牛丼界の「早い・安い・うまい」が吉野家ならば、中華料理界の早い・安い・うまいは「餃子の王将」だと思っています。

筆者の定番メニューは、炒飯と餃子(餃子は両面焼き)です。

両面焼きのアレンジも可能で、店舗ごとのオリジナルメニューが充実しているのも、他のチェーン店にはない魅力です。

筆者がよく行く店舗は、現金オンリーでクレカや電子マネー払いができないのがデメリットです。

しかし、「餃子の王将は、10月に全店舗でクレジットカード・電子マネーのキャッシュレス決済を導入する」との記事がありました。

そこで今回は、餃子の王将でお得なキャッシュレス決済を紹介するとともに、現金派でもお得に餃子の王将を利用できる方法を解説しましょう。

餃子の王将全店舗にキャッシュレス決済を導入

餃子の王将では現金決済しか扱っていない店舗が多く、キャッシュレス決済を導入している店舗はさほど多くありません。

ちなみに、キャッシュレス決済を導入済みの「神田東口店」で利用可能なクレジットカード・電子マネーは以下の通りです。

神田東口店で利用可能なクレジットカード・電子マネー

9月11日に配信された京都新聞の電子版に、「全国500か所以上の直営店全てで今月中にクレジットカードと電子マネー決済を導入する」と書いてありました。

キャッシュレス決済を全店舗に導入する際にも、上記のキャッシュレス決済は含まれると思われます。

ただし、スマホ決済サービス(PayPay・LINE Payなど)は導入されないかもしれません

餃子の王将でお得なキャッシュレス決済を紹介

ここからは、餃子の王将でお得になるキャッシュレス決済を紹介していきます。

JCBカードをApple Pay・Google Payに設定してQUICPayで支払うと20%還元

JCBスマホ決済で全員に20%キャッシュバックキャンペーン

≪画像元:JCB

JCBカードでは、以下の条件を満たすと利用金額の20%(上限1万円/枚)が還元されるキャンペーン12月15日まで実施しています。

・JCBカードをApple PayまたはGoogle Payに設定

・キャンペーンに参加登録

・Apple PayまたはGoogle PayからQUICPayを利用

クレカだけではなく、デビットカード、一部プリペイドカードも複数枚登録可能です。

キャンペーンの詳細については、以下をご参照ください。

三井住友カードに新規入会&アプリログインで20%還元

三井住友カードお得なWキャンペーン

≪画像元:Sumitomo Mitsui Card

三井住友カードでは、以下の条件を満たすと利用金額の20%(上限1万2000円)が還元されるキャンペーンを実施しています。

・2019年9月2日~12月27日の期間中に、新規にクレジットカードに入会申込

・カード入会月の2か月後末までに、アプリ「Vpass」にスマホでログイン

・カード入会月の2か月後末までに、クレジットカード・iDでショッピング

三井住友カードで対応しているVisa、Mastercard、iDは、キャッシュレス決済導入済みの餃子の王将でも対応しているので問題ないでしょう。

キャンペーンの詳細については、以下をご参照ください。

現金派がお得に食べる方法を一挙紹介

街中では「キャッシュレス決済がお得」という風潮ですが、餃子の王将では現金派でも十分にお得に味わえます。

1. スタンプを貯めて豪華な賞品をもらう

餃子の王将には、「ぎょうざ倶楽部」というスタンプカードがあります。

会計500円(キャッシュレス決済でもOK)ごとにスタンプを1つ押し、約半年間で貯まったスタンプの数に応じて以下のような商品と交換可能です。

・スタンプ5個:餃子1人前無料券

・スタンプ15個:餃子1人前無料券 × 1枚・税込250円割引券 × 2枚

・スタンプ25個:ぎょうざ倶楽部会員カード・税込250円割引券 × 2枚

・スタンプ35個:ぎょうざ倶楽部会員カード・税込250円割引券 × 2枚・選べる賞品

・スタンプ50個:ぎょうざ倶楽部会員カード・税込250円割引券 × 2枚・選べる豪華賞品

2020年版ぎょうざ倶楽部会員カード

≪画像元:OHSHO FOOD SERVICE

ぎょうざ倶楽部会員カードを提示すると、お会計から5%オフになります。

会員カードはスタンプ25個で獲得できますが、1万2,500円利用しないともらえません

スタンプ2倍押し!! キャンペーン

≪画像元:OHSHO FOOD SERVICE

しかし、朗報があります。

9月16日~30日の期間中は500円の利用で、スタンプを通常の倍の2つ押してくれます。

つまり、この期間中に6,250円利用すれば会員カードを獲得できる計算ですので、家族・友人を誘って会計をまとめれば近道です。

2. auスマートパスプレミアム会員は毎週水曜日に餃子が無料

auスマートパスプレミアム会員クーポン「餃子無料クーポン」

≪画像元:OHSHO FOOD SERVICE

店内飲食限定ながら、auスマートパスプレミアム会員(月額499円)であれば、毎週水曜日、餃子1人前が無料になるクーポンを利用できます。

単品の場合には餃子1人前(6個)、定食の場合は餃子付き定食の「餃子1人前分」が無料です。

auスマートパスプレミアム会員はau利用者ではなくても加入でき、月4回利用すれば1,000円近くが無料になるので、月会費を十分にペイできます。

3. 餃子の王将公式スマホアプリはお得がいっぱい

餃子の王将アプリ

≪画像元:OHSHO FOOD SERVICE

「餃子の王将アプリ」は、店舗検索や最新のキャンペーン情報配信などの機能が充実しています。

餃子1人前無料などのクーポンも配信され、ダウンロードして損はありません。

4. 小さいお子さんのいるパパ・ママはEPARKからの持ち帰り予約で200円オフ

EPARK takeoutのネット予約キャンペーン

≪画像元:EPARK Takeout

持ち帰り予約ができるサイト「EPARK」では、

・妊娠中~小学校6年生の子供がいるパパ・ママ

・合計500円以上の商品受け取り(1日1回)

の条件を満たすと、200円オフになる「子育て割」のキャンペーンを2020年3月31日まで実施しています。

EPARKでは、餃子の王将のテイクアウト予約も可能で、

王将の餃子のテイクアウト

≪画像元:EPARK Takeout

など、持ち帰り可能なメニューが200円オフです。

クレジットカード決済が便利ですが、現金決済でも多少手間はかかるものの200円オフの恩恵を受けられます。

キャッシュレス派も現金派も、餃子の王将でお得に食べよう

餃子の王将が10月にクレジットカード・電子マネーを全店舗に導入するのは、キャッシュレス派にとって朗報です。

クレカや電子マネーではお得な還元キャンペーンがめじろ押しで、それを活用すれば20%オフも夢ではありません。

一方の現金派も、おなじみのスタンプカードからスマホアプリ、持ち帰り予約サイトを駆使すれば、十分にお得です。

キャッシュレス派も現金派も、餃子の王将でお得においしく食べましょう。(執筆者:角野 達仁)