【メルカリ】定価近くで売っている本は狙い目 1/3の価格で読める方法も教えます。

最近話題の本を読んでみたい…でも、買ってみておもしろくなかったら損した気分になります。

そんなあなたには、メルカリを利用することをおすすめします

話題で人気があるうちに売ってしまうという方法で、オトクに話題の本が読めます。

この記事では、メルカリで月5冊以上は購入している私が、話題の本をオトクに読む方法についてご説明します。

メルカリ中古本販売

≪画像元:mercari

気になる本があったらまずメルカリで検索してみる

気になる話題の本があったら、まずメルカリで検索してみましょう

出たばかりの新刊も、よく出品されています。

検索してみたら、チェックすべきは値段です

ここでまず判断できます。

狙い目は定価に近い値段がついている本

もしその本が、定価に近い値段で売られていたら、それは狙い目です。

定価に近い値段なのに、売れているようなら、さらに良いので、即購入して良いといえるでしょう。

おすすめできないのは定価より安い値段がついている本

反対におすすめできないのは、定価の半額など安い金額で売られている場合です。

そのように安い価格設定でも売れていない場合は、もう話題の時期は過ぎてしまったといえるでしょう。

しかし、安く売られている本が自分の読みたい本だったらラッキーです

読み終わった後に出品して、自分が納得する値段では売れないかもしれませんが、安く出品されているなら、オトクです。

話題の本をメルカリで購入したらすること

話題の本を定価に近い金額で購入した場合の話です。

届いたら、すぐに読みましょう

届いたら、すぐに読みましょう

積読しているうちに、相場が下がってしまうかもしれません

次に、読み終えたら、また読みたいかどうかを考えましょう。

「また読みたい!」と思うなら、そのまま手元に置いておけば良いですね。

1回読んで満足したのであれば、すぐ出品しましょう

注意点

・ あらためてその本がいくらで出品されているか確認する。

・ 出品されている中で最高値にならないように注意する

・ メルカリで購入時の金額より高くならないようにする。(これはマナーだといわれています)

本を購入すると、メルカリからこんな通知も来ますので、参考にするのも良いです。

本は「バーコード出品」というカンタンな出品方法がある

本についているバーコードを読み取ると、本のタイトルや著者名、定価などを自動入力してくれるんです。

なので、写真と商品状態を入力するだけでOKです。

一体どのくらいオトクになるのか

話題の本を定価に近い値段で購入し、すぐ出品した場合、実質どのくらいオトクなのか、計算してみました。

例えば…

1,000円の本を900円で購入。

読み終えたので、890円で出品した場合、販売手数料(10%)89円。

送料(クリックポストの場合)185円。

274円の負担で、話題の本が読めたことになります。

もともと、100円安く購入できていますので、1,000円の本が174円で読めたともいえます

スピードが大事 売れるタイミングを逃さず話題の本をオトクに読もう

話題の本をオトクに読むには、とにかくタイミングを逃さないことが大切です。

話題になっている本が読みたくなったら、すぐ行動することをおすすめします。(執筆者:編集部)

この記事を書いた人

編集部 編集部(へんしゅうぶ)»筆者の記事一覧 (394) http://manetatsu.com/contact/

読者の皆さまのマネースキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう