどんどん良くなっていくことがあります。

もちろん投資の前に生活の無駄を見直すことは大前提ですが、投資を始めることによってより効率的でお金がどんどん貯まっていく家計が作れるようになる可能性は大いにあります

置かれた環境がその人の行動に影響するともよく言われています。

ですから望んでいる将来を引き寄せる為に、まずは少額からでも投資の第1歩を踏み出してみられてはいかがでしょうか。(執筆者:西田 凌)